2016 年 12 月 6 日にリリースされた Microsoft プロジェクト 2016 年お KB3127994 の更新プログラムについて説明します。この更新プログラムには、必要条件があります。

Microsoft インストーラー (.msi) に、Microsoft ダウンロード センターから更新プログラムが適用されることに注意してください-2016 年の Office のエディションのベースです。2016 クイック実行の Office エディションの Microsoft Office 365 ホームには適用されません。(確認する方法は?)。

機能強化と修正

  • 更新チェックインの翻訳は、変更されたプロジェクトを閉じるときにウクライナ語でダイアログ ボックスを確認します。

  • 次の問題が修正されます。

    • [プロジェクト情報] ダイアログ ボックス内でユーザー設定フィールドのルックアップ テーブルを表示すると、いくつかの予期される値が表示されないことがあります。

    • 開いて Project 2003 のプロジェクトをサーバーに保存すると、リソースのエンタープライズ ユーザー設定フィールドの値が失われる可能性があります。

    • 次のような状況を考えます。

      • プロジェクトでは、移動する、[リソース シート] ビューに定義されているリソースがあります。

      • ローカルのアウトライン コード フィールドのいずれかを挿入するとします。

      • アウトライン コード フィールドでリソースまたはリソースに定義されている値から値を選択します。

      • プロジェクトは、Project Server に保存します。

      • 以降では、アウトライン コード値に設定したものです。

      • 保存し、閉じて、プロジェクトを再度開きます。

      この状況では、リソースのアウトライン コード フィールドに設定した新しい値は失われます。

    • 時間配分作業時間、基準計画を保存するとコストの値としては表示されませんが必要です。たとえば、表示される作業、コスト、作業時間やコストが存在しない時間帯にします。

    • プロジェクトの特定の XML ファイルを開くと、割り当ての延期期間が無視されます。したがって、開始点といくつかのタスクの割り当ての終了日が異なる場合があります。これにより、指定したタスクをスケジュールする方法が異なることもあります。

    • マスター プロジェクトでは、挿入プロジェクトのサマリー タスク (サブプロジェクトを表すタスクです) の終了日を表示する場合があります、サブプロジェクト内のタスクの終了日を反映しないこと。

次の問題を解決するには、 をインストールします。

次のような状況を考えます。

  • 新しいレポートを作成するとします。たとえば、既定のプロジェクトの概要レポートに基づいた新しいレポートを作成します。

  • [フィールド] ボックスの一覧では、並べ替えの 2 つ以上のレベルを追加します。

  • プロジェクトを保存するとします。

  • プロジェクトを開くとします。

このような場合は、レポート上の要素は失われ、表示される、画面が空白です。

更新プログラムのダウンロード方法とインストール方法

Microsoft Update

更新プログラムを自動的にダウンロードしてインストールするには、を使用します。

ダウンロード センター

この更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターから手動でダウンロードおよびインストールすることもできます。

  • Download

  • Download

実行しているプラットフォーム (32 ビットまたは 64 ビット) がわからない場合は、 を参照してください 。さらに、を参照してください。

マイクロソフトでは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用してこのファイルのウイルスをスキャンしています。ファイルはセキュリティが強化されたサーバー上に置かれており、ファイルに対して認証されていない変更を加えることができないようになっています。

更新プログラムの情報

必要条件

この更新プログラムを適用するには、インストールされているマイクロソフトのプロジェクト 2016年が必要です。

再起動に関する情報

この更新プログラムをインストールした後、コンピューターの再起動が必要な場合があります。

詳細

Office のインストール方法が、クイック実行または MSI ベースのどちらであるかを確認するには、以下の手順を実行します。

  1. 2016 の Office アプリケーションを起動します。

  2. [ファイル] メニューで、アカウントを選択します。

  3. 2016 クイック実行の Office インストールでは、更新オプションの項目が表示されます。MSI ベースのインストールでは、更新オプションの項目は表示されません。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×