メモハイブリッド構成ウィザードは、Exchange Server 2010 の Exchange 管理コンソールに含まれているサポートされなくなりました。したがって、古いハイブリッド構成ウィザードを使用する必要はありません。代わりに、 http://aka.ms/HybridWizardで使用できる Office 365 ハイブリッド構成ウィザードを使用します。詳細については、「 Exchange 2010 の Office 365 ハイブリッド構成ウィザード」を参照してください。

問題

Office 365 に社内 Exchange サーバーと Exchange オンラインのハイブリッド展開があり、社内組織から Exchange Online 組織にメールボックスを移動することを想定しています。ユーザーがメールボックスを移動する前に存在していた予定表アイテムに更新を送信しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

このメッセージを送信できませんでした。後でもう一度メッセージを送信するか、ネットワーク管理者に問い合わせてください。指定されたユーザーに代わってメッセージを送信するアクセス許可がありません。エラーは [0x80070005-0x0004dc-0x000524] です。

この問題は、メールボックスの移動後に作成された新しい予定表アイテムの更新をユーザーが送信した場合には発生しません。さらに、メールボックスが移動される前にユーザーが送信した電子メール メッセージに返信する他のユーザーは、配信不能レポート (NDR) を受信する場合があります。

原因

メールボックスの移動中に、レガシ ExchangeDN属性の値が変更されます。この問題は、メールボックスの移動時に、古いLegacyExchangeDN属性が受信者の電子メール アドレスに X500 アドレスとして追加されなかった場合に発生します。

解決方法

レガシExchangeDN属性の値を X500 アドレスとして追加して、ユーザーの電子メール アドレスを手動で更新します。これを行うには、X500 アドレスを確認し、ユーザーの電子メール アドレスに追加します。

手順 1: X500 アドレスを確認する

メールボックスを移動する前にユーザーから送信された電子メール アドレスに内部ユーザーが返信するようにします。NDR には、X500 アドレスに変換できる IMCEAEX 文字列が含まれます。IMCEAEX NDR の受信者アドレスを X500 アドレスに変換する方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報資料の「解決方法」の方法 2 を参照してください。

2807779 Office 365 専用の内部ユーザーに電子メール メッセージを送信するときの IMCEAEX 配信不能レポート

手順 2: ユーザーの電子メール アドレスに X500 アドレスを追加する

次の手順を実行します。

  1. Exchange 管理センターで、[受信者]をクリックし、[メールボックス]をクリックします。

  2. ユーザー メールボックスを選択し、[編集]をクリックします。

  3. [電子メール アドレス]をクリックし、[追加]をクリックします。

  4. [カスタム アドレスの種類を入力してください] ボックスに「X500」と入力します。

  5. [電子メール アドレス]ボックスに、X500 アドレスを入力します。たとえば、次のように入力します。

  6. ディレクトリ同期が行われるのを待つか、強制的に実行します。

Exchange Server 2010 の場合:

  1. Exchange 管理コンソールを開き、[受信者の構成]を展開して、[メールボックス]をクリックします。

  2. ユーザー のメールボックスを右クリックし、[プロパティ]をクリックします。

  3. [電子メール アドレス]タブで、[追加]をクリックし、[カスタム アドレス]をクリックして、X500 アドレスを入力します。たとえば、次のように入力します。

  4. ディレクトリ同期が行われるのを待つか、強制的に実行します。

詳細情報

まだ助けが必要ですか?マイクロソフトコミュニティまたはExchange TechNet フォーラムに移動します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×