メールボックスの移動中に "InvalidOperationException" と Store Worker プロセスがクラッシュする (KB5004615)

Exchange Server 2019

現象

Microsoft Exchange Server 2019 では、次のシナリオを検討してください。

  • Exchange Management Shell では

    、Set-TransportConfig -MaxReceiveSize unlimited

    Note:サービスを再起動するか、構成が有効になるのを少し待つ必要がある場合があります。

  • メールボックスを作成するか、既存のメールボックスを使用します。

  • 新しいメールボックスを 1 つのデータベースから別のデータベースに移動します (たとえば 、new-moverequest user1 -targetdatabase DB2 -Priority Highを実行します)。

このシナリオでは、Store Worker プロセス がクラッシュし 、InvalidOperationException エラーが生成されます。 この問題により、データベースのマウントが解除され、ユーザーが切断されます。 さらに、イベント ID 4999 がイベント ログに記録されます。

解決方法

この問題を解決するには、次の累積的な更新プログラムをインストールします。

2019 年Exchange Server 2019年の累積的な更新プログラム 10 以降の累積的な更新プログラムExchange Server 2019

Exchange Server 2016

現象

Microsoft Exchange Server 2016 では、アクティブなデータベースの Store Workerプロセスがクラッシュし、フォルダー キャッシュを読み込むときに、一部のデータベース可用性グループ (DAG) メンバーで未処理の System.InvalidOperationExceptionエラーが生成されます。

原因

このエラーは、プロセス内の特定のロジックが、既に存在しないインデックスの情報を削除しようとして発生します。

解決方法

この問題を解決するには、次の累積的な更新プログラムをインストールします。

2016 年Exchange Server 2016年の累積的な更新プログラム 21 以降の累積的な更新プログラムExchange Server。

参照情報

Microsoft がソフトウェア 更新プログラムの 説明に使用する用語について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×