概要

システム センター構成マネージャーの現在の分岐の 1710 のリリース バージョンには、修正と機能強化が含まれています。

「問題を修正する」リストを含めたすべての変更ができます。代わりに、製品開発チームでは、基本構成マネージャーの広範な顧客に最も関連すると認識している変更内容が強調表示されます。これらの変更の多くは、製品の問題製品の改良に関するお客様からのフィードバックへの応答で行われました。

注:

修正される問題および強化

構成マネージャー コンソール

  • リモート接続を使用してサイト サーバーに接続した後、構成マネージャー コンソールが予期せず終了可能性があります。

     

  • 構成マネージャー コンソールを起動すると、イベント ID 1 のメッセージは、次のいずれかのようなアプリケーション イベント ログに記録されます。

    クラス 'SMS_AfwAppConfigSettings' の不足している管理クラスの説明

    クラス 'SMS_ActionAccountResult' の不足している管理クラスの説明

     

  • 構成のベースラインを別のフォルダーに 1 つのフォルダーから移動すると、構成マネージャー コンソールでその基準の複製が作成されます。追加しようとするとエラー メッセージが次のような基準の結果のいずれかを移動します。

    要求されたオブジェクトの情報を取得できませんでした。

     

  • 表示して、構成マネージャー コンソールでパッケージを検索するは、何千ものパッケージを持つ環境で予想よりも低くなっています。

     

  • 完全な管理者権限を持たないサイトの管理者は、構成マネージャー コンソールの [アプリケーション構成の管理] ノードでアプリケーションの構成のポリシーに表示されなくなります。この問題では、サイトをアップグレードする前に作成されたポリシーのみに影響します。コンソールで新しいポリシーを利用できます。

     

  • [色] ボタンは、ソフトウェア ・ センターのクライアントの設定で使用可能ではありません。さらに、会社名とコンピューターの再起動] ウィンドウで選択されている色が適用されません。

     

  • 「パスコードを表示」オプションは、プライマリ デバイスの画面から表示すると、リモート デバイスの操作] メニューで利用できます。

     

  • PowerShell スクリプトの実行状態は、構成マネージャー コンソールで表示されません。この問題は、スクリプトの出力が予想よりも長い場合に発生します。

     

  • パッケージのプロパティで、[コンテンツの場所] タブの [説明] フィールドでは、Unicode 文字を正しく表示しません。

     

ソフトウェアの配布およびコンテンツ管理

  • ユーザーに展開されている利用可能なアプリケーションは、コンピューターに正しく適用可能性があります。この問題はランダムに発生するよう、次の条件に関連付けられています。

    • 頻繁にアプリケーションの展開評価サイクル (たとえば、30 分ごと既定ではなく 7 日間)。

    • コンピューターをシャット ダウンまたは評価のサイクルが完了する前に再起動します。

    • ユーザーがログオン後、コンピューターが起動し、前に、評価のサイクルが完了しました。

  • 自動展開規則 (ADR) に関連付けられているコンテンツがリモートの配布ポイントには更新されません。この問題は、複数の ADR の他のパッケージで同じコンテンツを参照する場合に発生することができます。このシナリオでは、2 つ (以上) のパッケージは、同時に同じコンテンツを更新することがあります。これは、結果、更新プログラムのエラーが発生し、distmgr.log ファイルに次のようなエラーがログに記録します。

    CWmi::Connect() は、\\["Display=\\{distribution_point}\"]MSWNET:["SMS_SITE=123"]\\{distribution_point}\\root\CIMv2 への接続に失敗しました。エラー 0x80070005 を =
    STATMSG: ID = 2391 SEV = E レフ = M ソース」SMS サーバー コンポーネントを = ="SMS_DISTRIBUTION_MANAGER"SYS = {site_server} サイト = 123.
    DPConnection::ConnectWMI() - {distribution_point} に接続できませんでした。
    ({site_server}) のコンピューターからのユーザー (NT authority \system) 実行の application(SMS_DISTRIBUTION_MANAGER) が site(123) からの SDK の変更を送信します。
    ~ DP ファイルは、リモートの DP をインストールできませんでした。エラー コード = 5

     

ハードウェア インベントリ

  • ペタバイト規模の範囲内のディスクのサイズや空き容量の値がクライアントのハードウェア インベントリの処理が失敗しました。次のようなエラーは、サイト サーバーの dataldr.log ファイルに記録されます。

    ~ コンパイルに失敗しました ~ 159、明細行の 10 進定数がオーバーフローしました '2419752960' のトークン ~ ~
    変換できませんでした MIF ファイルが C:\Program ファイル構成 Manager\inboxes\auth\dataldr.box\Process\{MIF_file}。MIF の SQL 処理
    STATMSG: ID = 2700 SEV E レフを = = M ソース =「SMS サーバー」COMP ="SMS_INVENTORY_DATA_LOADER".
    ~ {MIF_file} の MIF を処理するできません。MIF、C:\Program ファイル構成 Manager\inboxes\auth\dataldr.box\BADMIFS\ErrorCode_4\{bad_mif_file に移動しました。MIF
    STATMSG: ID = 2703 SEV = W レフ = M ソース =「SMS サーバー」COMP ="SMS_INVENTORY_DATA_LOADER".

     

  • WMI プロバイダーのホスト プロセス (wmiprvse.exe) は、構成マネージャーのクライアントがインストールされている Windows Server 2016 のコンピューターが予期せず終了可能性があります。この問題は、ハードウェア インベントリのSMS_Windows8ApplicationUserInfoクラスのコレクションが有効になっている場合に発生します。

     

  • Win32_BIOSクラスのBIOSVersionプロパティのコレクションは、デフォルトのハードウェア インベントリ データに有効です。

     

クライアント

  • クライアント データの処理および運用前のクライアントのアップグレードの結果を向上させるために展開の状態メッセージの機能強化が行われます。

     

  • 構成マネージャーのクライアントで"\CCM\Temp"フォルダー内のファイルは、すべてのハード ディスクの空き領域を入力可能性があります。この問題は、タイムアウト時間を継続的に関連付けられたコンテンツ高速インストール ファイル (高速更新) のサポートが有効になっているが、構成マネージャーの環境、および BITS ジョブをダウンロードするに発生します。クライアント上の DeltaDownload.log ファイルには、以下のようなログ シーケンスが含まれています。シーケンスが繰り返されるとは、 contentid_valueのプレース ホルダーの変更に注意してください。

    ファイル名 =ファイル名ContentID = contentid_value

    ユーザー エージェントからの要求は: マイクロソフトの配信の最適化/10.0

    バイト 706281472 706347007 の 1 つの範囲の要求

    ダウンロードが 5 分後にタイムアウトしました

     

  • 管理ポイントと配布ポイントが配置されて、同じサーバー上で Windows BranchCache 機能が有効になっている場合、クライアントはタスク シーケンスのポリシー データをダウンロードできません。

    クライアント上の PolicyAgent.log ファイルには、"ERROR_WINHTTP_CANNOT_CONNECT"、または、次のようなエントリが含まれている CCMHTTP のエラーが含まれます。

     

    このクライアントを正しく暗号化されていないポリシーを復号化に失敗しました。HTTPS MP からの応答が付属して、このエラーは無視できます。

    ポリシー ファイル 'C:\Windows\CCM\Staging\ {guid} .tmp' の検証に失敗しました

     

サイト システム

  • 構成マネージャーのデータベースのアップグレード プロセスは、資産インテリジェンスのインデックスに関連付けられているエラーにより失敗する可能性があります。次のようなエラーは、CMUpdate.log ファイルに記録されます。

    注: テーブル名が異なる場合があります。

    エラー: SQL Server のスクリプトを実行するために失敗しました: [dbo] を差し込み印刷します。[LU_SoftwareList].

    情報: 開始のデータにデータをインポート テーブル: LU_SoftwareList

    エラー: SQL Server のスクリプトを実行するために失敗しました: [dbo] を差し込み印刷します。[LU_SoftwareList].

    エラー: SQL Server エラー: <>

    情報: SQL Server のコマンドを実行する: < できない場合に OBJECT_ID('tempdb.dbo.temp_LU_SoftwareList') が NULL.

    エラー: LU_SoftwareList のテーブルにデータをインポートできませんでした。

    CSV ファイルからデータをインポートできませんでしたエラー。

    エラー: は、資産インテリジェンスのデータをサイト データベースにインポートできませんでした ~。

    データベースを更新できませんでした。

    STATMSG: ID 11001 SEV を = = E レフ = M ソース =「サーバーの SMS」.

     

  • DMPDownload.log ファイルは、今すぐ Intune の Microsoft 証明書のサムプリントなど、固有の情報を記録します。これには、証明書の更新のトラブルシューティングが簡略化されます。

     

  • Windows 2008 R2 を実行しているサーバー上でソフトウェアの更新ポイントの役割がインストールされている場合、SMS Executive サービスが予期せず終了可能性があります。

     

  • 構成マネージャーをアップグレードした後、サイト サーバーはリモートの配布ポイントの sitestat.log ファイルに次のようなエラーを記録できます。

    注: これらのエントリを無視することができ、配布ポイントの役割は削除されません。

    」警告を表示する >:「サイト オブジェクト」[」表示 = {distribution_point} を \\ \"]MSWNET:["SMS_SITE=サイト」] \\ {distribution_point} \」に"["表示 = \\S {distribution_point} \"]MSWNET:["SMS_SITE=サイト」]。 {distribution_point} \"が行われていないアクセスは 168 時間です。削除されます。サイト オブジェクトの役割は、SMS 配布ポイントを「

     

  • 次のようなエラーは、クラウドの管理のゲートウェイの役割がインストールされているサーバー上の CMGService.log ファイルに記録されます。

    注: これらのエラーは無視してかまいません。

    ライブ データのレポートを送信するときのエラー: エラーです。例外: System.DllNotFoundException: DLL 'baseobj' を読み込むことができません。指定されたモジュールが見つかりませんでした。(HRESULT からの例外: 0x8007007E)

     

  • BgbServer.log ファイルには、以下のような繰り返しのエントリが含まれます。

    クライアントからより多くのデータが必要


    注: これらのエントリは、無害です。ただし、メッセージの現在のログから、重要なトラブルシューティング情報可能性があります。

     

オペレーティング システムの展開

  • コンピューターで、オペレーティング システム展開タスク シーケンスを実行すると、そのコンピューターはドライバーや更新プログラムの Microsoft Update サイトに問い合わせて場合があります。管理者がドライバー パッケージの適用または適用ドライバーの自動タスクを使用するためには、他のドライバーを指定した場合でも、この問題が発生することができます。

    この現象は、新しい _TsDoNotConnectToWindowsUpdateInternetLocationsのタスク シーケンス変数を TRUE に設定してこれで防止できます。

    この変数は、次のレジストリ サブキーの下のDoNotConnectToWindowsUpdateInternetLocationsの DWORD 値を書き込みます。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate

  • 再起動ループでは、オペレーティング システム展開のタスク シーケンスを使用して Windows の 10 の新しいバージョンに、インプレース アップグレードを実行するコンピューターをキャッチする可能性があります。\SMSTSPostUpgradeフォルダーが削除されると、タスク シーケンスの他の側面をファイナライズする前にタイミングの問題によりこの問題は発生します。具体的には、HKEY_LOCAL_MACHINE\System\Setup の下の値を次のレジストリの変更が行われる前に、フォルダーが削除されます。

    • Setupcomplete.cmd コマンド ラインの下を参照する reg_sz 値をクリアするとします。

    • SetupType の Dword 値は 0 を 2 に変更します。

  • 構成マネージャーの現在の分岐バージョン 1706 をアップグレードすると、マルチキャスト対応の配布を使用してオペレーティング システムの展開は、クライアントと DP が異なるサブネット上にある場合 (DP) の失敗をポイントします。この問題が発生した場合、クライアント上の smsts.log で次の文字で始まるログ エントリが記録されます。

    MCS の場所のリモート項目 3 を追加しません。

この更新プログラムに含まれている修正

  • 4022061 Android 要件ルールが含まれているポリシー正しく評価されますしない構成マネージャーですべてのデバイスに対するコンプライアンスの

     

依存関係の変更

構成マネージャー使用してにはが含まれている次の依存コンポーネントは、指定されたバージョンに更新されます。

  • microsoft.windowsazure.storage.dll は、バージョン 6.2.0.0 に更新されます。

関連情報

マイクロソフトを使用してソフトウェア更新プログラムについて説明する用語について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×