タイムアウト検出と回復 (TDR) は、リモートFX 機能を使用する仮想マシンでランダムに発生Windows Server 2008 R2

現象

次のシナリオを検討してください。

  • Microsoft RemoteFX 機能を使用すると、仮想マシン (VM) のユーザー エクスペリエンスが向上します。

  • VM で 2 つ以上の Direct3D アプリケーションを実行します。

  • ディスプレイ ドライバーが応答を停止し、VM で回復したというエラー メッセージが表示されます。

このシナリオでは、タイムアウト検出と回復 (TDR) が VM でランダムに発生することがあります。

原因

この問題は、VM とそのホスト間の通信でタイミング条件が発生する場合に発生します。

内部キューがいっぱいの場合は、TDR が発生することがあります。

解決方法

次の修正プログラムをインストールすると、TDR の可能性が大幅に低下します。

修正プログラムの情報


x64 ベースのパッケージは、x64 ベースのオペレーティング システムを実行しているサーバーと VM にインストールする必要があります。 x86 ベースのパッケージは、x86 ベースのオペレーティング システムを実行している VM にインストールする必要があります。 まず、VM に修正プログラムをインストールしてから、サーバーに修正プログラムをインストールします。 VM に次の修正プログラムをインストールするには、VM を起動し、修正プログラムを実行して、VM をシャットダウンします。 VM に修正プログラムをインストールした後、サーバーに修正プログラムをインストールし、サーバーを再起動します。

サポートされている修正プログラムは、Microsoft から入手できます。 ただし、この修正プログラムは、この記事で説明されている問題のみを修正することを目的としています。 この修正プログラムは、この特定の問題が発生しているシステムにのみ適用します。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の記事の上部に「修正プログラムのダウンロードが利用可能です」セクションがあります。 このセクションが表示されない場合は、修正プログラムを取得するための要求を Microsoft カスタマー サービスとサポートに送信します。

注: その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス 要求を作成する必要がある場合があります。 通常のサポート コストは、この特定の修正プログラムの対象ではない追加のサポートに関する質問や問題に適用されます。 Microsoft カスタマー サービスとサポートの電話番号の完全な一覧については、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support"修正プログラムのダウンロードが利用可能" フォームには、修正プログラムが利用可能な言語が表示されます。 言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

この修正プログラムを適用するには、コンピューターで以下のいずれかのオペレーティング システムが実行されている必要があります。

  • Windows Server 2008 R2

  • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1)

Windows 7 または Windows Server 2008 R2 Service Pack を取得する方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を表示してください。

976932 Windows 7 用 Service Pack 1 および Windows 7 用の Service Pack 1 に関するWindows Server 2008 R2

レジストリ情報

このパッケージに含まれている修正プログラムを使用するために、レジストリを変更する必要はありません。

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

この修正プログラムのグローバル版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。 これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。 お使いのコンピューターでは、これらのファイルの日付と時刻は夏時間 (DST) 調整済みのローカル時刻で表示されます。 さらに、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。

Windows Server 2008 R2情報のメモを追加する

重要な Windows 7 修正プログラムとWindows Server 2008 R2修正プログラムは、同じパッケージに含まれています。 ただし、[修正プログラム要求] ページの修正プログラムは、両方のオペレーティング システムの下に表示されます。 一方または両方のオペレーティング システムに適用される修正プログラム パッケージを要求するには、ページの "Windows 7/Windows Server 2008 R2" の下に表示される修正プログラムを選択します。 必ず資料の「対象製品」を参照して、各修正プログラムの適用対象である実際のオペレーティング システムを確認してください。

  • 特定の製品、SR_Level (RTM、SPn)、区分 (LDR、GDR) に適用されるファイルは、次の表に示すファイル バージョン番号を調べることで確認できます。

    バージョン

    製品

    SR_Level

    区分

    6.1.760
    1.
    17xxx

    Windows Server 2008 R2

    SP1

    GDR

    6.1.760
    1.
    21xxx

    Windows Server 2008 R2

    SP1

    LDR

  • 各環境にインストールされる MANIFEST ファイル (.manifest) と MUM ファイル (.mum) は、「Windows Server 2008 R2 のその他のファイル情報」セクションに個別に記載されています。 MUM ファイル、MANIFEST ファイル、および関連するセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために不可欠です。 属性の一覧が表示されていないセキュリティ カタログ ファイルは、Microsoft デジタル署名で署名されています。

サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2008 R2 (x64 ベース)

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

区分

Synth3dvsc.sys

6.1.7601.17574

88,960

2011 年 3 月 8 日

06:39

x64

Not applicable

Synth3dvsc.sys

6.1.7601.21677

88,960

2011 年 3 月 8 日

06:19

x64

Not applicable

Synth3dvsp.sys

6.1.7601.17574

121,216

2011 年 3 月 8 日

06:39

x64

AMD64_SYNTH3DVSPCBS。INF_31BF3856AD364E35_6.1.7601.17574_NONE_4CC50D3F9CDEE556

Synth3dvsp.sys

6.1.7601.21677

121,216

2011 年 3 月 8 日

06:19

x64

AMD64_SYNTH3DVSPCBS。INF_31BF3856AD364E35_6.1.7601.21677_NONE_4D51AAE8B5F9D125

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細情報

Windows ディスプレイ ドライバー モデル (WDDM) を介したグラフィックス処理ユニット (GPU) の TDR プロセスの詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください。

WDDM を介した GPU の TDR に関する一般的な情報RemoteFX 機能の詳細については、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

RemoteFX 機能に関する一般的な情報

仮想およびセッション ベースのデスクトップに関する一般的な情報ソフトウェア更新の用語の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を表示してください。

824684 Microsoft ソフトウェアの更新プログラムの説明に使用される標準的な用語の説明

追加ファイル情報

ファイルに関する追加情報Windows Server 2008 R2

サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2008 R2 (x64 ベース) 用の追加ファイル

ファイル名

Amd64_synth3dvsc.inf_31bf3856ad364e35_6.1.7601.17574_none_8f9daa8c025d9173.manifest

ファイル バージョン

Not applicable

ファイル サイズ

2,109

日付 (UTC)

2011 年 3 月 8 日

時刻 (UTC)

07:08

プラットフォーム

Not applicable

ファイル名

Amd64_synth3dvsc.inf_31bf3856ad364e35_6.1.7601.21677_none_902a48351b787d42.manifest

ファイル バージョン

Not applicable

ファイル サイズ

2,109

日付 (UTC)

2011 年 3 月 8 日

時刻 (UTC)

06:52

プラットフォーム

Not applicable

ファイル名

Amd64_synth3dvspcbs.inf_31bf3856ad364e35_6.1.7601.17574_none_4cc50d3f9cdee556.manifest

ファイル バージョン

Not applicable

ファイル サイズ

2,121

日付 (UTC)

2011 年 3 月 8 日

時刻 (UTC)

07:02

プラットフォーム

Not applicable

ファイル名

Amd64_synth3dvspcbs.inf_31bf3856ad364e35_6.1.7601.21677_none_4d51aae8b5f9d125.manifest

ファイル バージョン

Not applicable

ファイル サイズ

2,121

日付 (UTC)

2011 年 3 月 8 日

時刻 (UTC)

06:45

プラットフォーム

Not applicable

ファイル名

Update.mum

ファイル バージョン

Not applicable

ファイル サイズ

1,891

日付 (UTC)

2011 年 3 月 8 日

Time (UTC)

15:44

プラットフォーム

Not applicable

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。 明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×