システム センター構成マネージャーで現在の分岐、1902 のバージョンでの変更の概要

概要

Microsoft システム センター構成マネージャーの現在の分岐の 1902 のリリース バージョンには、修正と機能強化が含まれています。

」の問題を修正する] ボックスの一覧の変更をすべて含めたではありません。代わりに、製品開発チームでは、基本構成マネージャーの広範な顧客に最も関連すると認識している変更内容が強調表示されます。これらの変更の多くは、製品の問題製品の改良に関するお客様からのフィードバックへの応答で行われました。

注意事項

修正される問題および強化

構成マネージャー コンソール

  • 正しいコンテンツを別のフィールドの並べ替えを許可するのには、構成マネージャー コンソールの複数の領域が更新されます。などの展開] ノードで実行中の数の列と、[証明書] ノードで有効期限の日付列に更新が行われます。

  • 管理者は、アクティブ モード、パッシブのサイト サーバーを昇格した後、[構成マネージャー] コンソールを開くことができない場合があります。これは、いたないパッシブ サイト サーバー上の SMS Admins グループのメンバーである場合に発生します。

  • 機能が有効になっていない場合、管理者はカスタムのサードパーティ製のソフトウェア更新プログラム カタログを削除できません。

  • 共同管理ダッシュ ボードで期待どおりには、0 からカウントを持つ共同管理ワークロードの移行レポートは表示されません。

  • [デバイス] ノード、[構成マネージャー] コンソールの[承認] ボタンが正しく有効化されていない Azure Active Directory をインストールされているクライアントの。

ソフトウェア更新プログラム管理

  • リモート ソフトウェア更新ポイントを持つサイト サーバー上で Microsoft Surface のドライバーおよびファームウェアの更新の同期は失敗します。T彼 WsyncMgr.log ファイルには、以下のようなエラー エントリが記録されます。

汎用例外: ImportUpdateFromCatalogSite が失敗しました。Arg = {guid}。エラー =、要求が HTTP ステータス 401 で失敗しました: 承認されていません。

クライアント

  • クライアントでは、カスタム ドメイン名が指定されている場合は、cloudapp.net の DNS サフィックスを使用してクラウドの配布ポイントからコンテンツをダウンロードしようとしています。DataTransferService.log ファイルには、以下のようなエラー エントリが記録されます。

ターゲット URL のスキームは、HTTPS: https://ServerName.cloudapp.net:443/downloadrestservice.svc/getcontentxmlsecure. AsyncCallback(): WINHTTP_CALLBACK_STATUS_SECURE_FAILURE が発生しました WINHTTP_CALLBACK_STATUS_FLAG_CERT_CN_INVALID を設定します。

  • ソフトウェア センターは、Windows の機能の更新プログラムが正常にインストールした後、障害と、"エラー 0x0(0)"エントリのメッセージを表示することがあります。以降のソフトウェア更新プログラムのスキャンでは、正しいインストールの成功ステータスを返します。

  • 運用前コレクションから削除された後でも、クライアント コンピューターは、試作 (パイロット) のバージョンのクライアント ・ ソフトウェアを受信も可能性があります。

  • HTTPS の配布ポイントと同じ場所には、インターネットのみのクライアントでは、コンテンツをダウンロードできません。ContentTransferManager.log ファイルには、次のようなエラー エントリが記録されます。

CCTMJob::UpdateLocations の局所性が一致しない CTM ジョブ {job_id} のダウンロードを一時中断します。

  • クライアントのキャッシュ サイズは、クライアントのキャッシュの最大サイズ設定が大きな値を持つものとして定義されている場合に 99999 mb が正しく制限されています。

在庫

  • CCM_VirtualMachineInfoハードウェア インベントリ クラスのIsVirtualMachineプロパティは、いくつかの VMware 仮想マシンの場合は FALSEの値を返します。

  • クライアント コンピューターの BIOS でハイパー スレッドが無効になっている場合でも、 IsHyperthreadEnabledのハードウェア インベントリのプロパティはTrueに設定もできます。

サイト システム

  • [サイトのプロパティの [クライアント コンピューターの通信] タブで証明書を更新する場合、管理者によって定義された信頼されたルート証明機関証明書を上書き可能性があります。

  • Azure Active Directory (AAD) 検出プロセスで作成 AAD でブロックされているユーザーのデータ レコード

  • KB 4498264: 構成マネージャーで、DP を再割り当てした後は、DistributionContentVersion テーブル内の行を複製します。

  • サーバーの全体管理サイトとプライマリ サイトのデータベースの複製リンクは、縮退状態を表示する可能性があります。これは、別の 1 つのサイトから移行されたクライアントから状態メッセージが表示されている場合に発生します。RCMCtrl.log ファイルには、以下のようなエラー エントリが記録されます。

CSqlBCP::BCPIN: bcp_exec をできませんでした。失敗しました DRS_Init_BCPIN() 。。 BCP は内部 sql エラーで失敗します。トリガーを実行できませんでした次の表を確認します。BulkInsert::DRS_Init_BCPIN: BCP 入力に失敗しました結果の BCP は、2147500037 。エラー: エラー コード 2147500037 テーブル CI_CurrentComplianceStatus の BCP in できませんでした。エラー: General_Site_Data の文書内のすべてのアーティクルに対して BCP を適用できませんでした。

ソフトウェアの配布およびコンテンツ管理

  • アプリケーションを許可するクライアントが既定のサイト境界グループから配布ポイントを使用する] オプションを有効にするがあり、関連する配布ポイントの境界グループが定義されていないその他のタスク シーケンスの実行中のインストールに失敗します。

オペレーティング システムの展開

  • PXE 変数ファイル (variables.dat) のダウンロードの再試行は 15 秒間隔に遅延が発生する 6 つの再試行回数を増やします。

  • タスク シーケンス メディアの作成ウィザードでは、一時的なメディア ・ フォルダーの指定ができるようになりました。

  • 新しいドライバーのインポート ウィザードは、重複するドライバーのオプションの「ドライバーをインポートして既存カテゴリに新しいカテゴリを追加」を選択した場合は、100 以上のドライバーをインポートするときに失敗する可能性があります。

PowerShell

  • 追加 CMDeviceCollectionDirectMembershipRuleコマンドレットは正しく表示警告既存のコレクションに重複するデバイスを追加する場合。

この更新プログラムに含まれている修正

  • KB 4488598: システム センター構成マネージャーで現在の分岐、1810 のバージョン用の更新プログラムのロールアップ 2

依存関係の変更

構成マネージャーのバージョンの 1902 に含まれている次の依存コンポーネントは、指定したバージョンに更新されます。

  • バージョン 1.12.0 に Microsoft.Graph.dll

  • バージョン 1.12.0 に Microsoft.Graph.Core.dll

  • バージョン 1.1.4.2 Microsoft.identity.client.dll

参照情報

マイクロソフトを使用してソフトウェア更新プログラムについて説明する用語について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×