修正: SQL Server 2014 および2016で AG がオフラインになったときにフルテキスト検索の自動クロールが停止する


Hotfix and Security Content Publishing: 103970

現象

Microsoft SQL Server 2014 または2016では、Always On 可用性グループ (AG) を使用することを前提としています。 AG がオフラインになったときに、SQL Server データベースが AG にある場合は、データベースのフルテキスト検索の自動クロールが停止し、AG がオンラインになっているときでも開始されません。

次のクエリを実行して、自動クロールを手動で再開しなければならない場合があります。

"Table_1 の履歴書作成で全文検索インデックスを変更する"

DateTimeサーバー可用性グループ ' AG ' は、可用性グループがオフラインになっているため、リースの更新を停止するように求められます。これは情報メッセージだけです。ユーザー操作は必要ありません。

DateTime spid56 可用性グループ ' AG ' のローカルの可用性レプリカの状態が "PRIMARY_NORMAL" から "RESOLVING_NORMAL" に変更されました。 [可用性] グループがオフラインになっているため、状態が変更されました。 関連付けられている可用性グループが削除されたか、またはユーザーが Windows Server フェールオーバークラスタリング (WSFC) 管理コンソールで関連付けられている可用性グループをオフラインにしたか、または可用性グループが別の SQL Server インスタンスにフェールオーバーしているため、レプリカがオフラインになっています。 詳細については、SQL Server エラーログ、Windows Server フェールオーバークラスタリング (WSFC) 管理コンソール、または WSFC ログを参照してください。

DateTime spid45s は、可用性レプリカ ' SQLPROD2 ' のプライマリデータベース ' ag2 ' で、プライマリデータベース ' ' に対して常に可用性グループID接続を終了しています。これは情報メッセージだけです。ユーザの操作は必要ありません。 spid61s 可用性グループデータベース "ag2" は、役割の同期によってミラーリングセッションまたは可用性グループがフェールオーバーしたために、役割を "プライマリ" から "解決" に変更しています。これは情報メッセージだけです。ユーザー操作は必要ありません。

DateTime  サーバーが仮想ネットワーク名 ' AGL ' でのリッスンを停止しました。 ユーザー操作は必要ありません。

データベース ' ag2 ' のDateTime spid61s State 情報: ' (39:28080:1) ' コミット lsn: ' (39:28064:2) ' commit Time: ' ()

DateTime spid61s FT: dbid のすべてのクロールを停止しています: 9 stoptype: 1

DateTime spid61s CFTCrawlManager:: Dbid の cancelcrawls: 9、カタログ id 0、テーブル id: 0 StopAutoCrawls 1、クロールの種類0、キャンセルタイプ1

DateTime Spid61s CFTScheduler::D eleteautocrawl: Dbid の CFTSCrawlInfo を削除しています: 9、カタログ id 0、テーブル id: 0

DateTime spid42s DbMgrPartnerCommitPolicy:: SetSyncAndRecoveryPoint: ID

Always On 可用性グループの状態変更については、 DateTime spid61s Nonqualified トランザクションがデータベース ag2 でロールバックされています。 推定ロールバック完了: 100%。 これは情報メッセージだけです。 ユーザー操作は必要ありません。

DateTime Spid56 Always on: 可用性グループ ' AG ' のローカルレプリカは、Windows Server フェールオーバークラスタリング (WSFC) クラスターからの要求に応じてプライマリロールに移行する準備をしています。 これは情報メッセージだけです。 ユーザー操作は必要ありません。

DateTime spid56 可用性グループ ' AG ' のローカルの可用性レプリカの状態が "RESOLVING_NORMAL" から "PRIMARY_PENDING" に変更されました。 可用性グループがオンラインになるため、状態が変更されました。 詳細については、SQL Server エラーログ、Windows Server フェールオーバークラスタリング (WSFC) 管理コンソール、または WSFC ログを参照してください。

DateTime  サーバー Service Broker エンドポイントは、無効または停止状態です。

DateTime  サーバーが仮想ネットワーク名 ' AGL ' でのリッスンを開始しました。 ユーザー操作は必要ありません。

DateTime  サーバー可用性グループ ' AG ' のリースワーカーが、オンライン時に提供された余分なリース時間 (164828 ミリ秒) をスリープしています。 これは情報メッセージだけです。 ユーザー操作は必要ありません。

DateTime  サーバー可用性グループ ' AG ' のローカルの可用性レプリカの状態が "PRIMARY_PENDING" から "PRIMARY_NORMAL" に変更されました。 ローカルレプリカが Windows Server フェールオーバークラスタリング (WSFC) からのオンラインコマンドの処理を完了したため、状態が変更されました。 詳細については、SQL Server エラーログ、Windows Server フェールオーバークラスタリング (WSFC) 管理コンソール、または WSFC ログを参照してください。

DateTime  サーバー Service Broker エンドポイントは、無効または停止状態です。

Spid61s 可用性グループデータベース "ag2" は、役割の同期によってミラーリングセッションまたは可用性グループがフェールオーバーしたために、役割を "解決" から "プライマリ" に変更します。 これは情報メッセージだけです。 ユーザー操作は必要ありません。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

解決方法

この問題は、SQL Server の次の累積的な更新プログラムで修正されています。

SQL Server の累積更新プログラムについて:

SQL Server 用の新しい累積更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていたすべての修正プログラムとすべてのセキュリティ修正が含まれています。 SQL Server の最新の累積的な更新プログラムを確認します。

参照情報

ソフトウェアの更新を説明するために Microsoft が使用する用語について説明 します。

Bug Information:

KE: v-madora
Author: 
Writer: v-madora
Tech reviewer: lduan; naxing; tmichael
Editor: v-idsun

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×