現象

マイクロソフトの脅威管理ゲートウェイ (TMG) 2010 ファイアウォール サービス (Wspsrv.exe) が断続的にクラッシュ、DiffServ フィルターが有効になっています。

解決方法

この問題を解決するには、Forefront 脅威管理ゲートウェイ 2010 Service Pack 2 のプログラムのロールアップ 5をインストールします。

回避策

この問題を回避するには、アレイ ・ レベルで、DiffServ フィルターを無効にします。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

Microsoft がソフトウェア更新プログラムを説明するために使用される用語について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×