Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

概要

システム センター構成マネージャーの現在の分岐の 1806 のリリース バージョンには、修正と機能強化が含まれています。

「問題を修正する」リストを含めたすべての変更ができます。 代わりに、製品開発チームでは、基本構成マネージャーの広範な顧客に最も関連すると認識している変更内容が強調表示されます。 これらの変更の多くは、製品の問題製品の改良に関するお客様からのフィードバックへの応答で行われました。

注意事項

修正される問題と含まれている機能の強化

構成マネージャー コンソール

  • 管理者が構成マネージャー コンソールで [コンテンツのステータス] ノードから任意のテキストをコピーできない問題を修正します。

  • アプリケーションから要求された承認者のコメントはユーザーのコメント セクションに表示され、ユーザーのコメントを上書き問題を修正します。

  • クエリを完了する時間 (60 秒以上) がかかるため、アプリケーション カタログ web サイトがタイムアウトが原因で問題が修正されます。

  • クエリを完了する時間 (60 秒以上) がかかるため、アプリケーション カタログ web サイトがタイムアウトが原因で問題が修正されます。

    ServicePortalWebSite.log をチェックすると、 GetApplicationValuesForPropertyの呼び出しの完了に長い時間がかかっていることがわかります。

  • 準拠の Windows Defender のアプリケーションのコントロールの状態が準拠 (状態 0) として表示されますが [エラー ] タブの [構成マネージャー] コンソールに準拠したものとして表示される問題を修正します。

  • コンソールに表示されない、クラウド管理ゲートウェイの役割のエンドポイントで問題が修正されます。

  • コンプライアンス ポリシー] ノードの読み込みが発生する問題、低速のダッシュ ボードの相互作用を修正します。 この問題では、実行時間の長いスクリプトの警告] ダイアログ ボックスも生成されます。

  • 「Intune コンソールで条件付きのアクセス ポリシーを構成する] ハイパーリンクを更新 ([コンプライアンス設定>条件付きアクセス) Azure ポータルを指す。

  • 1710 のバージョンがインストールされた後に発生した問題を修正: 構成マネージャー コンソールでは、 0として (SMS_LogicalDisk の在庫) の空き領域、ディスクのサイズが 1 ギガバイト未満の場合、ディスクのサイズが表示されます。

  • 更新のソフトウェア更新プログラムのプロパティでは正しく反映されない実行時値の正しい最大の原因となる問題を修正します。

  • PowerShell スクリプトは、スクリプトの詳細プロパティ] ウィンドウからコピーすると、クリップボードに追加する非表示の文字の原因となる問題を修正します。

  • 製品ライフ サイクルのダッシュ ボードでの正常な 10 の Windows のバージョン情報は表示されない問題を修正します。

ソフトウェア更新プログラム管理

  • 1802 のバージョンで高速のファイルのサポートを有効にした後に発生する問題、tht の修正プログラム: Windows 10、1803 のバージョンのクライアントは、ソフトウェアの更新をダウンロードできないし、ハッシュの不一致エラーを受信します。 この問題が発生した場合、次は、ファイルに記録、WUAHandler.log。

    全体をダウンロードするため、予期しない HRESULT: 0x80246002

    さらに、次に記録されます、Downloadmanager.log。

    *: [Info] を -> DownloadManager * * 失敗 * [80246002] ダウンロード ジョブ。

    *: [Info] を -> DownloadManager * * {GUID} の更新のダウンロード中に失敗しました * [80246002] エラーが発生しました依存の呼び出しを通知します;。

  • いないソフトウェアの更新の展開ウィザード] に表示されているディスプレイが高解像度に設定すると、いくつかのボタンの原因となる問題を修正します。

ソフトウェアの配布およびコンテンツ管理

  • ソフトウェア センターのスペースを含むファイル名を持つカスタム ソフトウェア センターのロゴが表示されていない問題を修正します。

  • ユーザーに使用可能なアプリケーションをインストールできないソフトウェア センターを使用して証明書のサブジェクト名がないを使用して、https アプリケーション カタログの役割が構成されている場合、問題が修正されます。

    注: これらの確認手順は、Windows クライアントにのみ適用されます。 構成マネージャーで、1806 年のバージョンを起動するソフトウェア センターのユーザーに利用可能なアプリケーションを表示するアプリケーションのカタログの役割は必要なくなりました。 詳細については、ソフトウェア ・ センターの機能強化を参照してください。

  • 構成項目の場合、クライアント上での区切りの処理、アプリケーションの展開の型名に円記号 (\) が含まれている問題を修正します。 さらに、CIDownloader.log ファイルには、以下のようなエラー エントリが記録されます。

    DCM::LanternUtils::StoreModelDocument == WBEM_S_NO_ERROR、HRESULT = 87 d 00235 (..\WmiMofCompiler.cpp,492) コンパイラ lPhaseError: 2, ObjectNum: 0、hRes: 80044007 の先頭行: ファの 0: 0WBEM_S_NO_ERROR、HRESULT を = = = 87 d 00235 (..\WmiMofCompiler.cpp,492) コンパイラ lPhaseError: 2, ObjectNum: 0、hRes: 80044007 の先頭行: ファの 0: 0

  • 256 文字より長いパスを持つ配布ポイントからコンテンツのエラーが発生するクライアントのダウンロードが発生する問題を修正します。 IIS のログ ファイル、配布ポイント表示のステータス」404 (ファイルが見つかりません)。 クライアント上の DTS.log には、次のようなエラー メッセージが表示されます。

    DTS ジョブ {GUID} BITS ジョブ {GUID} は、先が C:\Windows\ccmcache\ {destination_folder} エラーのため、ソース ファイルの http://{Distribution_Point}:80/SMS_DP_SMSPKG$/Content_長いファイルのパスをダウンロードできませんでした。0x80190194

クライアント

  • 関連のポリシーで、Azure AD を削除するテナント構成マネージャーから解除しない問題が修正されます。 値は HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\CCM\AADConfigs であるクライアントの Azure AD の設定を永続化します。 したがって、クライアントは引き続き Azure AD テナント情報を使用して認証しようとしています。 構成マネージャー クライアント (SMS Agent Host) を再起動しない限り、ネットワークに接続するときは、スタンドアロンの TS メディアを使用してネットワークに組み込まれているクライアントは登録されていません。

  • 次が発生する問題が修正されます。

    • 構成マネージャーのクライアントは、(たとえば、接続の不足) のための Azure AD 認証トークンを取得できません。 

    • (予想) とイントラネットの https が有効な管理ポイントに対する認証に失敗した場合、します。

    • この条件は、構成マネージャー クライアントを代替として使用可能な http の管理ポイントに行われません。

  • スタンドアロン タスク シーケンスを使用する企業ネットワークに組み込まれているクライアントにメディア登録していないサイトと構成マネージャーのクライアント (SMS Agent Host) が再起動されるまで問題が修正されます。 この問題が発生すると、クライアントの登録要求がキューに登録し、次のようなログ エントリは、ccmexec.log に記録されます。

    SystemTaskProcessor::QueueEvent (NetworkChangedRaw、1) では、フラグが既にキューに入っているイベントをキューに入れないことを示すためにないキュー。

  • Intune ワークロードなる可能性がありますいない Intune によって完全に管理しやすい構成マネージャーのクライアントをアンインストールした後、問題が修正されます。

  • クラウド管理ゲートウェイを経由してインターネットまたはインターネット管理ポイント経由で接続するクライアントの SCEP 証明書の展開が失敗した場合、問題が修正されます。 Certenrollagent.log では、以下のようなエラー エントリが記録されます。

    登録要求メッセージを送信する: < CertificateEnrollment メッセージの種類"CertDetection"を = > CertEnrollProvider メッセージのタイムアウト時間: 60 秒 spMessage、CCM_MESSAGING_DELIVERMODE_SYNC、dwMessageTimeout、& spReplyMessage)、HRESULT = 80004005 (certenrollprovider.cpp,736) CertEnrollProvider は、登録要求メッセージの送信に失敗しました。エラー: 0x80004005

    、Dcmwmiprovider.log に、以下を記録するさらに、:

    登録要求メッセージの送信に失敗しました。 エラー: 0x80004005 CertEnrollProvider

  • Branchcache クライアント上のクライアント (SMS エージェントのホスト) がファイアウォール規則の重複をトリガーで構成マネージャーを再起動する問題を修正します。 ファイアウォールのイベント ログには、BranchCache コンテンツを取得するためのルールの作成に関連する多くのイベントが表示されます。

  • 修正ピア キャッシュを使用して、最初の配布ポイントのダウンロードが失敗したコンテンツを持つ構成マネージャー クライアントの連絡先の問題は移動しません、別の配布ポイントにフォールバックが有効になっている場合でも。

サイト システム

  • CMG の接続ポイントに接続できないクラウド管理ゲートウェイ構成マネージャーの新しいバージョンにアップグレードした後に問題が修正されます。 この問題が発生したとき、必要な証明書情報は、Proxy_RoleCertificates SQL テーブルから欠落しています。

  • 登録されずも Ddr のバックアップおよび Manager\Inboxes\Auth\DDM の構成で処理していないために、承認の新しいクライアントの原因となる問題を修正します。 さらに、ddm.log は、次のログ エントリをループ処理します。

    サイトの更新の設定 受信トレイ ソースがローカル上の server.domain.com 受信トレイ ソースがローカル上の server.domain.com

  • 大量のステータス メッセージの管理ポイントに送信する配布ポイントが構成されていないのですが、「オン ・ デマンドで分散型」のように構成されたパッケージの構成マネージャー サイトのアップグレード後に発生する問題を修正するには」分散型オンデマンド。」MP_relay.log では、以下のようなエラーが記録されます。

    メッセージ本文: < ProvisionDPRequest 含んでいます「1.00」を = >< パッケージ/></ProvisionDPRequest > MP_RelayEndpoint の日付時刻4272 (0x10B0) 中継の仕事: 中継の翻訳者の MP_RelayEndpoint の日付時刻19404 (0x4BCC) のに失敗しました インベントリ レポートを破棄しています.MP_RelayEndpoint日付時刻19404 (0x4BCC)

    パッケージのオンデマンド配布の MP_Location.log でマークされているの次のようなエントリが生成されます。

    DPs <ServerNameList><サーバー名> の DMD ファイル{distribution_point}</サーバー名 ></ServerNameList > のサイト (民主共和国) MP_LocationManager日時4300 (0x10CC)(UID: {unique_識別子} では、1、民主共和国、サーバー名 > の < ServerNameList ><{distribution_point}< とサーバー名 ></ServerNameList >、SMSUpdate) MP_LocationManager日時4300 (0x10CC) MP LM: DemandFile メッセージの本文: < ProvisionDPRequest 含んでいます「1.00」を = >< パッケージ/></ProvisionDPRequest > MP_LocationManager日時4300 (0x10CC)

  • 1802 のバージョンで利用可能な新しい「配布ポイントを再割り当て」機能を使用するときに発生する問題を修正:「SMS_HIERARCHY_MANAGER (hman) コンポーネントのスレッドは、同時に複数の配布ポイントを移動する場合 SMS_EXECUTIVE (smsexec) にクラッシュします。非常に迅速にまたはスクリプトを使用します。 この場合、イベント ビューアーがログに記録次のような 1000 のイベント エラー メッセージ (0xc0000374)。

    Faulting アプリケーション名: smsexec.exe、バージョン: 5.0.8634.1000、タイムスタンプ: 0x5a923726 エラーが発生したモジュール名: ntdll.dll、バージョン: 6.3.9600.18969、タイムスタンプ: 0x5aa29ff0 例外コード: 0xc0000374 障害オフセット: 0x00000000000f1cd0 エラーが発生したアプリケーションのパス: d:\Program を指定して構成の Manager\bin\x64\smsexec.exe

  • クラウドの配布ポイントの証明書の変更には適用されません Azure のクラウドの配布ポイントのクラウド サービスに問題が修正されます。 この問題が発生した場合、変更が正しく適用されていないことを示すコンソールかログに表示されるエラーはありません。 Azure クラウドの配布ポイント上で証明書のプロパティを手動でレビューは、古い証明書だけが存在するかを示しています。

  • プライマリ サイトのアップグレードを完了するともデスプーラーとレプリケーションの構成マネージャーとの間に存在する競合状態のためのメンテナンス モードではスタックの問題が修正されます。 この問題は、CA が、BCP データを送信し、プライマリがメンテナンス モードであることを反映するようにプライマリ ServerData SQL テーブルが変更される前にデータを受信した後に発生します。 これらの条件では、プライマリ データベースにそれを処理せずに、BCP を削除します。 原因、の再初期化の状態 = 4 (パッケージ作成) の状態を停止した場合、レプリケーション グループをします。

  • Replication Manager がローカル ドライブにアクセスするファイルの UNC パスを使用する問題を修正します。 これにより、一部の環境で最適なパフォーマンスが原因です。

  • 非常に大規模なコレクションに対する Windows 10 サービスのレポートが読み込まれるとき、一部の環境で発生する可能性がありますパフォーマンスの問題が修正されます。

オペレーティング システムの展開

  • ピア キャッシュの元のクライアントのプロビジョニング モードに置くことはできません構成マネージャーのクライアントにエラーが発生するオペレーティング システムの展開の原因となる問題を修正します。 この問題は、SMS エージェントのホストをシャット ダウンするのには 5 分以上を実行するために発生します。 Ccmexec.log ファイルでは、このアイテムのみが記録されます。

    この問題が発生した場合、次のようなエラー エントリが SmsClientMethodProvider.log ファイルにも記録されます。

    SetClientProvisioningMode のメソッドを呼び出す クライアントの準備モードを有効にします。 stat.dwCurrentState dwDesiredState、HRESULT を = = = 80004005 (..\ServiceControl.cpp,197) PollForDesiredState (stat、SERVICE_STOPPED)、HRESULT = 80004005 (..\ServiceControl.cpp,265)

  • タスク シーケンスでの動的変数を使用するときに発生する問題を修正: アプリケーション名にコンマが含まれている場合にアプリケーションのインストールが失敗します。 この問題が発生するとは、次のエラー エントリが含まれています「、」の SMSTS.log ファイルに記録するプログラム名が含まれています。

    追加 InstallApplication「ソフトウェア |プログラム 00.7」をインストールします InstallApplication assignmentList.size() > 0、HRESULT = 80004005 受信ポリシーの割り当てと一致する InstallApplication はありません。 InstallApplication ポリシーのダウンロードに失敗しました hr = 0x80004005 InstallApplication daUtil.DownloadPolicies()、HRESULT = 80004005 TS 環境からのアプリケーション モデルの名前を削除に成功しました InstallApplication。 InstallApplication daInstaller.Execute()、HRESULT = 80004005 TSManager プロセスが完了しました 2147500037

  • アップグレードしない構成は、ユーザーからのフィードバックに基づいており、testinga 10 の Windows の Windows 10 互換性スキャン (Compat ScanOnly) を実行する組み込みのオペレーティング システムのアップグレード タスクを使用して、構成マネージャーのバージョン 1806 年の開始マネージャー クライアントがプロビジョニング モードにします。

  • OSD タスク シーケンスが常にコンテンツがダウンロードされませんアプリケーション ピア キャッシュのソースから、問題を修正します。 Clienttransfermanager.log ファイルと Clientauth.log ファイルの http または https が有効になっているかどうかに応じて、以下のようなエラー エントリが記録されます。

    HTTP が有効になっています。 ClientAuth.log

    署名証明書が表示されない店舗です。 CCMGetCurrentCertificateContext (eCertMsgAuthSignature、ppCertContext)、HRESULT = 80004005 (..\ccmgencert.cpp,3380)

    ContentTransferManager.log

    < Content_guid > コンテンツの 1部の DP の認証トークンを要求します。 -> SendMessageSync の spMessaging (spMessage、CCM_MESSAGING_DELIVERMODE_RECOVERABLE、c_uRequestTimeout、& spReplyMsg)、HRESULT = 80004005 CcmGetDPAuthToken (sContentId、m_sServerEncryptedToken を -> この、m_et を -> この)、HRESULT = 80004005 (ctmjob.cpp,7071) -> これの RequestToken(sContentId)、HRESULT = 80004005 (ctmjob.cpp,7274)

    HTTPS が有効になっています。

    ContentTransferManager.log

    最初のトークンを復号化します。 CryptDecryptMessage (& DecryptParams、pbEncrypted、nEncryptedSize、pbPlain と nPlainSize、0)、HRESULT = 8009200 c (.\windes.cpp,466) DecryptBuffer (hStore、pbEncrypted、nEncryptedSize、pbPlain、nPlainSize)、HRESULT = 8009200 c (.\windes.cpp,545) SMS::Crypto::DES::DecryptBuffer (L"SMS"、pbOriginalToken、dwOriginalTokenSize、pbUnencryptedToken、dwUnencryptedTokenSize)、HRESULT = 8009200 c -> これの EncryptToken (sKeyContext、sTokenEncryptedForPeer)、HRESULT = 8009200 c (ctmjob.cpp,7284)

  • 開始すると、動的なタスク シーケンスのメディアを使用して、OSD は、まず最後にフォールバック、http の管理ポイントを前に、インターネットの https の管理ポイントから開始するのには問題が修正されます。 実行可能なタスク シーケンスがユーザーに表示される前に、遅延が発生します。

この更新プログラムに含まれている修正

この更新プログラムで修正プログラムが含まれていません。

依存関係の変更

  • 次の依存コンポーネントの構成マネージャーでは、これらの指定されたバージョンに更新されます。

    SMSSETUP\BIN\X64\CMRestProvider\AdminService.Host、[次のファイルが更新されます。

    • Microsoft.OData.Edm.dll は、バージョン7.2.0.0に更新されます。

    • Microsoft.OData.Core.dll は、バージョン7.2.0.0に更新されます。

    • Microsoft.Spatial.dll は、バージョン7.2.0.0に更新されます。

    SMSSETUP\BIN\X64\CMRestProvider\AdminService.WmiHost、[次のファイルが更新されます。

    • Microsoft.OData.Edm.dll は、バージョン6.13.0.0に更新されます。

    • Microsoft.OData.Core.dll は、バージョン6.13.0.0に更新されます。

    • Microsoft.Spatial.dll は、バージョン6.13.0.0に更新されます。

    • System.Spatial.dll は、バージョン5.6.4.62175に更新されます。

  • Json.net (newtonsoft.json.dll) は、バージョン7.0.1に更新されます。

  • OPG AvalonEditは、この更新プログラムで導入されたが、バージョン5.0.4です。

関連情報

マイクロソフトを使用してソフトウェア更新プログラムについて説明する用語について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×