バージョン 1910 の現在のブランチでの変更の概要

概要

Microsoft エンドポイント構成マネージャーの現在のブランチのリリース バージョン 1910 には、修正プログラムと機能強化が含まれています。

「修正された問題」リストには、すべての変更が含まれるわけではありません。代わりに、製品開発チームが Configuration Manager の広範な顧客ベースに最も関連性があると考える変更を強調します。これらの変更の多くは、製品の問題や製品改善に関するお客様からのフィードバックに応じて行われました。

注意事項

  • バージョン 1910 は、階層内の最上位サイトにインストールできるコンソール内の更新プログラムとして使用できます。

  • インストール情報については、「システム センター構成マネージャー用の更新プログラム 1910 をインストールするためのチェックリスト」を参照してください。

  • バージョン 1910 に含まれる変更の詳細については、「 Configuration Manager の現在のブランチのバージョン 1910 の新機能」を参照してください。

  • クライアントの自動アップグレード。サイトで自動クライアント アップグレードを使用している場合、サイトをバージョン 1910 に更新すると、サイトの更新が正常に更新された直後にすべてのクライアントがアップグレードされます。唯一のランダム化は、クライアントがポリシーを受け取った場合です。クライアント数が多い大規模なサイトでは、この動作により大量のネットワーク トラフィックとストレス配布ポイントが消費される可能性があります。

    この問題を回避するには、クライアントの自動アップグレードを一時的に無効にします。他のクライアント アップグレード方法を使用する :マイクロソフトは、クライアントの自動アップグレードを引き続き使用できるように、この問題に対する修正プログラムを間もなくリリースします。

修正される問題

サイト システム

  • スタンドアロン プライマリ サイトを階層に拡張した後、中央管理サイト (CAS) と他のサイト間のレプリケーションが失敗することがあります。これは、展開後に追加されたレプリケーション グループの競合が原因で発生します。

  • サイトの更新処理中に、必要条件チェッカーが Active Directory のアクセス許可に関する警告を誤って報告します。サイト サーバーのコンピュータ アカウントに正しいアクセス許可がある場合でも、次のようなメッセージがログに記録されます。

    警告。サイト サーバーが Active Directory に発行できない可能性があります。サイト サーバーのコンピュータ アカウントには、Active Directory domai n のシステム管理コンテナに対するフル コントロールのアクセス許可が必要です。

  • サイト バックアップ保守タスクは、バックアップ ファイルのパスを構成せずに有効にできます。これにより、パスが追加されるまでタスクが失敗します。

  • SMSWriter サービスのタイムアウト条件が原因で、仮想化された構成マネージャー サイト サーバーの Hyper-V 運用チェックポイントが失敗することがあります。

  • セカンダリ サイト サーバーの SMS_MESSAGE_PROCESSING_ENGINE.log では、約 5 分ごとに次のエラーが記録されることがあります。これは、ログ エントリがサイト サーバー上の実際の問題の状態を示すものではないことを示しています。

    エラー: メッセージ プロセッサを初期化できませんでした。システム.無効な操作例外: メッセージ プロセス ランタイムの作成時にサポートされていない型インスタント

  • 大規模な環境では、データ レプリケーション サービス (DRS) の抽出プロセスが失敗する可能性があります。次のようなエラーは、障害が発生した構成グループに対して記録されます。

    SQL Server がエラーを報告しました: SQLlang でメモリ不足のため、エスカレーション ポリシーによって NET Framework の実行が中止されました。CClr エラー::チェック Clr システム エラー

  • 多数の配布ポイントがある環境では、コンポーネント ステータス サマライザ ログ -compsumm.log) に次のようなエントリがすぐに入力されることがあります。これらのメッセージは問題の状態を示すものではありませんが、ログ ファイル内の他の関連データが上書きされる可能性があることに注意してください。

    警告>: 更新サーバーロールからSCF: 不明なロール名: SMS サイト システム

  • データ レプリケーション サービス (DRS) バックログの可能性を減らすために、新しいデータベース インデックスが追加されます。

オペレーティング システムの展開とタスク シーケンス

  • SMS エージェント ホスト サービス (ccmexec) の完全な起動を待機するためにタスク シーケンスで使用されるタイムアウト期間が、変数として使用して構成できるようになりました。SMSTSWaitCcmexecオペレーショナルタイムアウトタスクシーケンス変数は、秒単位の値で設定できます。何も指定しない場合のデフォルト値は 30 分です。

  • タスク シーケンス中に変更を加えた後、SetupComplete.cmd ファイルに予期しない NULL 文字が含まれている可能性があります。これにより、システム センター仮想マシン マネージャーなどの他のアプリケーションが、後でそのファイルを更新するのをブロックできます。

  • Windows 10 アップグレード タスク シーケンスは、タイミング条件が原因でエラー 80041010 で失敗する場合があります。次のようなエラーは、クライアントの smsts.log に記録されます。

    \\.\root\ccm\policy\machine\actualconfig の設定を更新していますが、名前空間 'root\ccm\policy\machine'、hr=0x80041010クライアント構成ポリシーのコンパイル中にエラーが発生しました。

  • BitLocker で暗号化された既存のボリュームがある場合、[BitLocker を有効にする] タスク シーケンスステップは失敗します。これは、暗号化用に選択されているオペレーティング システム ドライブが "現在のオペレーティング システム ドライブ" のみである場合でも発生します。

  • サイトの回復後、配布マネージャ コンポーネントは distmgr.log ファイルに次のようなエラーを記録することがあります。

    サーバー {配布ポイント} の SMS_SITEサイト システム証明書を取得できませんでした。エラー - 0x80004005InstallDPSiteSystemCert は、["display=\\{配布ポイント}\"] MSWNET:["SMS_SITE={サイト コード}]\\\{配布ポイント}\、エラー - 0x80004005 のサイト システム証明書をインストールできませんでした。

    さらに、CertMgr.log には、次のようなエントリが含まれています。

    ProcessRoleSSLCert() - アクティブな発行証明書に必要な再暗号化を検出します。このサイクルでロール SSL 証明書を処理するためにスキップします

    これらのエラーは、一般的なコンテンツ配布シナリオには影響しませんが、拡張 HTTP が有効になっているサイトでエラーが発生する可能性があります。

  • PXE またはメディア (USB または DVD) のタスク シーケンスを展開する場合、クライアントは関連付けられたポリシーを受け取りません。クライアントの smsts.log ファイルに、次のようなエラーが記録されます。

    このコンピュータで使用できるタスク シーケンスがありません。

  • Configuration Manager クライアントのインストール後にクライアント コンピューターを再起動すると、オペレーティング システムの展開タスク シーケンスが再開されないことがあります。smsts.log ファイルには、次のようなエラーが記録されます。

    レジストリに DP 認証トークンを設定できませんでしたタスク シーケンス (0x800703E6) を再開できませんでした。タスクの中断を再開するエラーです。戻りコード 0x800703E6プロセスの終了が終了コード 2147943398タスクシーケンス完了 0x800703E6で完了しました

     

製品フィードバック

  • オフライン フィードバックユーティリティでプロキシ サーバーの使用がサポートされるようになりました。プロキシ サーバーのサポートを有効にするには、次の追加のコマンド ライン パラメーターを使用できます。

    -x, プロキシ: インターネットを接続するプロキシ サーバーを指定します。, ポート: インターネットに接続するプロキシ サーバーのポートを指定します。-u, User: インターネットに接続するプロキシ サーバーのユーザー名を指定します。-w, パスワード: プロキシ サーバーがインターネットに接続するためのパスワードを指定します。アスタリスク (*) を入力すると、パスワードの入力を求めるプロンプトが表示されます。パスワードプロンプトでパスワードを入力しても、パスワードは表示されません。コマンド ラインのプレーン テキストの安全性が低いため、アスタリスク (*) を使用してパスワード入力のプロンプトを生成することを強くお勧めします。-i, 接続チェックのスキップ: ネットワーク接続チェックをスキップし、指定した設定でフィードバックをアップロードするだけです。

     

ハードウェア インベントリ

  • Win32_Process クラスの KernelModeTime プロパティを使用するハードウェア インベントリ データは、リソース エクスプローラーに表示されません。

     

Powershell

  • いくつかのパラメーターの問題を解決するために、セット CM ソフトウェア更新プログラム展開 PowerShell コマンドレットが更新されました。

     

  • Get-CMDevice コマンドレットは、コレクションもパラメーターとして指定されていない限り、デバイス エントリを返しません。

  • Set-CMTSStepDownloadPackageContent コマンドレットを使用してドライバー パッケージを追加した後、タスク シーケンスを編集しようとすると、構成マネージャー コンソールで次のようなエラーが返されます。

    タスク シーケンスで参照されているオブジェクトが見つかりません。オブジェクトが存在し、タスク シーケンスが正しいオブジェクト名と場所を参照していることを確認してください。

  • パス パラメーターで指定されたソースの場所に txtsetup.oem ファイルが含まれている場合、Import-CMDriver コマンドレットは失敗します。

  • ワイルドカードは、Get-CMScript PowerShell コマンドレットの ScriptName パラメーターで期待どおりに動作しません。

  • 新しい CM ソフトウェア更新の自動展開ルール PowerShell コマンドレットは、自動展開規則の作成ウィザードに表示される "展開パッケージなし" オプションをサポートしていません。

  • ソフトウェアの更新ポイントのプロキシ設定は、関連するプロキシ パラメーターで Set-CMSiteSystemServer コマンドレットを使用する場合には影響を受けません。

     

レポートとデータ ウェアハウス

  • SCCMReporting.log ファイルのサイズが、ログ ファイルの最大サイズを超えて増加する場合があります。ファイルに記録されたアクティビティによっては、ホスト ドライブ上の使用可能な空き領域をすべて消費する場合があります。

  • アップグレードまたは再インストールされたアプリケーションのデータは、期待どおりにデータ ウェアハウスに報告されません。

構成マネージャー コンソール

  • Configuration Manager 管理者は、ターゲット コレクションに対するアクセス許可がない場合に、自動展開規則の展開設定を表示および削除できる場合があります。

  • タスク シーケンス エディターが更新され、メモリ使用量の効率が向上し、大きなタスク シーケンスを保存するときに "メモリ不足" エラーが発生する可能性が低くなります。

ソフトウェアの配布とコンテンツ管理

  • 次のいずれかの条件に該当する場合、スタンドアロン メディア経由で実行されるパッケージのインストールまたはアプリケーションのインストール タスクは失敗します。

    • 同じドメイン内のメディアを使用する場合、Active Directory スキーマは拡張されません。

    • スタンドアロン メディアは、作成されたドメインとは異なるドメインで実行されます。

 

  • 多数のアクティブなプル配布ポイント (プル DP) がある環境では、1 つのプル DP でデッドロック状態またはハング状態が発生すると、他のすべてのプル DP へのコンテンツ転送が停止することがあります。

     

クライアント

  • カスタム タブにアクセスするときではなく、カスタム タブが有効になっている場合は、ソフトウェア センターを開くとすぐに認証を求めるメッセージが表示されます。これは、カスタム タブに表示される Web ページに共通アクセス カード認証が必要な場合に発生します。

  • クライアント言語パック ファイルは、ccmrepair.exe ユーティリティを使用して構成マネージャー クライアントを修復した後に削除されます。

  • ビジネス ポリシーの展開用の Windows Update は、2019 年 5 月の Windows 10 (バージョン 1903) 以降の更新プログラムを実行しているクライアント コンピューターを対象とすると、WUfBHandler.log ファイルにエラー 0x8004100c が失敗します。

  • クライアントがイントラネット ネットワーク上にあり、常にインターネット接続 (CCMALWAYSINF) パラメーターが 1 に設定されている場合、タスク シーケンスのコンテンツは使用できません。

共同管理

  • 共同管理を有効にするオプションは、Configuration Manager の現在のブランチバージョン 1910 に更新した後は使用できません。これは、Pilot 用に構成された自動クライアント登録やクライアント ワークロードで共同管理が以前に有効になっており、バージョン 1910 に更新する前に共同管理ポリシーが削除された場合に発生します。

ソフトウェアの更新の管理

  • 個々のオペレーティング システムのセキュリティ更新プログラムは、対応する月間品質ロールアップをインストールした後でも、Configuration Manager コンソールに [必須] と表示されることがあります。これは、更新状態サマライザ ストアド プロシージャでエラーが発生した結果であり、ソフトウェアの更新ポイントと Windows Server Update Services (WSUS) 間の同期スケジュールが月単位の間隔で構成されている場合に発生します。

     

この更新プログラムに含まれる修正プログラム

  • KB 4517869: システム センター構成マネージャーの現在の分岐、バージョン 1906 の更新プログラムのロールアップ

参照情報

マイクロソフトがソフトウェア更新プログラムの説明に使用する用語について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×