マイクロソフト ダイナミクス 365 9.0.0 のサービス更新プログラム 8

はじめに

マイクロソフト ダイナミクス 365 オンライン 9.0.0 のサービス更新プログラム 8 が利用可能になりました。この資料では、サービス更新プログラム 8 に含まれる修正プログラムと更新プログラムについて説明します。

詳細情報

パッケージの更新

ビルド番号

マイクロソフト ダイナミクス 365 オンライン 9.0.0 のサービス更新プログラム 8

9.0.0.3273

組織でこの更新プログラムが適用されたかどうかを確認するには、Microsoft Dynamics CRM オンラインのバージョン番号を確認してください。右上隅の歯車アイコンをクリックし、[について]をクリックします。

サービス更新プログラム 8 では、次の問題が解決されます。

パフォーマンスの向上

次の一覧では、解像度によって Dynamics の速度や機能が向上する問題について詳しく示しています。

  • 電子メールから変換された営業案件が処理状態でスタックしている

予期しない動作

以下のリストの詳細解決が正しい問題意図したとおりに動作しない Dynamics で実行されるアクション。

  • 活動投稿が間違った順序で表示される

  • 新しいサービス レベルアグリーメントを作成すると、空白のページが表示されます。

修復された機能

以下のリストの詳細その解決策を持つ問題機能していない Dynamics の項目を修復します。

  • ユーザーは[インライン削除]オプションを使用してグリッド内のレコードを削除できません。

  • オフライン モードで取引先企業レコードと取引先担当者レコードを作成できません

  • モバイルオフラインの設定後、プロセスステージがローカライズされない

  • 複数の言語を使用する組織では、特定の条件でカスタマイズの発行が失敗する

エラー メッセージ、例外、およびエラー

以下のリストの詳細解決が正しい問題エラー、未処理の例外、またはシステムまたはコンポーネントの障害を引き起こすアクション。

  • null SDKMessageId を使用してソリューションをアップグレードすると、エラーが発生します。

  • 書き込みロックタイムアウトの例外が原因で組織をアップグレードできません

  • NULL 参照例外が原因で組織をアップグレードできません

  • モバイル オフライン例外のため組織をアップグレードできません

  • スキーマの例外が原因で組織をアップグレードできません

  • 重複するラベル例外のため、組織をアップグレードできません

  • SQL トランザクションの例外が原因で組織をアップグレードできません

  • 定期的な予定で定期的なエラーを設定するときに、レコードが使用できない例外が発生します。

  • 営業案件製品サブグリッドに新しい製品を追加するときにエラーが発生する

  • 一時的な SQL 例外のため組織をアップグレードできません

  • キー例外が重複しているため、組織をアップグレードできません

  • null フィールドの例外が原因で組織をアップグレードできません

  • 無効な列例外が原因で組織をアップグレードできません

  • 一時的な SQL エラーが原因でソリューションのインポートが失敗します。

リリースリストに戻る

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×