Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

現象

次のような状況で問題が発生します。

  • Microsoft System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 1 (SP1) サイトで新しいクライアント更新プログラムが利用可能になったときに、クライアントを自動的にアップグレードするオプションを有効にします。

  • Microsoft System Center Configuration Manager 2007 クライアントをサイトに割り当てます。


このシナリオでは、System Center Configuration Manager 2007 クライアントでクライアントの自動アップグレードが失敗します。 さらに、次のようなエントリは、クライアント コンピューターの PolicyEvaluator.log ファイルに記録されます。

ポリシー Policy_ID
適用イベント:
CCM_PolicyAgent_PolicyRuleRevoked
のインスタンス{
ClientID = "GUID:Client_GUID";
DateTime = "20130315175301.397000+000";
PolicyID = "Policy_ID";
PolicyNamespace = "\\\\CLIENT\\ROOT\\ccm\\Policy\\Machine\\RequestedConfig";
PolicySource = "携帯ショートメール:SiteCode";
PolicyVersion = "10.00";
ProcessID = 992;
RuleCondition = "Condition_ID";
RuleID = "Rule_ID";
ThreadID = 5760;
};XML からポリシーを読み込めませんでした。
見つかりません (エラー: 80041002;ソース: WMI)
C:\Windows\SysWOW64\CCM\Temp\badpolicy-SMS_Policy_ID-10.00-Policy_Rule .txtにダンプされた無効なポリシー

解決方法

この問題を解決するには、「修正プログラム情報」セクションで説明されている修正プログラムをインストールします。 この修正プログラムをインストールした後、管理者はサイト サーバーで自動クライアント アップグレード設定を無効にしてから再度有効にする必要があります。 これにより、v4 クライアントが認識する新しいポリシーが生成されます。

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、Microsoft から入手できます。 ただし、この修正プログラムは、この記事で説明されている問題のみを修正することを目的としています。 この修正プログラムは、この記事で説明されている問題が発生しているシステムにのみ適用します。 この修正プログラムは、追加のテストを受ける場合があります。 そのため、この問題の影響を大きく受けない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムを待機することをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の記事の上部に「修正プログラムのダウンロードが可能」セクションがあります。 このセクションが表示されない場合は、Microsoft カスタマー サービスとサポートに問い合わせ、修正プログラムを入手してください。

注: 追加の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス要求を作成する必要があります。 通常のサポート コストは、この特定の修正プログラムに該当しない追加のサポートの質問や問題に適用されます。 Microsoft カスタマー サービスとサポートの電話番号の完全な一覧、または個別のサービス要求を作成するには、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support注: "修正プログラムのダウンロード可能" フォームには、修正プログラムを使用できる言語が表示されます。 言語が表示されない場合は、その言語で修正プログラムを使用できないためです。

必要条件

この修正プログラムを適用するには、System Center Configuration Manager 2012 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム 1 がインストールされている必要があります。

再起動に関する情報

この修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要はありません。

注: この修正プログラム パッケージをインストールする前に、Configuration Manager管理コンソールを閉じることをお勧めします。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版には、次の表に示すファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) があります。 これらのファイルの日付と時刻は世界協定時 (UTC) で記載されています。 ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換されます。 UTC とローカル時刻の違いを見つけるには、コントロール パネルの [日付と時刻] 項目の [タイム ゾーン] タブを使用します。

File name

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

Time

Platform

Baseobj.dll

5.0.7804.1206

2,178,200

02/22/2013

06:30

x64

Baseutil.dll

5.0.7804.1206

1,569,432

02/22/2013

06:30

x64

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

参考資料

この累積的な更新プログラムをインストールする方法については、「System Center 2012 Configuration Managerの更新プログラム System Center 2012Configuration Managerと新しい累積的な更新プログラム サービス モデル」を参照してください。

ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、「 Microsoft ソフトウェア更新プログラムの説明に使用される標準用語の説明」を参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×