リソースの FQDN を使用して TS ゲートウェイ経由の Windows Server 2008 ベースのコンピューター上のリソースに接続しようとしているリモート ユーザーのエラー メッセージ:"リモート デスクトップの切断]

現象

以下の事例で説明します。承認されたリモート ユーザーが社内ネットワークまたはプライベート ネットワーク上のリソースへの接続を許可するのにには、Windows Server 2008 のターミナル サービス ゲートウェイ (TS ゲートウェイ) 役割サービスを使用します。さらに、リソースに対するユーザーの権限を管理する Active Directory セキュリティ グループを使用します。このシナリオでは、リモート ユーザー、リソースの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を使用して、外部のクライアント コンピューターから TS ゲートウェイを介してリソースに接続しようとすると、リモート ユーザーできないことがあります接続します。さらに、リモート ユーザーには、次のようなエラー メッセージが表示される可能性があります。

リモート デスクトップを切断します。
ターミナル サービス リソース承認ポリシー (TS RAP) が次の理由の 1 つの可能性があるため、TS ゲートウェイを使用してリモート コンピューターへの接続を防止します。

詳細については、管理者に問い合わせてください。

  • TS ゲートウェイ サーバーを経由したリモート コンピューターに接続する権限がありません。

  • リモート コンピューターの指定した名前では、TS RAP の名前は一致しません。

この問題は、ドメインのドメイン ネーム システム (DNS) 名が NetBIOS 名と異なる場合に発生する可能性があります。たとえば、ドメインの DNS 名は、ドメイン名です。 com です。ただし、NetBIOS 名は、 TSNetBiosNameです。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×