修正プログラムは、Host Integration Server 2013 に CreateCustomPackages API の呼び出しが失敗したときにエラー メッセージを向上します。

概要

次のような状況を考えます。

  • アプリケーションは、XML ファイルで構成されているカスタムのパッケージを作成するのにDataAccessControl.CreateCustomPackages API の呼び出しを使用します。

  • パッケージには、複数のセクションが含まれています。

  • DataAccessControl.CreateCustomPackagesの呼び出しは、何らかの理由により失敗します。


このシナリオでは、次のようなエラー メッセージが表示されます。

状態: パッケージを作成できませんでした ' < PackageCollection >. < ID >. < トークン >'
状態 = 0
ステータス: は、パッケージの割り当てに失敗しました。
状態 = 0
状態: パッケージの作成処理がリソース 'リソース名' に失敗しました。
状態 = 0
実行に失敗しました。


ただし、場合でも、障害が発生したセクションを識別するトークンを表示することにより、わからない場合、コマンドが失敗した理由に関する詳細な情報。この修正プログラムを適用した後は、SQLCODE と SQLSTATE、SQLCAMESSAGE の要素を含む DB2 データベースによって提供されるより詳細なエラー ・ メッセージを取得できます。

次に例を示します。

状態: パッケージを作成できませんでした ' < PackageCollection >. < ID >. < トークン >'
状態 = 0
状態: セクションに失敗しました: '2'
状態 = 0
状態: 無効な記号の [注文] です。法的可能性のあるいくつかの記号は次のとおりから SQLSTATE に: 42601、SQLCODE:-104
状態: パッケージの作成処理がリソース 'リソース名' に失敗しました。
状態 = 0
実行に失敗しました。

解決策

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、この資料に記載された問題があったシステムのみに対して適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。
修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×