修正プログラム ロールアップは、Forefront 脅威管理ゲートウェイのクライアントの使用

概要

この資料では、Microsoft Forefront 脅威管理ゲートウェイのクライアントで利用可能な修正プログラムのロールアップについて説明します。Microsoft Forefront 脅威管理ゲートウェイ 2010 によって保護されているクライアント コンピューターにこの修正プログラム ロールアップを適用します。

この修正プログラム ロールアップで修正される問題

次のマイクロソフト サポート技術情報では、この修正プログラム ロールアップで修正される問題について説明します。

2438187の修正: プログラムを起動することはできませんレベルの深さをインストールして、Forefront 脅威管理ゲートウェイのクライアントの2620153修正プログラムを使用してインターネットに接続を必要とする: プログラムが確立されたときに 20 秒の遅延が発生する可能性がありますForefront 脅威管理ゲートウェイのクライアントが使用されている2620156の修正プログラムの場合は、内部または外部の接続が閉じられます: Forefront 脅威管理ゲートウェイのクライアントを実行している内部のコンピューターのアクティブな FTP データ チャネルを確立することはできません2620191修正: Forefront 脅威管理ゲートウェイのクライアントを実行しているコンピューターに回帰すると、セキュリティ更新プログラム 2520426

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この資料に記載されている問題が発生したシステムにのみこの修正プログラムを適用します。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが存在しない場合は、修正プログラムを入手するには、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートにお問い合わせください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×