修正: 修正プログラムが利用可能な SecurityMessageProperty.OutgoingSupportingToken プロパティが Microsoft.NET Framework 3.5 Service Pack 1 で、

はじめに

Microsoft.NET Framework 3.5 では、Windows Communication Foundation (WCF) サービスを認証するために発行されたトークン要求ごとにランダムな RSA キーが作成されます。ただし、一部のアプリケーションには、発行されたトークンごとの固有の RSA キーは不要です。代わりに、これらのアプリケーションは、アプリケーション ドメインごとに固有の RSA キーを必要とします。さらに、RSA キーが生成されるたびにアプリケーションのパフォーマンスが低下します。この修正プログラムには、同じ RSA キーが再利用することができます。これにより、パフォーマンスがわずかに向上します。

この修正プログラムでは、 SecurityMessageProperty.OutgoingSupportingTokenプロパティを Microsoft.NET Framework 3.5 Service Pack 1 (SP1) でパブリックになります。アプリケーション ドメイン内の共有の RSA キーを使用できます。たとえば、これにより、複数の WCF サービスを安全に使用する Web ページは、同じ RSA キーを使用します。複数の WCF サービスを使用する web ページは、SharePoint のサービスで共通です。

解決策

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムはマイクロソフトから現在入手可能です。ただし、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。この特定の問題が発生したシステムにのみ適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行うことがあります。この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムを含む Microsoft.NET Framework の次期バージョンのリリースを待つことを勧めします。

この問題を解決するには、修正プログラムを入手するのには、Microsoft カスタマー サポート サービスに問い合わせてください。マイクロソフト カスタマー サポート サービスの電話番号とサポートのコストに関する情報の一覧については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support注: 特別な場合では、まれに通常サポート コールの発生に料金 Microsoft Support 担当者は、特定の更新で問題が解決されると判断した。追加の質問および問題の特定のアップデートの対象にはなりませんが、通常のサポート料金が適用されます。

この修正プログラムを MSDN コード ギャラリーからダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

http://code.msdn.microsoft.com/KB976394

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×