はじめに

マイクロソフト ダイナミクス CRM オンライン 9.0.2 のサービス更新プログラム 26 が利用可能になりました。この資料では、サービス更新プログラム 26 に含まれる修正プログラムと更新プログラムについて説明します。

バージョン番号とサービス更新プログラムの間のリンクを明確にするために、命名規則が変更されたことに注意してください。 たとえば、サービス更新プログラム 26はバージョン番号26XX に対応します。 場合によっては、サービス更新プログラムがキャンセルされ、関連するすべての修正が次のサービス更新プログラムにロールバックされるため、サービス更新番号が常に増え続けるとは限りません。

詳細情報

パッケージの更新

バージョン番号

マイクロソフト ダイナミクス CRM オンライン 9.0.2 のサービス更新プログラム 26

9.0.2.2613

組織でこの更新プログラムが適用されたかどうかを確認するには、Microsoft Dynamics CRM オンラインのバージョン番号を確認してください。右上隅の歯車アイコンをクリックし、[について]をクリックします。

サービス更新プログラム 26 では、次の問題が解決されます。

パフォーマンスの向上

次の一覧では、解像度によって Dynamics の速度や機能が向上する問題について詳しく示しています。

  • ユニファイド クライアントに 24 時間形式と 30 分間隔が追加されました。

  • 追跡されていない電子メール データを取得し、子の連絡先の電子メール アドレスを取得する場合のクエリのパフォーマンスが低下します。

予期しない動作

次の一覧では、意図したとおりに動作しない Dynamics で実行されたアクションを解決する問題について詳しく示します。

  • 特定のレポート値が選択されると、ソリューションのアップグレードは失敗します。

  • 電子メール Web UI に無効な文字が表示されました。

  • 販売注文の開始に予想以上の時間がかかりました。

  • 取得するロールの部署の部署の一致しない部署が取得されていました。

  • 'QuoteLineItem' を作成する場合は、追加の必須フィールドが必要でした。

  • Sys 管理者またはコア ロールのキュー ドロップダウンは表示されませんでした。

  • ライセンス比較プロセスが正しく返された負の一致が原因で組織が無効になっている可能性がある

  • アップグレード後、電子メールの詳細が正しくない時刻形式で表示されている可能性があります。

  • エンティティ フィールドは、ソリューションを更新した後にのみ読み取るように変更されました。

  • プラグイン例外 'InvalidPluginExecution' が UI に表示されなかった。

  • ケースタブは「一般」として表示され、カスタマイズで保存されたラベルが反映されていません。

  • 受注詳細をエクスポートする際に、製品名は表示されませんでした。

修復された機能

次の一覧では、Dynamics で解決策が機能していない項目を修復する問題について詳しく説明します。

  • 'ビュー セレクタ' が変更され、クイック検索が空でない場合、グリッド レコードは更新に失敗します。

  • 'アクティビティステータス' のフィルタが正しく表示されませんでした。

  • ユーザーは、エンティティ レコード イメージ インターフェイス内で以前にアップロードされたイメージを変更できませんでした。

  • loadin+K32g 以前のエンティティフォームに失敗すると、ページの読み込みが失敗します。

  • 'formxml' フィールドのサイズが異常に大きかったため、データベースの更新タイムアウトが発生しました。

  • 有効なエラー メッセージは、Excel へのエクスポートがタイムアウトしたときに表示されませんでした。

  • 関連するインシデントに関連するナレッジ記事が含まれている場合、サポート案件を割り当てることができませんでした。

  • レコード キューから選択したレコードを断続的に開くことができませんでした。

  • ケースエンティティのレコードを開くと、"読み込み中の Buisness Logic" 画面を超えて進行できませんでした。

  • ユーザーは、英語以外の言語でソーシャル ペインから KB レコードを検索できませんでした。

  • キーワード検索を実行した後、ユーザーのビューは「検索結果」に変わっておらず、「x」ボタン(検索ボックスキーワードを削除する)は表示されなかった。

  • 'GetDefaultPriceLevel' SDK が実行されたときに、子パイプラインに SDK ステップが登録されませんでした。

エラー メッセージ、例外、およびエラー

次の一覧では、エラー、未処理の例外、またはシステムまたはコンポーネントの障害を引き起こすアクションを解決する問題について詳しく示します。

  • 特定のロールを持つユーザーは、所有しているアクティビティを割り当てるときにエラーを受け取りました。

  • ビジネス プロセス フロー エンティティの営業案件の作成時に、ユーザーがエラーを受け取っていました。

  • 所有者エンティティを展開しようとしたときに、ユーザーがエラーを受け取っていました。

  • ユーザーは、ロールを選択した後、ユニファイド クライアントでエラーを受け取ります。

  • 未公開のアクティブな行が存在する場合、ユーザーが変更されていないアクティブなコンテキストで更新を発行しようとしたときにエラーが発生しました。

リリースリストに戻る

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×