現象

公開されているアプリケーションの Microsoft Forefront 統合アクセス ゲートウェイ (UAG) 2010 Service Pack 4 (SP4) のトランクへのクライアント接続が失敗し、クライアントは、次のエラー メッセージを受け取ります。

エラー HTTP 503

サービスが利用可能ではありません。



さらに、インターネット インフォメーション サービス (IIS) ワーカー プロセスで、アプリケーションの障害に関連するアプリケーション ログ エラーが断続的にログに記録される場合があります。これらのエラーには、次のようになります。

エラーが発生したアプリケーション名: w3wp.exe、バージョン: 7.5.7601.17514、タイムスタンプ: 0x01234567
エラーが発生したモジュール名: KERNELBASE.dll、バージョン: 6.1.7601.18409、タイムスタンプ: 0x76543210
例外コード: 0xc0000005
障害オフセット: 0x000000000000940d
エラーが発生したプロセス id: 0x1234
エラーが発生したアプリケーションのパス: c:\windows\system32\inetsrv\w3wp.exe
エラーが発生したモジュール パス: C:\WINDOWS\system32\KERNELBASE.dll


原因

この問題は、不適切な接続が UAG の Whlfilter.dll ファイルの処理のために発生します。

解決策

Forefront 統合アクセス ゲートウェイ 2010 Service Pack 4 のプログラムのロールアップ 2でこの問題を解決します。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

Microsoft がソフトウェア更新プログラムを説明するために使用される用語について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×