最終更新日:2020 年 8 月 11 日

問題

メールを処理する統合アプリケーションまたはアドインを使用すると、OLMAPI32!CopyProps 関数で Outlook がクラッシュします。  

同様のクラッシュ イベントがWindowsイベント ビューアーのアプリケーション ログにも表示されます。

障害が発生しているアプリケーション名:OUTLOOK.EXE、バージョン:16.0.13001.20266、タイム スタンプ:0x5ef2a169
障害が発生しているモジュール名:OLMAPI32.DLL、バージョン:16.0.13001.20266、タイム スタンプ:0x5ef23d9b
例外コード:0xc0000005
障害オフセット:0x00000000001efec6
障害が発生しているプロセス ID:0x1d10

原因:

2020 年 6 月 30 日から新しいプロパティの種類 (PT_MV_I8) が Exchange Online に表示され、これにより、IMessage > CopyTo がクラッシュします。 

この新しいプロパティの例:

タグ:0x86961014
種類:PT_MV_I8
DASL: http://schemas.microsoft.com/mapi/string/{F68DE012-ECEF-4E8E-BEB5-D1DE5B08E2AE}/KeyPhraseScores
名前付きプロパティの名前: sz:"KeyPhraseScores"
名前付きプロパティの GUID Prop Guid: {F68DE012-ECEF-4E8E-BEB5-D1DE5B08E2AE} = 不明

状態:修正済み

2020年7月7日に、Exchange Online サービスチームが、クラッシュの原因となったプロパティの種類 (PT_MV_I8) を生成していた機能を無効にしました。  これは、新しいメールの問題を軽減するのに役に立ちます。  2020年6月30日から2020年7月7日までの間に送信されたメールには、プロパティが残っており、クラッシュする場合があります。

2020 年 8 月 11 日の月例パッチで、すべての Microsoft 365 チャネルおよび永続的 MSI バージョンに Outlook クライアントの修正プログラムをリリースしました。  8 月 11 日の Microsoft 365 ビルドを表示するには、更新履歴ページを参照してください。  永続版の場合、公開更新プログラムのサポート技術情報はこのサポート技術情報の記事からリンクされています。

その他のリソース

エキスパートのアイコン (脳、歯車)

エキスパートに質問する

エキスパートとつながり、最新の Outlook のニュースおよびベスト プラクティスについて議論し、ブログを参照します。

Outlook 技術コミュニティ

コミュニティのアイコン

コミュニティでサポートを得る

サポート担当者、MVP、エンジニア、および Outlook ユーザーに質問し、解決策を見つけます。

Answers の Outlook フォーラム

機能リクエストのアイコン (電球、アイデア)

新機能の提案

ご意見ご感想をお待ちしております。 ご意見をお聞かせください。 すべてのコメントに必ず目を通しています。

方法を確認する

関連項目

最近の PC 版 Outlook の問題に関する修正プログラムと解決策

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×