修正: ゴースト クリーンアップ タスクを使用して CPU が 100% では、SQL Server 2008 または SQL Server 2005 でシステムがアイドル状態で

マイクロソフトは、1 つのダウンロード可能なファイルとして Microsoft SQL Server 2008の修正プログラムを配布します。修正プログラムは累積的であるため、新しいリリースごとにすべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。

現象

次のような状況を考えます。

  • Microsoft SQL Server 2008 または Microsoft SQL Server 2005 を実行しているコンピューターがあります。

  • データベース テーブルからレコードの一部を削除するとします。

  • データベース エンジンは、非実体レコードとして、これらのレコードをマークします。

  • 次に、SQL Server サービスは、テーブルの非実体レコードの削除を完了するのには、ゴースト クリーンアップ タスクを開始します。

このシナリオでは、SQL Server は CPU が 100% を使用します。

原因

ゴースト クリーンアップ タスクは、ゴースト クリーンアップ タスクが上にある同じスケジューラで実行可能なその他のタスクがない場合、非実体レコードを削除しようとしていますので、この問題が発生します。ゴースト クリーンアップ タスク継続的に回転する、作業を行うことがない場合でも。この動作では、アイドル状態のシステムで 100% の CPU 使用率が原因です。

解決策

SQL Server 2005


この問題の修正プログラムは、SQL Server 2005 Service Pack 3 の累積的な更新プログラム 9 で初めてリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

980176関数形式は、SQL Server 2005 Service Pack 3 の 9 のパッケージを更新します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×