概要

この資料では、次の Windows Azure のパックの更新プログラム 1 で修正される問題について説明します。

更新 1 で修正される問題

問題 1

高速 Windows Azure のパックは、インストール後、Windows 8.1 を実行しているコンピューターで構成されている、管理サイトを参照するとエラー メッセージが表示されます。構成手順が成功を報告される場合でも、この問題が発生します。

現象: Windows 8.1 のクライアント コンピューター上には、次の web ページにするルーティングされます。

< サイト名 >は、この URL では、実際の web サイトの名前のプレース ホルダーです。

さらに、対応するエラー メッセージが表示されます。

申し訳ありませんがその要求を完了できません。

問題 2

管理サイトで、発行の証明書に使用される名前は、Microsoft Azure サービス」の Windows サーバーです。証明書の名前である必要があります「Windows Azure は、Windows サーバー ツールのパック」。

現象: 発行の証明書が生成されると、証明書の名前として表示「Microsoft Azure サービス Windows server です。

問題 3

既定では、 Get MgmtSvcResourceProviderConfigurationの PowerShell コマンドは、パスワードを復号化された文字列を返します。

現象: PowerShell コマンド プロンプトで、 Get MgmtSvcResourceProviderConfigurationコマンドレットを実行すると復号化のアカウントのパスワードをプレーン テキストで表示されますが表示されます。

問題 4

場合によっては、キーの有効な開始時刻に無効な値を使用して、セキュリティ トークンが作成されます。トークンのKeyEffectiveTimeプロパティに無効な値に割り当てることが原因です。

現象: 範囲外の引数の例外は、テナントのサイトの Windows イベント ログに記録されます。

問題 5

ドロップ ボックスのソース管理の情報は完全に表示されません。これは、id。 消費者の設定のクライアントにアクセスする必要はありません。

現象: web サイトのインタ フェースでドロップ ボックスのソース管理の設定を持つ、このページにアクセスするといくつかの情報がありません。

問題 6

テナント サイトの仮想マシン (VM) ロールの管理インターフェイスでは、インスタンスのカウントの最大値と最小の値を設定できます。VM の役割のインスタンスの数を増減する場合は、これらの値を使用できます。最小値は、VM の役割用のコントロールをスケーリングするためのテナントのインタ フェースには反映されません。これにより、最小値より小さい値を設定することができます。

現象: VM の役割の拡大・縮小のスライダー コントロールを最小値よりも低い値に設定すると、エラー メッセージが生成されます。

問題 7

テナント ポータルを使用して VM、VM ディスクを VNet をアタッチすると、サイトが超える必要があるまで待機します。

現象: テナント ポータルで、VNet を VM に接続する VM のインターフェイスの拡張機能を使用する場合は 1 分間待機します。

問題 8

サブスクリプションの更新イベントは、使用承認 API を通じては公開されていません。サブスクリプションの更新トランザクションを停止するのには課金システムでは不可能になります。

現象: ユーザーまたは課金システム ポリシーに違反するプランのサブスクリプションの更新トランザクションが要求されると、トランザクションが実行されます。これは、課金システム イベントが通知されませんし、イベントの実行を防止できないために発生します。

問題 9

移行シナリオ以外のトランザクション サブスクリプションの更新イベントが発行されます。

現象: 課金システムは、移行シナリオのコンテキストからのサブスクリプションの更新イベントを受け取ります。

10 の問題

サブスクリプションの更新イベントは、「確認」状態ではなく"承認待ち"の状態で公開されます。

現象: 課金システムでは、「承認待ち」状態のサブスクリプションの更新イベントが表示されます。

解決策

インストール手順

Istallation、次の手順は、次の Windows Azure のパックのコンポーネントのことです。

  • テナント サイト

  • テナント API

  • パブリック API のテナント

  • 管理サイト

  • 管理 API

  • 認証

  • Windows 認証

  • 使用方法

  • 監視

  • Microsoft SQL

  • MySQL

  • Web アプリケーション ギャラリー

  • サイトの構成

  • ベスト プラクティス アナライザー


Windows Azure パック (WAP) の各コンポーネントの更新プログラムの .msi ファイルをインストールするには、次の手順を実行します。

  1. 次の Microsoft Update カタログ web サイトから更新プログラムをダウンロードします。

  2. システムが現在アクティブな場合 (たとえば、システムが顧客のトラフィック) を処理 Windows Azure パック (WAP) のコンピューターのダウンタイムのスケジュールを設定します。WAP は現在ローリング アップグレードをサポートします。

  3. 停止またはサイトのための十分な検討する顧客のトラフィックをリダイレクトします。

  4. コンピューターのバックアップを作成します。

    注:

    • この更新プログラムでは、データベースの変更は含まれません。したがって、バックアップおよびデータベースを復元する必要はありません。一般に、現在のデータベースのバックアップを保持することをお勧めします。

    • 仮想マシンを使用する場合は、現在の状態のスナップショットを取得します。次の手順に進みます。

    • 仮想マシンを使用しない場合は、各 MgmtSvc のバックアップをとる * WAP コンポーネントがインストールされている各コンピューター上の inetpub ディレクトリ内のフォルダーです。

  5. 各ノード上で直接、または Windows Server Update Services (WSUS) サーバーを Microsoft Update を使用して更新プログラムを実行します。

  6. 負荷分散] の下の各ノードのコンポーネント用の更新プログラムを次の順序で実行を続行します。

    • 必要に応じてのリソース プロバイダー (RPs) サービス (SQL Server、マイ SQL、SPF と VMM、Azure の Web サイト)
      重要 RP サイトを実行していることを確認します。

    • テナント API サイト、テナントのパブリック API、および管理 API ノード

    • テナント管理サイト

  7. この手順または「使用法の拡張」(Windows Azure パックの使用法] 拡張) の更新プログラムについてのみ、次の手順に従います。

    1. セットアップ先のコンピューターに更新プログラムを適用した後、\inetpub\MgmtSvc-UsageCollector\ ディレクトリに移動し、し次のファイルを探します。

      • web.config

      • web.config.backup

    2. Web.config ファイルを削除します。

    3. Web.configには、web.config.backup ファイルの名前を変更します。

    4. MgmtSvc UsageCollector サイトを再起動します。

  8. 手順 7 では、使用率コレクター サイトを再構成するのには、セットアップ先のコンピューターにを使用できます。

すべてが更新され、期待どおりに機能している場合、更新されたノードへのトラフィックを開くはずです。それ以外の場合、次の「更新プログラム ロールバックの手順」の手順を実行します。

更新プログラムのロールバックの方法

  1. 更新プロセス中に問題が発生した、ロールバックが必要であるが判断した場合は、以下の手順を実行します。

    1. 手順 4 からスナップショットがある場合は、スナップショットを適用します。使用可能なスナップショットがない場合は、次の手順に進みます。

    2. Microsoft Update から更新プログラムをアンインストールまたはプログラムをアンインストールします。

    3. Windows を再インストールして Web PI から Azure のパックです。

      重要 構成ウィザードは実行されません。

    4. バックアップ フォルダーから元のコンテンツを使用して Windows Azure のパックのインストール フォルダー内の次の項目を置き換えます。

      • コンテンツ フォルダー

      • マニフェストのフォルダー

      • Web.Config ファイル

  2. 部分的に更新された状態でシステムが残っていないことを確認します。これを行うには、1 つのノードに更新プログラムが失敗した場合でも、インストールすると、WAP を持つすべてのコンピューターでのロールバック操作を実行します。

今すぐできる、更新されたノードへのトラフィックを開きます。

ファイル情報

変更されたファイル

サイズ

バージョン

MgmtSvc-AdminAPI.msi

4,247,552

3.12.8198.0

MgmtSvc-AdminSite.msi

16,764,928

3.12.8198.0

MgmtSvc-AuthSite.msi

12,460,032

3.12.8198.0

MgmtSvc-ConfigSite.msi

909,312

3.12.8198.0

MgmtSvc-Monitoring.msi

7,663,616

3.12.8198.0

MgmtSvc-MySQL.msi

1,626,112

3.12.8198.0

MgmtSvc-PowerShellAPI.msi

4,444,160

3.12.8198.0

MgmtSvc-SQLServer.msi

1,089,536

3.12.8198.0

MgmtSvc-TenantAPI.msi

3,702,784

3.12.8198.0

MgmtSvc-TenantPublicAPI.msi

3,772,416

3.12.8198.0

MgmtSvc-TenantSite.msi

5,013,504

3.12.8198.0

MgmtSvc-Usage.msi

3,731,456

3.12.8198.0

MgmtSvc-WebAppGallery.msi

4,235,264

3.12.8198.0

MgmtSvc-Bpa.msi

4,280,320

3.12.8198.0

MgmtSvc-WindowsAuthSite.msi

18,141,184

3.12.8198.0

関連情報

Microsoft がソフトウェア更新プログラムを説明するために使用されるについて説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×