マイクロソフト アプリケーションの仮想化 5.0 SP2 用の修正プログラム パッケージ 4

概要

この資料では、マイクロソフト アプリケーションの仮想化 5.0 サービス パック 2 スプリング 2014 更新 (とも呼ばれる修正プログラム パッケージには 4 マイクロソフト アプリケーションの仮想化の 5.0 SP2) について説明します。この累積的な修正プログラムには、修正プログラム パッケージ 2 のアプリケーションの仮想化 5.0 SP2 (公開) からの修正も含まれています。

この修正プログラムには、5.0 ではアプリケーションの仮想化、仮想化と展開のシナリオに重点を置いていくつかの重要な技術革新が含まれています。アプリケーションの発行、更新、および起動のパフォーマンスの強化が含まれます。

ご意見を聞いてもいるし、APP-V には多数の他の改良を行った。パッケージの変換エンジンとシーケンサー、強化されたパッケージの変換レートと VFS 書き込みモードのシーケンサーの設定のサポートの強化が含まれます。この最後の項目は、必要な場合に、仮想化されたアプリケーションへの書き込みアクセス、仮想化された環境でファイルとフォルダーを付与します。

最後に、テストし、仮想化されたアプリケーションの新しいバージョンの展開を簡略化することようになりました並列配置し、同じデバイスで実行されている元のアプリケーションへのユーザー アクセスを維持しながら、アプリケーションのアップグレードの実行。

注意事項および後でこの修正プログラム番号と関連する更新プログラムの重要性、強くお勧めことをテストする広範囲にわたって運用環境にこの修正プログラム パッケージを展開する前にします。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×