システム センター構成マネージャーで現在の分岐、1802 のバージョンでの変更の概要

概要

システム センター構成マネージャーの現在の分岐の 1802 のリリース バージョンが含まれているの多くの機能の改善との問題を回避するための変更です。

変更をすべて含めた次」の問題を修正する」ではありません。代わりに、製品開発チームでは、基本構成マネージャーの広範な顧客に最も関連すると認識している変更内容が強調表示されます。これらの変更の多くは、製品の問題製品の改良に関するお客様からのフィードバックへの応答で行われました。

1802 のバージョンは、階層の最上位層のサイトでインストール可能なコンソールの更新プログラムとして使用できます。

インストールの詳細については、 1802 システム センター構成マネージャーの更新プログラムをインストールするためのチェックリストを参照してください。

1802 のバージョンに含まれる変更の詳細については、バージョン 1802 のシステム センター構成マネージャーの新機能を参照してください。

修正される問題

構成マネージャー コンソール

  • クラウド管理ゲートウェイを有効にするなど、クラウド サービスのクライアント設定は、構成マネージャー コンソールでユーザーのいない正しく定義できます。これらの設定は、デバイスの機能のみです。

     

  • "msg_0_0"が「クライアントの前提条件を確認/Remediate」ルールの「クライアントの詳細を確認」タブで詳細テキストとして正しく表示されません。

     

  • それらをダブルクリックすると、構成マネージャー コンソールでの共同管理オブジェクトが開かれません。

     

  • 構成マネージャーの現在分岐、1706、1710 のいずれかのバージョンに更新した後、「のウイルス対策クライアントが期限切れ」の警告は、構成マネージャー コンソールの [すべてのアラート] セクションには表示されません。

     

  • 「Windows Defender を悪用するガード」ポリシー オブジェクトのプロパティを編集するときに、構成マネージャー コンソールで例外が生成されます。

     

  • 構成マネージャーの現在の分岐を更新した後 1710、モバイルの Windows 10 のバージョンは、VPN プロファイルをサポートするプラットフォームとして利用可能ではありません。

     

  • 構成マネージャーのコンソールからのコピーおよび PowerShell セッションに直接貼り付けされる PowerShell コマンドを実行しません。この問題は、コマンドの先頭に無効な文字が追加されるために発生します。

     

  • 構成マネージャー バージョン 1710 に更新した後、構成マネージャーのサービス マネージャー ツールはコンポーネントのログ出力」ウィンドウで詳細なログ ファイル名を表示されません。この問題は、実際のログ ファイル名には影響しません。これは、表示のみの問題です。

     

  • 組み込みのソフトウェア更新プログラムのマネージャーの役割のセキュリティ ロールは、構成マネージャー コンソールで [すべてのソフトウェア更新] の下のフォルダーを変更できません。

     

  • メンテナンス ウィンドウがあるし、猶予期間の有効期限が切れて、クライアントの更新プログラムはインストールされていません。この問題は、アプリケーションの配置のプロパティで、クライアントの設定で定義された猶予期間に、ユーザー設定に従って、この展開の遅延強制オプションが設定されている場合に発生します。

     

  • ソフトウェア更新プログラムは、それらのクライアントのグループ ポリシー オブジェクトの更新プログラムに Windows の 10 クライアントの結果をスキャンします。これは、次に、ドメイン コント ローラーへのトラフィックを向上します。イベント ID 8004 は、ソフトウェア更新プログラムのスキャンが開始されるのと同時に、クライアント上でグループ ポリシーのイベント ログに記録されます。

ソフトウェア更新プログラム管理

  • 組み込みのソフトウェア更新プログラムのマネージャーの役割のセキュリティ ロールは、構成マネージャー コンソールで [すべてのソフトウェア更新] の下のフォルダーを変更できません。

  • メンテナンス ウィンドウがあるし、猶予期間の有効期限が切れて、クライアントの更新プログラムはインストールされていません。この問題は、アプリケーションの配置のプロパティで、クライアントの設定で定義された猶予期間に、ユーザー設定に従って、この展開の遅延強制オプションが設定されている場合に発生します。

     

  • ソフトウェア更新プログラムは、それらのクライアントのグループ ポリシー オブジェクトの更新プログラムに Windows の 10 クライアントの結果をスキャンします。これは、次に、ドメイン コント ローラーへのトラフィックを向上します。イベント ID 8004 は、ソフトウェア更新プログラムのスキャンが開始されるのと同時に、クライアント上でグループ ポリシーのイベント ログに記録されます。

ソフトウェアの配布およびコンテンツ管理

  • プライマリ ・ サイトから配布ポイントにコンテンツの配布は、複数のパッケージを作成または短時間で更新するときに予想よりも時間がかかる可能性があります。複数のパッケージの進行状況のステータスが表示されます。

  • サイトが別のサイトにパッケージを送信するのには".fwd"ファイルを処理中に SMS Executive サービスが再起動された場合、プロセスは失敗します。さらに、サイト サーバー上の distmgr.log ファイルには、以下のようなエラーが記録されます。

    FileCopy が取り消されました
    FileCopy に失敗しました。0x800704d3
    CContentBundle::AddFile が失敗しました。0x800704d3
    CDistributionManager::BundleContentFiles が失敗しました。0x800704d3
    CDistributionManager::AddContentToBundle が失敗しました。0x800704d3
    CDistributionManager::CreatePackageBundle が失敗しました。0x800704d3
    ~ {Package_ID} {サイト} のサイトへのパッケージのコピーを送信するパッケージ ・ バンドルを作成するにエラーが発生しました。


    この問題が発生した場合、ターゲット ・ サイトに正常に送信する対象のパッケージを更新しなければなりません。

  • サイト システム接続アカウントが正しく使用されていない配布ポイントへの接続に失敗の後、SQL へのアクセス。この問題は、次の条件に該当する場合に発生します。

    • サイト システム接続アカウントを使用するように構成内のリモートの配布ポイント

    • リモートの配布は、コンテンツの転送中がオフラインまたはアクセスできない場合は。

    配布ポイントがオンラインに戻ると、distmgr.log ファイルに次のようなエラーが記録されます。

    接続の種類である SQL Server への接続に失敗しました: SMS のアクセス


    ログ行は、接続に使用されたアカウントを指定します。

  • 置き換えのように構成されているアプリケーションを配置するには、新しいアプリケーションがインターネットに接続する配布ポイントでのみ利用可能な場合が失敗します。さらに、構成マネージャーのコンソールから、状態を監視する際、次のようなエラーが表示されます。

    コンテンツのエラー コードを確認に失敗しました: 0x8007057 (-2147024809) パラメーターが正しくありません。


    このエラーの前以下、いくつかの行をログに、代替コンテンツ プロバイダーを使用する場合。

    ACP は、ICcmAlternateDownloadProvider インターフェイスを使用して呼び出しています。

  • クライアントへのコンテンツのダウンロードはフェイル オーバーしません組み込みプロバイダーを代替コンテンツ プロバイダーがエラーを返した場合。さらに、以下のようなエラーは、クライアント上の ContentTransferManager.log ファイルに記録されます。

    CTM には、DTS からの応答を処理中にエラーが発生しました。コード 0x80070057

レポート

  • 「最近 (日数で指定された) では発見できないコンピューター」レポートには、レポート パラメーターとして指定されているコレクション内コンピューターが含まれます。

  • [配布ポイントの使用法の概要」レポートでは、プライマリ サイト サーバー上の配布ポイントが表示されません。

リモート ツール

  • 構成マネージャーのリモート コントロール ビューアー (CmRcViwer) ポインターは表示されません、正しく Windows DPI スケールを使用してクライアントに接続するとします。

クライアント

  • ソフトウェア ・ センターでソフトウェアのインストールのインストールの日付をクリックすることも、正しい日付の順序で項目は並べ替えられません。

  • 使用できる SMS Agent Host (ccmexec.exe) を待っている間に、ソフトウェアのインストールまたはソフトウェアの更新のインストール タスクシーケンスは失敗します。この問題に多くのコンピューター ポリシーを展開する環境で発生します。SMS Agent Host は、すべてのポリシーの処理が完了する前に再起動されます。これは、前述の障害につながります。HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\CCM サブキーの下のレジストリのUserPolicyReRequestDelay値が定義されている場合でも、現象も発生します。

  • クライアントは、Azure Active Directory 内のテナントの名前フィールドには、アンパサンドまたはその他の英数字以外の文字が含まれている場合に、サイトのバージョンを確認することはできません。

  • クライアントは、ダウンロードに時間が 5 分を超える場合、更新プログラムの高速インストール ファイルをダウンロードできません。

サイト システム

  • 環境では、構成マネージャー Microsoft Intune を使用していない、certmgr.log ファイルに以下のようなエラーを繰り返す場合があります。

    処理に失敗しましたファイル certmgr.box\23_{siteserver_name の通知しました。CMN (0X87D20003)


    注: これらのエラーが無害であり、一般的なサイトの機能には影響しません。
     

  • 非常に大規模な階層の複数のプライマリおよびセカンダリ サイトを持つサイト間のレプリケーションのデータベースがあります。このシナリオでは、レプリケーション状態になる、障害が発生した SQL クエリのタイムアウトのための構成マネージャーを更新した後。1802 のバージョン以降では、レプリケーション構成モニター (RCM) クエリのタイムアウトの既定のタイムアウトは、30 分です。

    まれな状況では、HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\SMS\Components\SMS_Replication_Configuration_Monitor にあるレジストリ内のSQL クエリのタイムアウト値を調整することによってこの値を変更する必要があります。

    注: RCM の SQL クエリはすべて、サイトの更新処理中に使用されるものだけでなく新規のタイムアウト値に影響を与えます。
     

  • SMS Executive サービス (smsexec.exe) が予期せず終了可能性があります。この例では、microsoft.configurationmanager.taskexecutionmanager.dll ファイルの登録エラーが発生したため、 CTemHost::Processプロセスがクラッシュします。

     

  • 既存の SQL のクラスターに新しいサイトのインストールが失敗する可能性があります。さらに、ConfigMgrSetup.log ファイルには、以下のようなエラーが記録されます。

    エラー: SMS_ACCOUNT_TEST_SERVICE、エラー コードのサービスを開始できませんでした = 2
    サービスはローカル システム アカウントを使用してこのコンピューターにインストールできません。

     

  • 大量 (数万) を追加するデバイスをサーバー グループのコレクションがあります状態のシステム メッセージのバックログのサイト サーバー上。

     

  • データ ・ レプリケーションには、階層内のサイトの構成マネージャーの新しいバージョンに更新するときがあります。階層内のサイトが以前にアンインストールされると、この問題が発生することができます。レプリケーション リンクのアナライザー ツールは、 ConfigMgrRCMQueueが無効になり、対応する SQL エラー ログ ファイルに次のようなエントリが含まれているを示します。

    は、アクティブになったプロシージャ ' [dbo] です。[spRCMActivation]' 'CM_CAS.dbo.ConfigMgrRCMQueue' をキューで実行されている次の出力: ' エラー 50000、レベル 16、状態 1、プロシージャ spRethrowError、行 43、メッセージ: エラー 50000、レベル 16、状態 1、 プロシージャの spRethrowError、行 43、メッセージ。エラー 50000、レベル 16、状態 1、 プロシージャの spGetSSBDialogHandle、行 59 メッセージ: サービス名 ConfigMgrRCM_SiteABC を持つターゲット ・ サイトのルートが定義されていません ' 。


    この例では、 _SiteABCである階層から削除されたサイトを参照します。

     

  • 状態移行ポイントからのステータス メッセージは、コンポーネント ステータス サマライザーによって破棄されます。Compsumm.log ファイルには、以下のようなメッセージが記録されます。

    警告 >: で SMS_STATE_MIGRATION_POINT、SMS 以外のコンポーネントからステータス メッセージを受信します。メッセージを無視します。

     

  • 処理するファイルのバックログが何百ものリモートの配布ポイントおよび状態移行ポイントを持つサイトの「\Compsumm.box」フォルダーに表示されます。

オペレーティング システムの展開

  • パッケージのコンテンツのダウンロードのタスク シーケンスのステップでは、タスク シーケンス ウィザードで新しく作成したパッケージが表示されません。この問題は、パッケージを新しく作成したコンテンツに関連付けられているがまだ配布ポイントで使用できない場合に発生します。

この更新プログラムに含まれている修正

  • Windows Server 2008 SP2 では失敗構成マネージャー クライアントのインストールの現在の分岐 1702 に 1602 または LSTB バージョン 1606 4015968

依存関係の変更

構成マネージャー使用にはが含まれていた次の依存コンポーネントが削除されます。

  • 構成マネージャー クライアントの一部として Microsoft Silverlight がインストールされていません。以前が手動で、または構成マネージャー クライアントの以前のバージョンの一部としてインストールされている場合に、Silverlight が削除されないことに注意してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×