Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

現象

モバイル デバイス管理 (MDM) に登録されているデバイスによって送信されたハートビート検出データ レコード (DDR) は、サイト サーバーでは処理されません。 さらに、次のようなエラーがサイト サーバーの DDM.log ファイルに記録され、DDR ファイルは拒否されます。

CDiscoveryPropertyBase::Validate - プロパティに CDiscoveryItem
::P arseMem - プロパティ "" が無効です。
CDiscoverDataManager::GetItem - 解析に失敗しました。 不良な DDR
Moving bad file {DDR_filename}。DDR から {SMS_Install_directory}\inboxes\auth\ddm.box\BAD_DDRS\{DDR_filename}。DDR。
CDiscoverDataManager::P rocessDDR_PS - Moved bad DDR


この問題により、登録されているデバイスが使用停止になる可能性があります。 この動作は、期限切れの登録済みデバイスの削除 メンテナンス タスクが有効になっていて、定義済みのしきい値内でマネージド デバイスの他の検出データが送信されない場合に発生します。

System Center Configuration Managerバージョン 1606 の修正プログラム情報

この修正プログラムは、次のいずれかの条件に該当する場合、バージョン 1606 のConfiguration Manager コンソールの [更新プログラムとサービス] ノードでインストールできます。

  • 環境は、バージョン 1606 ベースライン メディアからインストールまたはアップグレードされました。

  • 環境は 、更新プログラムとサービス 機能を使用してバージョン 1606 にアップグレードされ、次の更新プログラムがインストールされます。

    3186654 現在のブランチバージョン 1606 の更新プログラム ロールアップ 1 System Center Configuration Manager

この修正プログラムは、Configuration Manager (長期サービス ブランチ) 環境には適用されません。 

再起動に関する情報

この修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要はありません。



修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、以前にリリースされた修正プログラムを置き換えるものではありません。



この更新プログラムの英語版には、次の表に示すファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) があります。 これらのファイルの日付と時刻は世界協定時 (UTC) で記載されています。 ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換されます。 UTC とローカル時刻の違いを見つけるには、コントロール パネルの [日付と時刻] 項目の [タイム ゾーン] タブを使用します。



System Center Configuration Managerバージョン 1606 の場合

File name

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

Time

Platform

Ddrhandler.dll

5.0.8412.1323

254,128

10-Oct-16

3:00

x64

Mp.msi

該当なし

10,674,176

10-Oct-16

3:00

該当なし


詳細情報

SQL Server 2008 R2 を使用するサイト サーバー上の携帯ショートメール Hierarchy Manager コンポーネントは、Hman.log ファイルに次のようなエラーを記録します。

[42000][102][Microsoft][SQL Server Native Client 11.0][SQL Server]' '' 付近の構文が正しくありません。


この問題は、2016 年 11 月 15 日より前に更新3202796に関する情報をダウンロードしたサイトでのみ発生します。 この問題は、この更新プログラムに関連する適用可能なスクリプトのエラーが原因で発生します。 適用可能性スクリプトは、2016 年 11 月 15 日に修正されました。 その後もエラーが解決しない場合、管理者は、Configuration Manager コンソールの [更新プログラムとサービス] ノードをCloud Services管理> >で [更新プログラムの確認] をクリックして、直ちに更新プログラムを確認できます。

11 月 14 日より前に更新プログラムをインストールしたが、SQL Server 2008 R2 を使用していない場合は、KB3202796 のConfiguration Manager コンソールの [更新プログラムとサービス] ノードに 2 つのエントリが表示されます。 1 つのエントリの リリース日の値は 11 月 14 日の午後 2 時 19 分 (14:19) で、別のエントリには同じ日の午後 8 時 50 分 (20:50) が表示されます。 "2:19 PM" エントリの状態値は [インストール済み] で、"8:50 P.M. エントリの状態値は [使用可能] です。 この場合、 使用可能な更新プログラムをインストールする必要はありません。 ただし、更新プログラムをインストールしても、既知の問題は発生しません。

サイトがConfiguration Managerの現在のブランチの後のリリースにアップグレードされると、両方のエントリがコンソールから削除されます。

参考資料

System Center Configuration Manager

の更新プログラムMicrosoft がソフトウェア更新プログラムの説明に使用する用語について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×