概要

この資料では、Microsoft システム センター構成マネージャーの現在分岐、1902 のバージョンのこの更新プログラムのロールアップで修正される問題について説明します。この更新プログラムは、最初の波 (初期更新リング) 配置する PowerShell スクリプトを有効に両方のユーザーのために、グローバルに利用可能なリリースをインストールしたユーザーに適用されます。

バージョン 1902 の構成マネージャーでの変更の詳細については、以下の資料を参照してください:バージョンの構成マネージャーの現在の分岐の 1902 の新システム センター構成マネージャーで現在の分岐、1902 のバージョンでの変更の概要

修正される問題

  • タスク シーケンス アクションのパッケージのコンテンツのダウンロードが失敗し、OsdDownload.exe プロセスが予期せず終了します。この問題が発生したとき、次の終了コードは、クライアント上の Smsts.log で記録されます。

    プロセス終了コードで 3221225477 が完了しました。

  • スクリーン ショットは、笑顔やしかめつら製品フィードバックのオプションは、構成マネージャー コンソールが閉じられるまで削除できません送信の送信を送信します。

  • MSFT_PhysicalDiskクラスに依存しているハードウェア インベントリ データは、複数のドライブを搭載したコンピューターでの不完全な情報を報告します。キー フィールドの値としてオブジェクト Idのプロパティが正しく定義されていないためにです。

  • ワークグループ環境のコンピューターで、HTTPS 専用クライアントのインストールが失敗します。管理ポイントが失敗した場合、いずれかの後でも、クライアント証明書が必要であることを示すとの通信が準備およびインポートされました。

  • 0のコードが誤って報告されるエラー状態として構成マネージャー コンソールの [展開の状態を監視すると、「成功」が返されます。

  • アプリケーションのダイアログ ウィンドウを表示するオプションが選択されているか、コンピューターを必要とする更新プログラムの展開再開するとそのウィンドウが表示されないもう一度再起動締め切り前にファイルが閉じている場合。代わりに、一時的な (トースト) の通知が表示されます。予期しないコンピューターの再起動が発生することができます。

  • このオプションを選択した場合、ソフトウェアの変更が必要な場合は、表示ウィンドウでは、トースト通知ではなくユーザーに] チェック ボックスをオフに必要な配置プロパティの変更を加えた後。

  • ポイントが期待どおりに自動的に更新されない配布に使用される強化された HTTPS 証明書の期限が切れています。この問題が発生したとき、クライアントは配布ポイントからコンテンツを取得できません。ネットワーク トラフィックの増加またはコンテンツのダウンロードに失敗した原因になります。Smsdpprov.log では、以下のようなエラーが記録されます。

    クライアント証明書の選択を開始します 証明書の選択基準を使用して ' CertHashCode: < ハッシュ >' です。 条件を満たす証明書はありません。 GetCertificate(...) で失敗しました: 0x87d00281 ストアから証明書 '< 拇印 >' 'MY' が見つかりませんでした。エラー 0x87d00281 エラー - 0x87d00281 で UpdateIISBinding が失敗しました。

    構成マネージャー コンソールの [Security\Certificates] ノードを表示する、SMS が発行する証明書が期限切れが表示されますが、配布ポイントの証明書は有効です。 コンソールから証明書を更新しても効果はありません。この更新プログラムを適用した後、SMS 証明書の発行し、配布ポイントの証明書が自動的に書き換え必要に応じてします。

  • 管理ポイントは、ユーザーのクライアントのポリシー要求への応答に HTTP エラー 500 を返すことがあります。これは、Active Directory ユーザー探索が有効になっていない場合に発生することができます。管理ポイント上の通知サーバーの役割をホストする Dllhost.exe のインスタンスより多くのユーザー ポリシーの要求が到着したときにメモリを消費する続行可能性がありますも。

  • ファイル名にはパーセント記号 (%) が含まれている場合、クラウド ベースの配布ポイントからコンテンツのダウンロードが失敗します。またはその他の特殊文字を選択します。クライアント上の DataTransferService.log ファイルには、次のようなエラー エントリが記録されます。

    AddUntransferredFilesToBITS: PathFileExists が返される予期しないエラー 0x8007007b

    DataTransferService.log では、ソース ファイルをダウンロードするときに、エラー コード 0x80190194 という可能性がありますも記録。1 つまたは両方のエラーに表示される文字によってファイル名です。

  • 構成マネージャー現在の分岐、1902、データ ウェアハウスの同期サービス (Data_Warehouse_Service_Point) のレコードのエラー ステータス メッセージ ID 11202 のバージョンに更新した後。Microsoft.ConfigMgrDataWarehouse.log ファイルには、次のようなエラー エントリが記録されます。

    ビューまたは関数 'v_UpdateCIs' には複数の列名が定義されている列数よりも指定します。 < br/> ビューまたは関数 'vSMS_Update_ComplianceStatus' をバインド エラーにより使用できませんでした。

  • 構成マネージャーの現在分岐、1902 のバージョンに更新した後に空にすることは、ユーザーのコレクションが表示されます。これは、コレクションのメンバーシップの規則äなどの Unicode 文字を含むユーザーの探索データを照会する場合に発生します。

  • 古いログのデータの削除保守タスクは、サーバーの全体管理サイト (CAS) で実行される場合に失敗します。Smsdbmon.log ファイルをサーバー上で以下のようなエラーが記録されます。

    上部は、分割ビューに対する UPDATE または DELETE ステートメントでは許可されていません。: spDeleteAgedLogData DRS のログ データのエージング中にエラーが発生しました。

  • 代わりにタスク シーケンス変数を出力するスクリプトの出力が正しく追加される PowerShell を保存するオプションを選択すると交換してください。

  • サイト サーバー上の SMS Executive サービスは、オペレーティング システムのマシン キーの変更後、または別のサーバーにサイトの回復後が予期せず終了されます。サーバー上にある Crash.log ファイルには、その resemblie には、次のエントリが含まれています。

  • SMS_DISTRIBUTION_MANAGER、SMS_CERTIFICATE_MANAGER、SMS_FAILOVERMANAGER など、複数のコンポーネントが表示されます。Crash.log の次のエントリは、読みやすくするために切り捨てられます。

    例外情報 サービス名 = SMS_EXECUTIVE スレッド名 = SMS_FAILOVER_MANAGER 例外 = c00000fd (EXCEPTION_STACK_OVERFLOW)

    説明 =」スレッドのスタックを使用します」。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×