ソフトウェアの更新により、動的に別の SQL Server データベースに接続をリダイレクトする DRDA の Microsoft サービス

概要

リレーショナル データベース アーキテクチャ DRDA (分散) に動的に別の SQL Server データベースに接続をリダイレクトするのには Microsoft のサービスを有効にするソフトウェア更新プログラムについて説明します。このプロセスは、Windows を開始関連アプリケーションのRDBNAMEフィールドによって返される別の SQL Server データベースに SQL 接続文字列の引数を設定することによって実行されます。

ソフトウェアの更新情報

製品の既定の動作を変更するサポート機能は、マイクロソフトのサポートからされています。ただし、この機能は、この資料に記載された動作のみを変更するものです。具体的に必要とするシステムにのみ適用します。

Host Integration Server 2013 の累積的な更新の 1でこの更新プログラムが含まれます。

この更新プログラムを適用すると、代わりに SQL Server データベースへの接続の動的なリダイレクトをサポートする DRDA の Microsoft のサービスが更新されます。

詳細

ESSO 関連の Windows によって開始されたアプリケーション

WindowsInitiatedAffiliateApplication属性は、DRDA サービスと Microsoft エンタープライズ シングル サインオン (ESSO) に使用する関連アプリケーション名を定義します。このような場合は、DRDA サービスは、SQL クライアントが SQL Server 認証を使用するとアウト バウンドの SQL クライアントの資格情報を Windows の Active Directory ドメインのユーザーをマップします。この省略可能なプロパティは、文字列値を受け入れます。既定値は、Windows によって開始された ESSO を使用しないように DRDA サービスに指示する空の文字列です。

DRDA サービス関連アプリケーションの Windows によるマッピング ・ レコードから SQL Server データベースの接続情報を取得するように指示するisRdbNameの値を指定することもできます。たとえば、マッピング レコードでは、初期カタログの引数値のペア、代わりに SQL Server データベースに動的に接続をリダイレクトする DRDA サービスに指示する場合があります。DRDA サービスは、既定で、クライアントからサーバーへのACCRDB (リレーショナル データベースのアクセス) の DRDA プロトコル フローの DRDA のクライアントからサーバーへの接続情報のRDBNAM (リレーショナル データベース名) フィールドを使用して SQL Server データベースに接続します。この機能を使用するには、ESSO の管理者は、Windows によって開始された関連アプリケーションを必要なバインドの DRDA RDBNAM値と同じ名前を持つを作成します。これらの状況では、関連アプリケーションは 3 番目のフィールド (ユーザー名、パスワード、「接続文字列」) が含まれていて、SQL Server 接続文字列引数の値のペアをマッピングするユーザーの資格情報が含まれます。この例では、元のRDBNAM値可能性があります"SQL1"に、"SQL1"という名前の対応する関連アプリケーションにユーザー資格情報のマッピング"USER1"が含まれている可能性があります"$同じ」のユーザー名とパスワードのフィールドと"初期カタログConnectionStringフィールド ="SQLALT1"。この構成では、DRDA サービスが USER1 からへの接続要求 SQL1 のデータベースには、SQLALT1 という別の SQL Server データベースを動的に経路変更するように指示します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×