現象

システム環境変数を含む別のサード パーティ クラスター リソースをオンラインに導入のリソース パス内のコンピューターで環境変数を入れ子になったときに Windows Server 2008 R2 を実行しています。クラスター サービスを開始できないことがありますか、クラスター リソースをホストしているサブシステム (Rhs.exe) プロセスが予期せず停止する可能性があります。さらに、次のイベントがシステム ログに記録されます。


原因

クラスター リソース DLL に定義されているパスには、そのパス内の別の環境変数が含まれているパスで、システム環境変数が含まれています。RHS.exeプロセスが複数のシステム環境変数を拡張する場合、RHS.exeプロセスは、不正確にヒープメモリの後部に上書きする。

クラスター リソース DLL が Microsoft によって提供されるが含まれていない DLL をリソースへのパスで入れ子になっている環境変数があります。その結果、Microsoft リソース DLL は、この修正プログラムを適用することでは解決されませんが、RHS がクラッシュします。リソースの種類が影響を受けるには、関連付けられているイベント ID 1230 を確認してください。さらに、構成されているリソースへのパスのことを確認するこの修正プログラムを適用する適切な DLL を確認します。

通常のクラスターの状態の一部として検出の場合、クラスター リソースが応答しない場合に要求を適切なタイミングでクラスター サービスがリソースを再起動し、回復するために、リソースに関連付けられているリソースをホストしているサブシステム (RHS) プロセスを終了することによって回復しようとする場合があります。 これらの条件下でのイベント ID 1146 は、通常のクラスター操作を検討してください。 トラブルシューティングについては、レビューが応答しなくなりましたが、DLL のリソースとエントリ ポイントをされている実行しようとしましたに呼び出されます。 最もよく IsAlive または LooksAlive の稼働状況チェック、関連付けられているサービスを確認するためのリソースか、アプリケーションが正常な状態です。

解決策

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、この資料に記載された問題があったシステムのみに対して適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×