同期エラーが発生する可能性があります Windows Server 2008 R2 での Groove Server Relay に準備されている SharePoint Workspace 2010 または Groove 2007 クライアント

現象

Microsoft Office SharePoint ワークスペース 2010 クライアントまたは Microsoft Office Groove 2007 クライアントがあります。これらのクライアントを Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターに Microsoft Office Groove Server 2007 のリレーまたは Microsoft Office Groove Server 2010 の中継を準備します。これらのクライアントでは、次の問題が発生ことがあります。

  • Groove ワークスペースの同期エラーです。

  • 中継サーバー経由で転送される groove インスタント メッセージが表示されません。

影響を受ける SharePoint ワークスペースのクライアントは、ワークスペースのデータを自動的に再送信することによってデータの損失から回復します。ただし、影響を受ける、ワークスペースが、場合によっては回復可能なない場合もあります。

この問題が発生した場合、次のエラー メッセージのいずれかのリレー サーバーの管理用のトレース ログが含まれます。

  • GCFFQOpGetNext::CompleteMessageAvailable: 標準的な失敗から

  • GCFFQOpAdvance::AdvanceMessage: 進める既に削除済みのメッセージ

  • GCFFQOpGetNext::SendCachedMessage: を送信できません。

原因

この問題は、NTFS ファイル システムで競合状態が発生したために発生します。この現象は、書き込みエラーを引き起こす可能性があります。

Groove Server 2007 のリレーまたは Windows Server 2008 R2 で実行している Groove Server 2010 中継可能性がある場合によっては保持されませんエンド ユーザー データをディスク。この現象は、大量のサーバーの負荷条件下で発生可能性があります。クライアントが参加者の数が多いは、ワークスペースのコンテンツを更新するとき、この現象を発生も可能性があります。

解決策

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、この資料に記載された問題があったシステムのみに対して適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×