Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

はじめに

1 Microsoft Forefront ユーザー マネージャー (FIM) 2010 用の更新をリリースしました。 この更新プログラムのみ適用されます FIM 2010 RTM ビルド 4.0.2592.0 とも呼ばれます。 FIM 2010 のすべてのインストールには、この更新プログラムを使用することをお勧めします。

累積的な更新プログラム パッケージに関する注意事項

  • FIM の各コンポーネントの更新プログラム パッケージは、個別の更新ファイルで配布されます。

  • 詳細情報」にリンクされているリリース ノートには、この更新プログラムに関する詳細情報です。

詳細情報

FIM 2010 の更新プログラム 1 の入手方法

この更新プログラムは、次のサービスに使用できます。

ダウンロード方法

コンポーネント

Microsoft Update カタログ

すべてのコンポーネント

自動更新

すべてのコンポーネント

Windows Update サイト

更新プログラムの Windows XP でのみ

-FIM アドインおよび拡張機能

-FIM アドインおよび拡張機能の LP

-FIM CM 一括発行クライアント

-FIM CM クライアント

注: 生産のすべてのマシンにインストールする前にこれらの更新プログラムをテストすることをお勧めします。 実稼働環境で使用されるテストで、update メソッドをテストしてください。重要: FIM サーバー コンポーネントには制限があります、Microsoft 更新サービスによって自動更新を使用する場合。 両方をダウンロードして自動的に更新プログラムをインストールする Windows Server 2008 で Windows Update サービスを許可すると、インストールで問題が発生する可能性があります。 更新プログラム パッケージをダウンロードするのには、Windows の更新サービスを使用する場合は、ダウンロードおよびインストールを要求するサービスを構成することをお勧めします。 これは、問題を回避します。

コンポーネント更新プログラムのファイル情報

コンポーネントの更新プログラム パッケージ

次の表には、ダウンロードで利用可能なコンポーネントの更新プログラム パッケージが含まれています。

コンポーネント

ファイル名

FIM 2010 アドインと拡張機能

FIMAddinsExtensions_KB978864.msp (注: 可能な x86 および x64 バージョン)

FIM 2010 アドインと拡張言語パック

FIMServiceLP_KB978864.msp (注: 可能な x86 および x64 バージョン)

FIM 2010 の証明書の管理

FIMCM_KB978864.msp

FIM 2010 証明書管理の一括発行クライアント

FIMCMBulkClient_KB978864.msp

FIM 2010 の証明書管理クライアント

FIMCMClient_KB978864.msp (注: 可能な x86 および x64 バージョン)

FIM 2010 サービスとポータル

FIMService_KB978864.msp

FIM 2010 サービス ポータルの言語パック

FIMServiceLP_KB978864.msp

FIM 2010 同期サービス

FIMSyncService_KB978864.msp

FIM 2010 のパスワード変更通知サービス

FIMPCNS_KB978864.msp (注: 可能な x86 および x64 バージョン)

ビルド情報

更新プログラム パッケージ 1 FIM 2010 RTM の 4.0.3531.2 とも呼ばれるビルドします。

この更新プログラム パッケージに含まれる変更

このパッケージには、FIM の次の機能領域に複数の更新プログラムが含まれています。 更新プログラムのほとんどは、製品の RTM ビルドを行わないが、最初の更新プログラムのロールアップ パッケージのアドレスに重要と見なされていたことでした。 このため、この更新プログラム パッケージには、1 つの更新プログラム パッケージのリリースは、通常よりも多くの更新が含まれています。 この更新プログラムは、次の機能領域での問題を説明します。

  • セットアップ

  • 同期エンジン

  • ローカリゼーション

  • FIM ポータルのユーザー インターフェイス

  • セルフ サービス パスワード リセット

  • ワークフロー

  • セット

コンポーネント セクションの下での変更箇所の変更点に関する詳細な情報が見つかります。

この更新プログラムをインストールする前に

FIM サービスとポータルおよび FIM 同期サービス

  1. すべてのデータベース、構成ファイル、暗号化キー、証明書、およびカスタム コンポーネントをバックアップします。

    1. FIM 製品データベース

      • FIMSynchronizationService データベース

      • FIMService データベース

    2. 構成ファイル

      • FIM 同期サービス

        • 同期サービスのすべてのカスタム ルールの拡張機能

        • 同期サービスのすべてのカスタム管理エージェント

        • MAData フォルダーからのデータを必要なすべて

        • MIIServer.exe.config ファイル

        • (同期サービスのキーの管理ツールを使用して) 暗号化キー

      • FIM サービス

        • Microsoft.ResourceManagement.Service.exe.config

        • FIM サービスのセットアップ中に指定された証明書

        • カスタム ワークフロー

        • カスタム ・ クライアント

  2. FIM ポータル

    • Http://localhost に FIM ポータルを利用することを確認します。

    • SSL を有効にするか、何らかの理由で変更を加えた場合は、http://localhost に FIM ポータル サーバーにアクセスできませんので、このアドレスは、更新プログラムを適用する前にアクセスできるように、必要に応じて構成を変更します。 更新プログラムをインストールした後は、一時的な変更を戻すことができます。

  3. 同期サーバーに更新プログラムをインストールする前に、FIM 同期サービス マネージャーを閉じます。 これにより、更新プログラムをインストールした後にコンピューターを再起動する必要があるされます。

  4. FIM サービスとポータルの UI を使用して FIM 同期サービスをインストールすることを強くお勧めします。 マイクロソフトの更新プログラムを構成するか、「更新プログラムのダウンロードはそれらをインストールするどうかを選択する」にそれらのサーバー上または「更新プログラムの確認はダウンロードしてインストールするどうかを選択する。”

FIM 証明書の管理

FIM 証明書管理の構成のバックアップの TechNet に記載された指示に従います。FIM CM のバックアップと復元ガイド

インストール後の手順

  1. FIM の言語パックは、この更新プログラムを適用したときにインストールされていた場合にも更新 1 の言語パックをインストールする必要があります。 ない場合は、製品バージョンの不一致が英語にフォールバックする製品に発生します。

  2. FIM 同期サービスの証明書の管理の管理エージェントを使用すると場合に、アップデートしてください FIM 同期サービスと、FIM 証明書管理サービスの両方を更新する 1。 この要件を避けるためを実装してくださいバインドのリダイレクトの設定http://support.microsoft.com/kb/2005585に記載されているようです。

  3. 更新 (1) は、2 つ新しい管理ポリシー ルール (MPRs) を追加します。 新しい MPRs は次のとおりです。

    • ユーザーがオブジェクトの作成登録自体を」(アクション タイプ: 作成)

    • 「ユーザーが変更できる登録オブジェクト自体の」(アクションの種類: を変更)

    「ユーザー オブジェクトを作成できます登録自体の」を置き換えるものではこれらの新しい MPRs (アクション タイプ: 作成、変更) MPR。古い変更した場合はユーザーがオブジェクトの作成登録自体の"(アクション タイプ: 作成、変更) MPR は、MPR を古いを削除する前にその変更を新しい MPRs を適用する必要が。 それには、以下の手順を実行します。

    1. FIM ポータルでは、管理ポリシーの規則をクリックします。

    2. 「登録オブジェクト」という用語を検索して、MPRs の一覧をフィルター処理します。

    3. 古い変更した場合はユーザーがオブジェクトの作成登録自体の"(アクションの種類: 作成、変更) MPR、2 つの新しい MPRs を適宜変更します。

    4. 古いを削除するユーザーがオブジェクトの作成登録自体の"(アクション タイプ: 作成、変更) MPR。

FIM サービスとポータルの更新プログラムをアンインストールする前に

ならは、サービスとポータルの更新プログラム パッケージをアンインストールする必要があります、次の操作を行います。

  1. ファイルをコピー [FIM のインストール Folder]\Service\Microsoft.ResourceManagement.Service.exe.configので、それをコピーするには、アンインストールの完了後に別の場所にします。

  2. FIMServiceサービスを停止します。

  3. FIM ポータルは、FIM サービスと同じサーバーにない場合は、FIM ポータル サーバーから更新プログラムをアンインストールします。SharePoint ファームをインストールした場合、この手順が多くの場合のタイムアウトを使用します。 この問題を回避するのには FIM Portal をアンインストールし、 FIM のインストール ガイド 』で説明したように再インストールします。

  4. FIM の RTM バージョンの FIM サービス データベースを復元します。 FIM 2010 RTM の更新プログラム 1年に、データベースが更新された場合は、RTM バージョンの FIM サービスは開始されません。

  5. 更新 (1) を [コントロール パネル] からアンインストールします。

  6. FIM サービス サーバーでは、FIM サービスのインストール フォルダーにMicrosoft.ResourceManagement.Service.exe.Configファイルを開きます。 • RTM ビルドを再構成するには、「4.0.2592.0」と「4.0.3531.2」のすべての出現箇所を交換してください。

  7. FIM ポータル サーバー上の web サイトのルート フォルダーに web.config ファイルを開きます。 • RTM ビルドを再構成するには、「4.0.2592.0」と「4.0.3531.2」のすべての出現箇所を交換してください。

  8. 元の場所にMicrosoft.ResourceManagement.Service.exe.configファイルをコピーします。

  9. FIM サービスを開始します。

コンポーネントが記載されている変更

FIM ポータル

  • オブジェクト ピッカー UOC コントロールで選択した項目をクリックするとポップアップ ウィンドウでクリックした項目が表示されます。

  • 電子メール テンプレートを今すぐに X パス参照では、以前の表示名が返されるオブジェクトの ID への参照を正しく解決します。[//Target/ObjectID] - または - [//Request/ObjectID]

  • バインディング オブジェクトを作成するダイアログ ボックスで、DisplayName の値は前方に移動する場合と次へ] および [前のボタンを使用してダイアログ ボックスで正しく保持されます。

  • 承認ワークフローの承認者が空白で、ユーザーがマネージャーの値を持たない場合は、不要になったに陥って、未解決の状態。 ワークフローのインスタンスが失敗し、ここでの発言: WorkflowInstance 'XXXX' を解決できませんでした [//Target/Manager] に定義された承認者のいずれか

  • 更新 (1) は、2 つの新しい MPRs を追加します。  これらの新しい MPRs を構成する方法の詳細については、この資料のインストール後の手順を参照してください。

FIM サービス

  • 主キー違反エラーを返すことが FIM_DeleteExpiredSysetmObjectsJob の SQL エージェントで問題が修正されました。

FIM 証明書管理の一括発行クライアント

  • FIM CM 一括クライアントをインストールし、Windows 7 32 ビットで実行する更新されました。

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×