メール アドレス ポリシーでは、2010 年または 2013 年Exchange Serverで受信者Exchange Serverされません。

現象

次のような状況で問題が発生します。

  • 一部の受信者を作成するには、Exchange 管理コンソール 2010 または Microsoft Exchange Server 2013 環境で Exchange Server または Exchange 管理シェルを使用します。 または、一部のメールボックスをクラウドに有効にするには、Enable-RemoteMailbox または New-MailUser コマンドレットを Microsoft Exchange Server 2013 オンプレミス環境から実行します。

  • 受信者のエイリアスは、次のいずれかの小文字の組み合わせで始まり、その後に数字または数字と文字 "a" から "c" の組み合わせが続きます。

    • sa

    • sb

    • sc

    • s

    たとえば、エイリアスは sa000c1 または s123456 です。

  • メール アドレス ポリシーを作成し、受信者にポリシーを適用します。

このシナリオでは、メール アドレス ポリシーによって受信者のメール アドレスが正しく生成されません。 たとえば、受信者のセカンダリ メール アドレスは生成されません。

原因

この問題は、これらのエイリアスが特殊なパターンに一致する場合に発生します。 そのため、プロキシ名が正しくランダム化されていないと認識されます。

解決方法

この問題を解決するには、環境に次のいずれかの更新プログラムをインストールします。

2661854 Exchange Server 2010 Service Pack 2

3135743の更新プログラムロールアップ 2 の説明 Exchange Server 2013 の累積的な更新プログラム 13 の説明。更新プログラムをインストールした後、更新プログラムを有効にした後、"修正してください
" セクションに移動します。 この更新プログラムを自分で有効にする場合は、"自分で修正する" セクション移動します。

Fix it で解決する

この更新プログラムを自動的に有効にするには、[ 修正] ボタンまたはリンクをクリックします。 次に 、[ファイルの ダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、修正ウィザードの手順に従います。




メモ

  • この Fix it ソリューションを実行する前に、Microsoft サポート技術情報 (KB) の記事 2661854 または 3135743 に記載されている更新プログラムをインストールします。

  • このウィザードは英語版のみである場合があります。 しかし、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。

  • 問題のあるコンピューターとは別のコンピューターを操作している場合、Fix it ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存することで、問題のあるコンピューターで実行することができます。


次に、"問題は解決しましたか?" セクションに移動します。



自分で解決する

重要
このセクションの手順は慎重に実行してください。 レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。 レジストリを変更する前に、問題が発生した 場合に 復元するためにレジストリをバックアップします。

Exchange Server 2010 の場合

Exchange Server 2010 Service Pack 2 の更新プログラムロールアップ 2 がインストールされた後に修正プログラムを有効にするには、次のレジストリ キーを変更します。

  1. [ スタート] をクリックし、[ ファイル名を指定して実行]をクリックし、「regedit」と入力して、Enter キーを押します。

  2. 次のレジストリ キーを見つけます。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\ExchangeServer\

    \Admin

  3. [管理者] を 右クリックし、[新規] を クリックして 、[DWORD 値] をクリックします。

  4. IgnoreGeneratedProxy と入力し、Enter キーを押します。

  5. IgnoreGeneratedProxy を右クリックし、[変更] を クリックします

  6. [値 データ] ボックス に「1」と入力し 、[OK] をクリックします

注意事項

  • V14または管理者レジストリ キーが表示できない場合は、新しいレジストリ キーを作成できます。

  • コマンド プロンプトで IISreset を実行し、少なくともこれらの手順の後で 30 分待つ必要があります。


Exchange Server 2013 の場合

  • Exchange Server 2013 の累積的な更新プログラム 13 をインストールする前に、次の手順を実行します。

    1. [ スタート] をクリックし、[ ファイル名を指定して実行]をクリックし、「regedit」と入力して、Enter キーを押します。

    2. 次のレジストリ キーを見つけます。

      HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\ExchangeServer\

      \Admin

    3. [管理者] を 右クリックし、[新規] を クリックし、[DWORD 値] をクリックします

    4. IgnoreGeneratedProxy と入力し、Enter キーを押します。

    5. IgnoreGeneratedProxy を右クリックし、[変更] を クリックします

    6. [値 データ] ボックス に「1」と入力し 、[OK] をクリックします


    注:

    • V14 または管理者レジストリ キーが表示できない場合は、新しいレジストリ キーを作成します。

    • コマンド プロンプトで IISreset を実行し、これらの手順の後、少なくとも 30 分待つ必要があります。

  • Exchange Server 2013 の累積的な更新プログラム 13 をインストールした後、次の手順を実行します。

    1. [ スタート] をクリックし、[ ファイル名を指定して実行]をクリックし、「regedit」と入力して、Enter キーを押します。

    2. 次のレジストリ キーを見つけます。

      HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\ExchangeServer\

      \Admin

    3. [管理者] を 右クリックし、[新規] を クリックし、[DWORD 値] をクリックします

    4. IgnoreGeneratedProxy と入力し、Enter キーを押します。

    5. IgnoreGeneratedProxy を右クリックし、[変更] を クリックします

    6. [値 データ] ボックス に「1」と入力し 、[OK] をクリックします


    注:

    • V15 または管理者レジストリ キーが表示できない場合は、新しいレジストリ キーを作成します。

    • コマンド プロンプトで IISreset を実行し、これらの手順の後、少なくとも 30 分待つ必要があります。


問題が解決されたかどうかの確認

  • 問題が解決されたかどうかを確認します。 問題が解決された場合、このセクションの作業は完了していることになります。 問題が解決されていない場合は、サポートに問い合わせることができます。

  • マイクロソフトではフィードバックをお待ちしております。 フィードバックを送信したり、このソリューションに関する問題を報告したりするには、ブログの"問題を解決する" ブログにコメントを残してください。または、メールをお送 りください

回避策

この問題を回避するには、受信者のエイリアスに大文字を使用します。 または、受信者のメール アドレスを手動で追加します。

詳細情報

メール アドレス ポリシーの詳細については、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

メール アドレス ポリシーに関する一般的な情報メール アドレス ポリシーの作成方法の詳細については、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

メール アドレス ポリシーを作成する方法メール アドレス ポリシーを適用する方法の詳細については、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

メール アドレス ポリシーを適用する方法

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×