サービス Microsoft Dynamics 365 用の更新プログラム 9 8.2.2

はじめに

Microsoft Dynamics CRM Online 8.2.2 のサービスの更新プログラム 9 が提供されています。 この資料では、修正プログラムおよびサービスの更新の 9 に含まれる更新プログラムについて説明します。

詳細情報

更新プログラム パッケージ

ビルド番号

8.2.2 の Microsoft Dynamics CRM Online のサービス更新プログラム 9

8.2.2.1510

組織にこの更新プログラムの適用があったかどうかを判断するのには、Microsoft Dynamics CRM Online のバージョン番号を確認してください。 右上隅で、歯車アイコンをクリックし、[バージョン情報

サービス更新プログラム 9 では、次の問題を解決します。

パフォーマンスの向上

次の一覧では、Dynamics の機能、速度、解像度を向上させる問題について説明します。

  • ワークフローによって転送される電子メールには、スタイルのタグは隠されていません。

  • 表示にすると、セッションが期限切れのセッションの再認証されません。

  • ユーザー マッピングはユーザーの数が多いと時間がかかります

  • 8.2.2.1161 にアップグレードした後、ダッシュ ボードが正しく調整されていません。

予期しない動作

次のリストの詳細解像度を修正する問題が意図したとおりに動作しない Dynamics のアクションが実行されます。

  • 製品フィールドの [既定値「リスト外」にも、[プロパティ] で、「既存」に設定されます

  • ビュー セレクターを On に設定するときに 2 回ダッシュ ボードのグラフのクエリの実行します。

  • CRM でこれらの日付と比較して今後 1 年の間に予定の開始日と終了日を表示します。

  • 「すべてのカスタマイズの公開」の 2 回目が選択されるまでに、検索ウィンドウが表示されない、ユーザー定義エンティティを別のユーザー定義エンティティ フォームに追加するときに

  • SSS はまだ電子メールから削除されている拡張プロパティを昇格します。

  • プロパティにアクセスしようとするときにエラーが発生する、ストレージ ・ グループに他の組織の原因で無効な組織の設定のプロパティと共有のキャッシュを汚染するバージョン 9.0 にアップグレードします。

修復機能

次のリストの詳細解像度の問題が機能していないように内の項目を修復します。

  • CRM に関連するレコードを閉じると、レコードの呼び出し元のアカウントは読み込まれません

  • ユーザーが新しく作成された見積もりを変更できません。

  • メタデータの同期が失敗したは断続的に更新する場合

  • カテゴリの組織の設定を無効にすることも、そのメールボックスのカテゴリはソフト削除されません。

  • 「連絡先の作成] オプションがオンになっている場合でも、不明な送信者から CRM 電子メールが送信される送信者の電子メール アドレスは設定されない

  • チェックを外す [関連する通貨でフィルター] では、すべての通貨は表示されません。

  • ユーザーの追跡、追跡を解除すると、またはリボンから連絡先をリンクすることはありません。

  • クイック ビューアーで、アカウントのフィールドが表示されません。

  • 求め目標ベースのエンティティのグラフは、切断時の目標のカスタム エンティティに求めが行われた互換性のあります。 破損しているグラフが削除されました。

エラー メッセージ、例外、およびエラー

次のリストの詳細解像度を修正する問題エラー、例外、またはシステムまたはコンポーネントの障害を生成する操作です。

  • 製品の既定の価格の価格表が設定されていないと、価格表の作成時にエラーが生成されます。

  • 「ハンドルされていない例外」エラーが発生、UI からアプリケーションのユーザーを追加しようとしています。

リリース一覧に戻る

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×