Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

2022 年 4 月にリリースされたハイブリッド構成ウィザード (HCW) の更新プログラムは、2019 ハイブリッド サーバー Microsoft Exchange Serverを実行しているお客様に無料のプロダクト キーを無料で提供します。 さらに、Hybrid Agent コマンドレットに対して MFA 対応の管理者資格情報を使用するためのサポートが有効になっています。

ハイブリッド エージェント コマンドレットの MFA サポート 

Hybrid Management PowerShell モジュールは、エージェントがインストールされているコンピューター上の次の場所に HCW によってインストールされます。

  • \Program Files\Microsoft Hybrid Service\

このモジュールは、MFA が有効な管理者アカウントと連携するようになりました。 このモジュールでは、MFA と共に使用できる次のコマンドレットを公開します。 

Get-HybridAgent

インストールされているハイブリッド エージェントを表示するには

Update-HybridApplication

ハイブリッド アプリケーションのターゲット URI などのパラメーターを編集するには

Get-HybridApplication

テナント内のすべてのハイブリッド アプリケーションを表示するには

Remove-HybridApplication

特定のハイブリッド アプリケーションを削除するには

MFA が有効な管理者アカウントに対してこれらのコマンドレットを使用するには、管理者は最新の HybridManagement.psm1 ファイルを使用する必要があります。 このファイルは、HCW 経由で \Program Files\Microsoft Hybrid Service\ で再実行するか、 https://aka.ms/HybridAgentPSM から直接ダウンロードできます。

ハイブリッド エージェント コマンドレットで MFA 対応アカウントを使用する方法

ハイブリッド管理モジュールをインポートします。 管理者特権でWindows PowerShellプロンプトで次のコマンドレットを実行します。 

  • Import-Module .\HybridManagement.psm1

新しいコマンドレットでは、 Credential パラメーターの代わりにuserPrincipalName(UPN) パラメーターが使用されます。 たとえば、管理者は、Get-HybridAgent コマンドレットを使用して、以前に次の方法で資格情報を指定しました。 

  • Get-HybridAgent -Credential (Get-Credential)

この変更後、管理者が MFA 対応アカウントを持っている場合は、userPrincipalName パラメーターを使用して管理者の UPN を指定します。 

  • Get-HybridAgent -userPrincipalName alan@contoso.com

新しいモジュールをインポートした後、既存のコマンドレットを MFA 対応の管理者資格情報と共に使用できます。 次の表に、コマンドレットの例をいくつか示します。

MFA 対応アカウントの使用

基本認証の使用

Get-HybridAgent -userPrincipalName <テナント管理者 UPN>

Get-HybridAgent -Credential (Get-Credential)

Get-HybridApplication -userPrincipalName <テナント管理者 UPN> -appId <GUID>

Get-HybridApplication -credential (Get-Credential) -appId <GUID>

Remove-HybridApplication -userPrincipalName <テナント管理者 UPN> -appId <GUID>

Remove-HybridApplication -credential (Get-Credential) -appId <GUID>

New-HybridApplication -userPrincipalName <テナント管理者 UPN> -targetUri "Server FQDN。 例: https://contoso.exhybrid.com"

New-HybridApplication -credential (Get-Credential) -targetUri "Server FQDN. 例: https://contoso.exhybrid.com"

Update-HybridApplication -appId <GUID> -targetUri "Server FQDN。 例: https://contoso.exhybrid.com" -userPrincipalName <テナント管理者 UPN>

Update-HybridApplication -appId <GUID> -targetUri "Server FQDN。 例: https://contoso.exhybrid.com" -credential(Get-Credential)

この更新プログラムで修正される問題  

  • ハイブリッド ウィザードは、組織の構成転送プロセス中に、一部のアイテム保持タグとポリシーと同期しません。

  • 予想される TargetOwaURL 値の http://outlook.office.com/mail の代わりに、HCW は間違った値を http://outlook.com/owa//FederatedDomain 追加します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×