会議および Microsoft Dynamics NAV 2009 サービス パック 1 と Microsoft Office Outlook との間で期待どおりのタスクを同期することはできません。

テンプレート: CPR のナビゲーションバーの修正プログラム

BUG #: 120506 (コンテンツ管理)バグ #: 54346 (Vedbaek SE)

迅速な発行記事は、マイクロソフト サポート組織内から直接情報を提供します。新興または一意応答でここに含まれる情報が作成されたトピック、または、その他のサポート技術情報を補足するものでは。

この資料では、すべての国と言語ロケールのすべての Microsoft Dynamics NAV に該当します。

現象

Microsoft Dynamics NAV 2009 サービス パック 1 を実行するときは、会議や Microsoft Office Outlook を Microsoft Dynamics NAV から期待どおりのタスクを同期できません。また、会議および Microsoft Dynamics NAV. を Outlook から期待どおりのタスクを同期できません。会議とタスクを同期するときに次のようなエラー メッセージが表示される可能性があります。

'System.Reflection.TargetInvocationException' の例外の種類のダンプ

メッセージ: 呼び出しのターゲットによって例外がスローされました。

スタック トレース: System.RuntimeMethodHandle._InvokeMethodFast (対象のオブジェクト、オブジェクトの引数が SignatureStruct と sig、MethodAttributes methodAttributes、RuntimeTypeHandle typeOwner) で
System.RuntimeMethodHandle.InvokeMethodFast (対象のオブジェクト、オブジェクトの引数、署名 sig、MethodAttributes methodAttributes、RuntimeTypeHandle typeOwner) で
System.Reflection.RuntimeMethodInfo.Invoke (オブジェクト obj、BindingFlags invokeAttr、バインダー バインダー、オブジェクトのパラメーター、カルチャの CultureInfo、ブール値の skipVisibilityChecks) で
System.Reflection.RuntimeMethodInfo.Invoke (オブジェクト obj、BindingFlags invokeAttr、バインダー バインダー、オブジェクトのパラメーター、カルチャの CultureInfo) で
System.RuntimeType.InvokeMember (文字列の名前、BindingFlags bindingFlags、バインダー バインダー、対象のオブジェクト、オブジェクトの providedArgs、ParameterModifier 修飾子、カルチャの CultureInfo、文字列 namedParams) で
System.Type.InvokeMember (文字列の名前、BindingFlags invokeAttr、バインダー バインダー、対象のオブジェクト、オブジェクトの引数、カルチャの CultureInfo) で
Microsoft.Dynamics.NAV.OLSync.NAVSyncAddIn.OutlookModelProvider.OutlookObject.GetProperty (文字列のプロパティ名) で
Microsoft.Dynamics.NAV.OLSync.NAVSyncAddIn.Synchronization.MessageParser._ProcessElement (SynchronizationSchema synchronizationSchema、NavisionSynchronizationEntity navisionSynchronizationEntity では、文字列の文字列の navisionRecordId、ProcessedItemStatusStruc、synchronizationEntityCode、OutlookItem の項目、XPathNavigator elementNavigator & processedItemStatusStruc)
Microsoft.Dynamics.NAV.OLSync.NAVSyncAddIn.Synchronization.MessageParser._ProcessOutlookItem (XPathNavigator outlookItemElement、SynchronizationSchema synchronizationSchema、NavisionSynchronizationEntity navisionSynchronizationEntity、OutlookSynchronizationEntity outlookSynchronizationEntity、EntryIdStorage entryIdStorage、ブール値の isConflictResolution) で
Microsoft.Dynamics.NAV.OLSync.NAVSyncAddIn.Synchronization.MessageParser.GetNextMessagePortion() で
Microsoft.Dynamics.NAV.OLSync.NAVSyncAddIn.Synchronization.Common._ProcessNavisionData (MemoryStream incomingStream) で
Microsoft.Dynamics.NAV.OLSync.NAVSyncAddIn.Synchronization.Common.DoSynchronization (作業者のうち、DoWorkEventArgs e) で

内部例外: System.ArgumentOutOfRangeException: ポインター startIndex と length の有効な文字列を参照しません。

パラメーター名: ptr
System.String. でctor (SByte * 値)
Microsoft.Dynamics.NAV.OLSync.MapiHelper.SecureCallsHelper.GetCurrentUserStringProperty (UInt32 ulPropertyTag) で
Microsoft.Dynamics.NAV.OLSync.MapiHelper.SecureCallsHelper.GetCurrentUserEmailAddress() で
Microsoft.Dynamics.NAV.OLSync.NAVSyncAddIn.DefaultPlugIns.DefaultRecipient.get_Address() で

解決策

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。このサポート技術情報の記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。発生している問題をダウンロードする、この修正プログラムをインストールした場合、またはその他のテクニカル ・ サポートのご質問がある場合、パートナーにお問い合わせくださいまたは場合は、マイクロソフトから直接サポート プランに登録すると、Microsoft Dynamics のテクニカル サポートに連絡して新しいサポート要求を作成します。 これを行うには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

https://mbs.microsoft.com/support/newstart.aspxこれらのリンクを使用して、国の特定の電話番号を電話で Microsoft Dynamics のテクニカル サポートに連絡することができます。 これを行うには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

パートナー

https://mbs.microsoft.com/partnersource/resources/support/supportinformation/Global+Support+Contactsお客様

https://mbs.microsoft.com/customersource/support/information/SupportInformation/global_support_contacts_eng.htmかかる料金が免除されるテクニカル サポート担当者 Microsoft Dynamics および関連製品のことは、通常は特別な場合は、特定の更新プログラムは、問題を解決するにを決定します。追加の質問および問題の特定の更新プログラムの対象とならない問題は、通常のサポート料金が適用されます。

この修正プログラムではない正式に公開された (つまり、この資料でこの修正プログラムの入手先の URL が設定されていません)、配布には、技術責任者、エスカレーション チームのメンバー、または管理者の承認が必要で、次の情報が適用されます。

  • 修正プログラムを受信するには、「現象」に記載されているバグが発生していること必要があるとします。

  • これを送信し、(service pack がリリースされた) 場合に使用可能になったら、次の service pack の提供は、顧客を追跡する必要があります。

この修正プログラムは、Microsoft Dynamics NAV 2009 サービス パック 1 に収められる予定です。



Microsoft Dynamics NAV の修正プログラムを入手するか、ファイルを更新する方法

Microsoft Dynamics NAV の修正プログラムを要求すると後のハイパーリンクを電子メールに送信されます。


電子メールのハイパーリンクとパスワードが含まれます。ハイパーリンクを使用すると、Microsoft Dynamics NAV の修正プログラムまたは更新プログラムのファイルをダウンロードします。ハイパーリンクをクリックすると、ファイルのダウンロード-セキュリティ警告] ダイアログ ボックスが開きます。次に、実行、保存、またはダウンロードをキャンセルする求められます。


実行をクリックすると、ファイルはダウンロードし、抽出処理を開始します。新しいファイル用のフォルダーを指定し、パスワードを入力し、必要があります。


保存] をクリックする場合は、圧縮されたファイルを保存するパスを指定する必要があります。保存したファイルを開くと、ファイルのパスを指定するのには求められます。電子メールに記載されているパスワードを入力する必要があります。


[キャンセル] をクリックする場合、ダウンロード処理を停止します。



Microsoft Dynamics NAV の修正プログラムまたは更新プログラム ファイルをインストールする方法

Microsoft Dynamics NAV のプラットフォームの修正プログラムおよび更新可能に 1 つのファイルとなります。Microsoft Dynamics NAV の修正プログラムまたは更新プログラムをインストールするには、Microsoft Dynamics NAV のインストールで既存のファイルの修正プログラムまたは更新プログラムのファイルを置き換える必要があります。これを行うには、修正プログラムまたは更新プログラムのファイルを使用して、次のファイルを交換してください。

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Mapihelper.dll

6.0.29958.0

86,856

07-Oct-2009

15:15

x86

既存のファイルを置き換えるには、次の手順を実行します。

  1. Mapihelper.dll ファイルがインストールされているフォルダーを探します。既定では、Microsoft Office 2003年を実行している場合、Mapihelper.dll ファイルは次のフォルダーにインストールされます。

    C:\プログラムを指定して Office\Office11
    既定では、Microsoft Office 2007年を実行している場合、Mapihelper.dll ファイルは次のフォルダーにインストールされます。

    C:\プログラムを指定して Office\Office12

  2. ダウンロードしたファイルをコピーします。

  3. ダウンロードしたファイルを Microsoft Office フォルダーに貼り付けます。

  4. はいディレクトリ内のファイルを上書きする] をクリックします。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されている マイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。

824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明

マイクロソフトおよびその供給者は、表現または適合性、信頼性、または含まれている情報の正確性に関する保証ドキュメントおよび関連のグラフィックスが目的でこの WEB サイト (以下「マテリアル」) の公開。

マテリアルは、技術的な誤りや誤植を含めることがあり、通知なしに随時改訂することがあります。法令により許される最大限の範囲において、マイクロソフトおよびその供給者ではありませんし、表現、保証、またはタイトル、非侵害、満足のいく条件または品質、商品、材料に関して、特定目的に対する適合性の条件に明示、黙示または法律の規定であり、しない場合はなどが制限されているかどうかは、すべての表現、保証、および条件を除外します。

作成者: mmels
ライター: v ・ brialu
Tech Reviewer: mmels
エディター:

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×