マップと ACK のカスタム コードを BizTalk Server 2013年の ACK メッセージに適用する方法

現象

問題 1

次のような状況を考えます。

  • HL7 の Microsoft BizTalk 2013 のアクセラレータを使用している (BTAHL7)。

  • 本を使用しているアダプターが表示され、HL7 受信パイプラインで双方向の受信ポートです。

  • MLLP トランスポートのプロパティ] で、使用して直接同期 HL7 ACKオプションを設定する True です。

  • マップを作成する、送信には、この双方向の受信ポートに送信される前に、ACK メッセージを変換します。


このシナリオでは、アウト バウンドのマップには適用されません HL7 の確認そのため、ACK は変換されません。

問題 2

MLLP の送信ポートでは、ACK メッセージ (MSA のセグメントのMSA.1_AcknowledgmentCodeフィールド) が、ダウン ストリーム システムによって返され、MLLP の送信ポートの構成プロパティに設定されている許容 ACK コードの ACK を比較し、ACK コードについて説明します。本でサポートされている現在の許容 ACK コードは、ポートには、AA、CA、AE、CE、AR、CR を送信します。すべての ACK コードまたはコードの組み合わせを選択することができます。たとえば、次のコードは、すべて有効です。

AA と CA

AA、CA、AE、および CE

AA、CA、AR と CRただし、目的の許容 ACK コードの組み合わせを入力することはできません。

この修正プログラムを適用すると、ユーザー設定の名前は新しい許容 ACK コードは許容 ACK コード] ボックスの一覧に追加されます。さらに、許容可能なカスタム ACK コードを入力できるようにする新しいテキスト ボックスが追加されます。

注:

  • コンマ (,) を使用してコードを分離する必要があります。例: AE、CE、AR、CR、XX、ZZ です。

  • 標準的な (非カスタム) の組み合わせのいずれかが選択されている場合、許容可能なユーザー設定の ACK コードのプロパティを入力するはありません。

  • カスタムの ACK コードを解決するパイプラインの検証が成功したことを確認するのには対応する ACK のスキーマに必要なカスタム ACK コードを追加するのにはあります。

  • (追跡を有効にする) でBizTalk の追跡機能を使用することができますメッセージが再試行または中断されたときにイベント ログにログに記録されるメッセージ Idを使用してメッセージを追跡します。


解決策

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用してください。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、本サポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムをダウンロードできます」というセクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにリクエストを送信し、修正プログラムを入手してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×