この資料では、Windows Server 2012 R2 のトルコ語のロケールで発生する問題について説明します。この問題を解決する修正プログラムがあります。修正プログラムには、前提条件があります。

現象

Windows Server 2012 R2 のWindows Azure のパックを実行する際、仮想マシンの ualやテナントのポータルのNetworksのテナントが見えない問題が発生した可能性があります。この例では、両方の 2 つの要素は、赤色の感嘆符を表示します。



さらに、管理ポータルで、 VM の雲の要素は雲が構成されていないことを表示することがあります。


原因

次の問題の 1 つにより発生します。各懸案事項を確認するには、ManagementOdataService のイベント ログをチェックします。

アプリケーションと Services ログ>マイクrosoft > Windows >マナgementOdataService > Operational チャネルです。

問題 1

Virtual Machine Manager (VMM) をホストする IIS アプリケーション プール管理プロバイダーが再利用されている場合は、OData 要求スキーマの読み込みが失敗します。この問題が発生した場合、次のような ManagementOdataService のイベント ログにイベントが表示されます。




問題 2

サービス プロバイダーの基盤 (SPF) コンポーネントは、UserDataCache で重複する項目があるため非常に頻繁に障害が発生したし、次のようなエラー メッセージが表示されます。


同じキーを持つ項目は既に追加されています。


この問題が発生した場合、ManagementOdataService イベント ログは次のようなイベントを表示する場合があります。

修正プログラムの情報

重要 この修正プログラムをインストールした後に言語パックをインストールする場合は、この修正プログラムを再インストールする必要があります。したがって、この修正プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをインストールすることを推奨します。詳細については、「Windows への言語パックの追加」を参照してください。

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用してください。

修正プログラムがダウンロード可能な場合は、このサポート技術情報の記事の上部にある「修正プログラム ダウンロード使用可能な"セクションがあります。このセクションが表示されない場合は、修正プログラムを取得するには、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートに要求を送信します。

注: さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムに該当しない問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号または別のサービス リクエストを作成する、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support注: 「修正プログラムのダウンロード利用可能」フォームは、修正プログラムで利用可能な言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが使用できないためです。

必要条件

この修正プログラムを適用するには、 2014 年 4 月の更新プログラムのロールアップ Windows RT 8.1、Windows 8.1 では、Windows Server 2012 R2 (2919355) のWindows Server 2012 R2 のインストールが必要です。

レジストリ情報

この修正プログラムを適用するには、レジストリに変更を加える必要はありません。

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後、コンピューターの再起動が必要な場合があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムでは、以前にリリースされた修正プログラムを置き換えません。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される用語を参照してください。

ファイル情報

このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ローカル コンピューターにおけるこれらのファイルの日付と時刻は、現在の夏時間を使用したローカル時刻で表示されます。ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。

重要 Windows 8.1 修正プログラムおよび Windows Server 2012 R2 修正プログラムには同じパッケージが含まれます。ただし、修正プログラムのリクエスト ページにある修正プログラムは各オペレーティング システムの下に一覧表示されています。1 つまたは両方のオペレーティング システムに適用される修正プログラム パッケージを要求するには、ページの「Windows 8.1/Windows Server 2012 R2"下に記載されている修正プログラムを選択します。必ず資料の「対象製品」を参照して、各修正プログラムの適用対象である実際のオペレーティング システムを確認してください。

  • 特定の製品、マイルストーン (RTM、SPn)、およびサービス区分 (LDR、GDR) に適用されるファイルは、次の表に示されているように、ファイルのバージョン番号を調べることによって識別できます。

    バージョン

    製品

    マイルストーン

    サービス区分

    6.3.960 0.18xxx

    Windows Server 2012 R2

    RTM

    GDR

  • マニフェスト ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) インストールされているそれぞれの環境には、追加のファイル情報」セクションで個別に表示されます。MUM ファイルおよび MANIFEST ファイル、および関連付けられているセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために非常に重要です。属性の一覧が表示されていない、セキュリティ カタログ ファイルは、マイクロソフトのデジタル署名で署名されています。

x64 Windows Server 2012 R2

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Microsoft.management.odata.dll

6.3.9600.18085

519,680

07-Oct-2015

20:48

x86


x64 Windows Server 2012 R2

ファイルのプロパティ

ファイル名

Amd64_d36ced88001666e8c00598ad75ff9d9a_31bf3856ad364e35_6.3.9600.18085_none_7d8d10814e08fd11.manifest

ファイル バージョン

該当なし

ファイル サイズ

699

日付 (UTC)

07-Oct-2015

時刻 (UTC)

20:50

プラットフォーム

該当なし

ファイル名

Msil_microsoft.management.odata_31bf3856ad364e35_6.3.9600.18085_none_a86c33fd53b24f6a.manifest

ファイル バージョン

該当なし

ファイル サイズ

1,688

日付 (UTC)

07-Oct-2015

時刻 (UTC)

20:50

プラットフォーム

該当なし

ファイル名

Update.mum

ファイル バージョン

該当なし

ファイル サイズ

1,586

日付 (UTC)

07-Oct-2015

時刻 (UTC)

20:50

プラットフォーム

該当なし


ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×