現象

次のような状況を考えます。

  • SNACFG コマンド プロンプト ユーティリティを実行しています。(このユーティリティは、Microsoft の Host Integration Server 2013 に含まれる)。

  • DLUR 再試行タイマーを変更するには、次のコマンドを使用しようとするとします。

    SNACFG /DLURRETRYDELAY:<seconds>

このシナリオでは、遅延の値は 255 秒より大きい値を使用しようとする場合を除き、コマンドが動作します。その場合は、値をラップします。255 秒より大きい値への遅延を増やすことはできません。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×