Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

現象

次のような状況を考えます。

  • Microsoft メッセージ キュー (MSMQ とも呼ばれます) をインストールする Windows Server 2008 Service Pack 2 (SP2) を実行しているコンピューターで 4.0 です。または、Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターに MSMQ 5.0 をインストールします。

  • メッセージ キューの展開は、次のキャッシュに関連するレジストリ エントリのいずれかを使用します。

    • CryptReceiveKeyCacheSize

    • CryptSendKeyCacheSize

    • CertInfoCacheSize

    • QmPbKeyCacheSize

    • UserCacheSize

  • キャッシュ ・ サイズは、使用中のキャッシュの制限を超える値に増加します。

このシナリオでは、メッセージ キュー サービスが停止します。

注:

  • CryptReceiveKeyCacheSizeレジストリ エントリに関する情報。

    レジストリ パス

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MSMQ\Parameters

    データ型

    REG_DWORD

    範囲

    0x0 – 0 xffffffff (キー)

    既定値

    0x7F (127)

    説明

    受信側のサーバーに暗号化キーのキャッシュに格納できる受信メッセージに含まれる対称暗号化キーの最大数を決定します。

  • CryptSendKeyCacheSizeレジストリ エントリに関する情報。

    レジストリ パス

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MSMQ\Parameters

    データ型

    REG_DWORD

    範囲

    0x0 – 0 xffffffff (キー)

    既定値

    0x35 (53)

    説明

    送信側サーバーに暗号化キーのキャッシュに格納できる送信の対称暗号化キーの最大数を決定します。

  • CertInfoCacheSizeレジストリ エントリに関する情報。

    レジストリ パス

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MSMQ\Parameters

    データ型

    REG_DWORD

    範囲

    0x0 – 0 xffffffff (証明書)

    既定値

    0x35 (53)

    説明

    受信メッセージに証明書に関する情報が格納されている証明書キャッシュに格納されている証明書の最大数を決定します。このキャッシュでは、メッセージ キューの着信メッセージの認証をより迅速にことができます。

  • QmPbKeyCacheSizeレジストリ エントリに関する情報。

    レジストリ パス

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MSMQ\Parameters

    データ型

    REG_DWORD

    範囲

    0x0 – 0 xffffffff (キー)

    既定値

    0x35 (53)

    説明

    キュー マネージャー (QM) の公開暗号化キーのキャッシュに格納できるキーの最大数を決定します。このキャッシュは、最近使用したレプリケーションおよび通知メッセージの公開暗号化キーを格納します。

  • UserCacheSizeレジストリ エントリに関する情報。

    レジストリ パス

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MSMQ\Parameters

    データ型

    REG_DWORD

    範囲

    0x0 – 0 xffffffff (エントリ)

    既定値

    0 xfd (253)

    説明

    ユーザーのアカウント情報のキャッシュに格納できるエントリの最大数を決定します。このキャッシュは、最近コンピューターにメッセージを送信したユーザーに関する情報を格納します。

原因

この問題は、無効なパーティション アルゴリズムのために発生します。キャッシュは、操作中にはいくつかの時点でいっぱいです。この時点で、新しいキーのための領域を削除するキャッシュ内のキーの半分があります。最も古いキーは、最初に削除されます。したがって、中央タイム ・ スタンプ付きキーのパーティションのパーティション アルゴリズムが呼び出されます。ただし、パーティション アルゴリズムは、無限ループに入ります。

解決策

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、この資料に記載された問題があったシステムのみに対して適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

注: さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support注: [修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが提供されている言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

この修正プログラムを適用するには、必要があります、Windows Server 2008 SP2 または Windows Server 2008 R2 の SP1 を実行します。

Windows Server 2008 サービス パックの入手方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料の次の記事をご参照ください。

968849Windows Server 2008 の最新の service pack の入手方法

Windows 7 または Windows Server 2008 R2 service pack の入手方法の詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。

976932の Windows 7 および Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 について

レジストリ情報

この修正プログラムを適用するには、レジストリを変更する必要はありません。

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

この修正プログラムのグローバル版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。お使いのローカル コンピューター上にあるこれらのファイルの日付および時刻は、現在の夏時間 (DST) との差と一緒にローカル時刻で表示されます。また、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。

Windows Server 2008 ファイル情報のメモ重要 Windows Vista の修正プログラムと Windows Server 2008 の修正プログラムは、同じパッケージに含まれています。ただし、「Windows Vista」 のみが修正プログラムの要求ページに一覧表示されます。1 つまたは両方のオペレーティング システムに適用される修正プログラム パッケージを要求するには、ページで、"Windows Vista"の下に記載されている修正プログラムを選択します。必ず資料の「対象製品」を参照して、各修正プログラムの適用対象である実際のオペレーティング システムを確認してください。

  • 特定の製品、SR_Level (RTM、SPn)、および区分 (LDR、GDR) に適用されるファイルは、次表に記載されているファイルのバージョン番号を調べると確認できます。

    バージョン

    製品

    SR_Level

    サービス区分

    6.0.600
    2.
    23xxx

    Windows サーバー 2008

    SP2

    LDR

  • マニフェスト ファイル (.manifest) と、MUM ファイル (.mum) インストールされている環境ごとに、個別に表示されている「その他ファイルの Windows Server 2008 の情報」セクションでです。MUM ファイルと MANIFEST ファイルおよび関連付けられているセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために非常に重要ですが。属性が一覧表示されていないセキュリティ カタログ ファイルは、Microsoft デジタル署名で署名されています。

すべてサポートされている x86 ベースのバージョンの Windows Server 2008 の

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Mqqm.dll

6.0.6002.23078

931,328

19-Mar-2013

02:54

x86

すべての x64 ベース バージョンの Windows Server 2008 をサポート

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Mqqm.dll

6.0.6002.23078

1,520,128

19-Mar-2013

03:47

x64

すべてのサポートされる IA 64 ベースのバージョンの Windows Server 2008

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Mqqm.dll

6.0.6002.23078

3,009,536

19-Mar-2013

02:27

IA-64

Windows Server 2008 R2 のファイル情報のメモ
重要 Windows 7 の修正プログラム、および Windows Server 2008 R2 の修正プログラムは、同じパッケージに収められています。ただし、修正プログラムのリクエスト ページにある修正プログラムは各オペレーティング システムの下に一覧表示されています。一方または両方のオペレーティング システムに適用される修正プログラム パッケージをリクエストするには、ページ上の "Windows 7/Windows Server 2008 R2" の下に一覧表示されている修正プログラムを選択します。必ず資料の「対象製品」を参照して、各修正プログラムの適用対象である実際のオペレーティング システムを確認してください。

  • 特定の製品、SR_Level (RTM、SPn)、および区分 (LDR、GDR) に適用されるファイルは、次表に記載されているファイルのバージョン番号を調べると確認できます。

    バージョン

    製品

    SR_Level

    サービス区分

    6.1.760
    1.
    22xxx

    Windows Server 2008 R2

    SP1

    LDR

  • マニフェスト ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) インストールされている環境ごとに、個別に記載されている「その他ファイルの Windows Server 2008 R2 の情報」です。MUM ファイル、MANIFEST ファイル、および関連するセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために不可欠です。属性が一覧表示されていないセキュリティ カタログ ファイルは、Microsoft デジタル署名で署名されています。

すべてサポートされている x64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2 の

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Mqqm.dll

6.1.7601.22317

1,517,568

04-May-2013

05:17

x64

サポートされているすべての IA-64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Mqqm.dll

6.1.7601.22317

3,014,144

04-May-2013

04:25

IA-64


状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

メッセージ キューの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

メッセージ キュー サービスに関する一般的な情報ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。

824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される標準的な用語について

追加ファイル情報

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×