概要

Microsoft DRDA サービスは、ネットワーク上で信頼性の高い更新プログラムを有効にするのには、DRDA 分散作業単位 (DRDA duw に設定) の 2 フェーズ コミット トランザクションと分散 XA トランザクションをサポートしています。Host Integration Server (HIS) 2013 の累積的な更新プログラム 3 (CU3) には、修正が含まれていて、DRDA サービスの分散トランザクションをサポート向上、次のようにします。

DRDA duw に設定トランザクション

DRDA サービスまたは以前の累積的な更新プログラムのリリース バージョンとは異なりは、この更新プログラムは、DRDA サービスと SQL Server 間での XA トランザクションに割り当てられている DRDA クライアントと DRDA サービスとの間の DRDA duw に設定トランザクションのサポートを使用できます。このサポートは、SQL Server に MS DTC XA トランザクションに参加させると、DRDA duw に設定トランザクション (XA トランザクション ID にマップされている) を配布することで発生します。DRDA のサービスは、DRDA のセッションのすべてのファイル ・ ベース (transactionlog.data) のトランザクション レコード ログ (UOWID、XID では、状態、ログのデータ) を保持します。DRDA セッション終了すると、未確定のトランザクションが DRDA サービスは、DRDA クライアントがログを再同期を要求します。DRDA サービスが起動し、ログに、インダウトのトランザクションを検索、DRDA サービス要求 DRDA クライアントがログを再同期します。

XA トランザクション

DRDA クライアントと DRDA サービスとの間の XA トランザクションでは、SQL Server に配布されるようになりましたし、MS DTC を使用して参加しています。トランザクションのリカバリ中には、DRDA サービスは、DTC トランザクション ・ ログ内の情報に基づく未確定のリストを DRDA クライアントに返します。

累積的な更新プログラムの情報

Host Integration Server 2013 の累積的な更新 3でこの更新プログラムが含まれます。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

DRDA のデータ (構成) の統合サービス

DRDA のサービスを構成します。

アプリケーション構成ファイル

DRDA のサービスの構成は、MsDrdaService.exe.config アプリケーションの構成ファイルに格納され、XML ファイル (エラー メッセージのマッピングとデータ型のマッピング) に関連付けられています。DRDA サービスは、実行時に、MsDrdaService.exe.config ファイルの変更を監視します。変更が検出されると、DRDA サービスを読み込んで新しい入力方向の接続を処理するときに、変更された構成情報を使用します。

インストール後、IT プロフェッショナルは、XML エディターを使用して、MsDrdaService.exe.config アプリケーションの構成ファイルと関連付けられている C:\Program ファイルの Host Integration Server の 2013\system\Schemas\HostIntegrationDrdaServiceConfiguration.xsd ファイルを編集して DRDA のサービスの構成をカスタマイズできます。

SQL Server 接続を構成します。

再同期

MsDrdaService.exe.config ファイルのresynchronizationManager要素には、連結で SQL クライアントが分散トランザクションを管理するためのトランザクションの再同期の設定が含まれています。ResynchronizationManager型は、バインドで分散トランザクションを処理する Microsoft.HostIntegration.Drda.Server.ResynchronizationManager です。これには、Microsoft 分散トランザクション コーディネーター、トランザクション ログ、およびトランザクションの状態が不明なリストの再同期、トランザクションへの参加が含まれます。

<hostIntegration.drdaAs.drdaService xmlns="http://schemas.microsoft.com/his/DrdaAs/DrdaService/2013">  <services>
<service name="DrdaService1">
<resynchronizationManager type="Microsoft.HostIntegration.Drda.Server.ResynchronizationManager, Microsoft.HostIntegration.Drda.Server,Version=9.0.1000.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=31bf3856ad364e35, processorArchitecture=MSIL"
transactionExpiryDuration="P3D"
resyncRetryDurationInMinutes = "3"
resyncIntervalInMinutes = "1"
transactionLogLocation =""
/>


例 1: 株式の resynchronizationManager 要素が MsDrdaService.exe.config ファイルの hostIntegration.drdaAs.drdaService セクションに追加します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×