修正: 定義済みの WCF バインドが BizTalk Server の既定の Web プロキシ構成を考慮していない

現象

BasicHttpBinding webHttpbindingWSHttpBindingなどの定義済みの WCF バインドが使用されている場合、microsoft   Internet Explorer の設定ファイルまたは <defaultproxy> の既定のプロキシ構成は無視され、使用されません。

解決方法

この問題は、次のような BizTalk Server の累積的な更新プログラムで修正されています。

詳細情報

既定のプロキシは、送信ポートが "プロキシを使用" に設定されていて、送信ポートトランスポートプロパティにプロキシアドレスが指定されていない場合に使用されます。 [送信ハンドラーのプロキシ設定を使用する] が選択されている場合、送信ポートはこのポートをホストする送信ハンドラーと同じプロキシ設定を使います。  

システムプロキシ資格情報は、新しい汎用資格情報を作成することにより、Windows Credential Manager から提供することができます。 対応するプロキシサーバーの汎用資格情報がない場合は、コンテキストユーザーの Windows 資格情報を使用して認証が行われます。

参照情報

BizTalk Server の service pack と累積更新プログラムの一覧の詳細については、Microsoft サポート技術情報の次の記事を参照してください。

2555976 BizTalk Server の Service pack と累積更新プログラムの一覧

BizTalk Server の修正プログラムの詳細については、Microsoft サポート技術情報の次の記事を参照してください。

2003097 BizTalk ホットフィックスと累積的な更新プログラムのサポートに関する情報

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×