概要

仮想化ベースのセキュリティでは、Windowsハイパーバイザーを使用して、標準のオペレーティング システムから分離されたメモリ領域を作成します。 Windowsこのセキュリティ機能を使用して、オペレーティング システムの脆弱性からの保護を大幅に強化しながら、セキュリティ ソリューションをホストできます。 詳細については、「仮想化ベースの セキュリティ (VBS)」を参照してください

仮想化ベースのセキュリティは、Quagonmm の Snapdragon 850 プラットフォーム以降のバージョンで実行されているサポートされている ARM デバイスで、Windows 10 バージョン 1903 (OS ビルド 18362.383) で使用できます。 このセキュリティ機能を有効にすると、システムがセキュリティで保護されていない構成の場合、次の問題が発生する可能性があります。

  • プライバシーを保護するために指紋認証データがクリアされたため、指紋認証は機能しなまります。

  • デジタル著作権管理 (DRM) で保護されたビデオは再生できません。

次の表は、システムがセキュリティで保護されていない構成内にある可能性がある条件を示しています。 また、この状態からシステムを元に戻す対応するメソッドの一覧も示します。

指紋認証を使用するには、既存のデータをクリアしてから、指紋認証を再度設定します。 これを行う前に、システムをセキュリティで保護された構成に戻してください。

条件

Reversion メソッド

セキュリティで保護された起動時に System Guard Secure Launch プロセスのセキュリティ バージョン番号 (SVN) を確認または適用しない

更新プログラムを使用して最新バージョンWindowsインストールWindowsする

スタートアップ デバッグが有効になっている

セキュリティで保護されたブートを有効にする

テスト署名済みコードの実行が完全に無効にされていない

セキュリティで保護されたブートを有効にする

Microsoft ハイパーバイザーのセルフチェックで、特定の安全でない設定が検出される

ハイパーバイザー デバッガーを無効にし、ハイパーバイザーの読み込みオプションを削除するには、次のコマンドレットを実行します。

  • bcdedit /set hypervisordebug off
  • bcdedit /deletevalue hypervisorloadoptions

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×