修正: IIS 7.0 または IIS 7.5 の URL の書き換えモジュール 2.0 での送信の規則を構成するときの応答が壊れています。

注: この資料は、インターネット インフォメーション サービス (IIS) の URL の書き換えモジュール 2.0 にも適用されます。

現象

次のような状況で問題が発生します。

  • IIS 7.0 または IIS 7.5 を実行しているサーバー上で IIS URL 書き換えモジュール 2.0 をインストールするとします。

  • IIS URL 書き換えモジュールでは、web アプリケーションの送信の規則を構成します。

  • チャンク エンコードを使用するコンテンツのクライアント要求は、サーバーに送信されます。

  • 発信規則は、コンテンツに適用されます。

このシナリオでは、サーバーからの応答が壊れています。 この破損によっては、破損している応答のコンテンツの種類に応じて、web アプリケーションでさまざまな問題があります。 などの破損は、HTML コンテンツに影響する場合の HTML ページに予期しない、ランダムな数字が含まれている可能性があります。 または、破損は、JavaScript のコンテンツに影響する場合、web アプリケーションが動作を停止することがあります。

原因

この問題は、IIS URL 書き換えモジュール 2.0 のエラーにより発生します。

解決方法

更新プログラムの情報

以下のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます:Download 、x86 ベースのバージョンの IIS の URL を書き換える 2.0 モジュール パッケージ用の更新プログラムを今すぐダウンロードします。 Download 、X64 ベースのバージョンの IIS の URL を書き換える 2.0 モジュール パッケージ用の更新プログラムを今すぐダウンロードします。マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします:

119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法 4013443 「更新プログラムの表示または非表示」トラブルシューティング ツール パッケージマイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、 配布ファイルのウイルス チェックを行っています。 配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。 このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

必要条件

この更新プログラムを適用するには、IIS URL 書き換えモジュール 2.0 をインストールする必要があります。

再起動の必要性

この修正プログラムをインストールすると、影響を受けるファイルを使用している場合にこの修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要があります。 コンピューターの再起動を避けるためには、この修正プログラムをインストールする前にすべての ASP.NET web サイトを終了します。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムには、他の更新プログラムが置き換えられるありません。

ファイル情報

この更新プログラムの英語バージョンがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) には次の表に記載されています。 これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。 ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。 UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。

すべてサポートされている x86 ベースのバージョンの IIS の URL を書き換える 2.0 の

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Rewrite.dll

7.1.1678.0

314,408

27-Aug-2012

14:19

x86

すべての x64 ベース バージョンの IIS URL 書き換えの 2.0 をサポート

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Rewrite.dll

7.1.1678.0

392,232

27-Aug-2012

14:19

x64

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細情報

IIS URL 書き換えモジュール 2.0 の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

書き換えモジュール 2.0 の IIS に関する一般的な情報IIS URL 書き換えモジュール 2.0 を使用する方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

IIS URL 書き換えモジュール 2.0 を使用する方法

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×