Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

この資料では、出席者に参加するか Windows 7 Service Pack 1 (SP1) でマルチパーティ セッションを離れた場合に発生する問題について説明します。この問題を解決できる修正プログラムがリリースされました。修正プログラムには、前提条件があります。

解決策

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用してください。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、本サポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムをダウンロードできます」というセクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにリクエストを送信し、修正プログラムを入手してください。

注: さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号または別のサービス リクエストを作成する、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support注: 「修正プログラムのダウンロード利用可能」フォームは、修正プログラムで利用可能な言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

この更新プログラムを適用するには、Windows 7 にインストールされているService Pack 1が必要です。

レジストリ情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後、コンピューターの再起動が必要な場合があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

この修正プログラムのグローバル版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。お使いのローカル コンピューター上にあるこれらのファイルの日付および時刻は、現在の夏時間 (DST) との差と一緒にローカル時刻で表示されます。また、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。

Windows 7 のファイル情報とメモ

重要 Windows 7 の修正プログラム、および Windows Server 2008 R2 の修正プログラムは、同じパッケージに収められています。ただし、修正プログラムのリクエスト ページにある修正プログラムは各オペレーティング システムの下に一覧表示されています。一方または両方のオペレーティング システムに適用される修正プログラム パッケージをリクエストするには、ページ上の "Windows 7/Windows Server 2008 R2" の下に一覧表示されている修正プログラムを選択します。必ず資料の「対象製品」を参照して、各修正プログラムの適用対象である実際のオペレーティング システムを確認してください。

  • 特定の製品、マイルストーン (RTM、SPn)、およびサービス区分 (LDR、GDR) に適用されるファイルは、次の表に示されているように、ファイルのバージョン番号を調べることによって識別できます。

    バージョン

    製品

    マイルストーン

    サービス区分

    6.1.760 1.22xxx

    Windows 7 の場合

    SP1

    LDR

  • GDR サービス区分には、広範囲にわたる重要な問題を解決するために幅広くリリースされている修正プログラムのみが含まれています。LDR 区分には、幅広くリリースされている修正プログラムだけでなく、ホットフィックスも含まれています。

  • 各環境ごとにインストールされている MANIFEST ファイル (.manifest) と MUM ファイル (.mum) は、「追加ファイル情報」セクションにおいて個別に一覧表示されています。MUM ファイルおよび MANIFEST ファイル、および関連付けられているセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために非常に重要です。属性が一覧表示されていないセキュリティ カタログ ファイルは、Microsoft デジタル署名で署名されています。

サポートされているすべての x86 ベース バージョンの Windows 7

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Rdpcore.dll

6.1.7601.22913

827,904

19-Dec-2014

03:03

x86

Rdpcore.mof

該当なし

1,312

10-Jun-2009

21:25

該当なし

サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows 7

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Rdpcore.dll

6.1.7601.22913

1,032,192

19-Dec-2014

03:30

x64

Rdpcore.mof

該当なし

1,312

10-Jun-2009

20:43

該当なし

Rdpcore.dll

6.1.7601.22913

827,904

19-Dec-2014

03:03

x86

Rdpcore.mof

該当なし

1,312

10-Jun-2009

21:25

該当なし

追加ファイル情報

サポートされているすべての x86 ベース バージョンの Windows 7 用の追加ファイル

ファイルのプロパティ

ファイル名

X86_66f992b676120757a195ec3ba5d3bf22_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22913_none_0ad30b6488bbcb9c.manifest

ファイル バージョン

該当なし

ファイル サイズ

723

日付 (UTC)

30-Dec-2014

時刻 (UTC)

01:12

プラットフォーム

該当なし

ファイル名

X86_microsoft-windows-t..-collaboration-core_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22913_none_bd9eebb36d8b68be.manifest

ファイル バージョン

該当なし

ファイル サイズ

3,505

日付 (UTC)

19-Dec-2014

時刻 (UTC)

03:27

プラットフォーム

該当なし

サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows 7 用の追加ファイル

ファイルのプロパティ

ファイル名

Amd64_5585e1314c1439ca3e0214fbb4f6c91a_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22913_none_dafd47c9d01e0273.manifest

ファイル バージョン

該当なし

ファイル サイズ

1,094

日付 (UTC)

30-Dec-2014

時刻 (UTC)

01:12

プラットフォーム

該当なし

ファイル名

Amd64_microsoft-windows-t..-collaboration-core_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22913_none_19bd873725e8d9f4.manifest

ファイル バージョン

該当なし

ファイル サイズ

3,509

日付 (UTC)

19-Dec-2014

時刻 (UTC)

03:53

プラットフォーム

該当なし

ファイル名

X86_microsoft-windows-t..-collaboration-core_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22913_none_bd9eebb36d8b68be.manifest

ファイル バージョン

該当なし

ファイル サイズ

3,505

日付 (UTC)

19-Dec-2014

時刻 (UTC)

03:27

プラットフォーム

該当なし



詳細

注: この問題は、

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×