同期フレームワーク2.1 のリリース後にリリースされた Sync Framework 2.1 ビルドの説明

はじめに

この記事では、2010年8月18日に初めてリリースされた後に、Microsoft Sync Framework 2.1 でリリースされたすべての修正プログラムを示します。 注:修正プログラムは累積的であるため、新しいリリースごとに、以前の同期フレームワーク2.1 修正プログラムのリリースに含まれていたすべての修正プログラムが含まれています。

詳細情報

ビルド2.1.2504.0 (同期フレームワーク2.1 の修正プログラムのビルド)

このビルドは2011年4月9日にリリースされました。このビルドの親ビルドは2.1.2503.0 です。このビルドには、次の修正プログラムが含まれています。

VSTS バグ番号

サポート技術情報番号

サポート技術情報の記事のタイトル

748079

2567595

同期フレームワーク2.1 でデータベース同期の接続に失敗した後の "ExecuteReader" エラーメッセージまたは高い CPU 使用率

ビルド 2.1.2503.00 (同期フレームワーク2.1 の修正プログラムのビルド)

このビルドは2011年4月9日にリリースされました。このビルドの親ビルドは2.1.1648.0 です。このビルドには、次の修正プログラムが含まれています。

VSTS バグ番号

サポート技術情報番号

サポート技術情報の記事のタイトル

700912

2535671

修正: 再試キュー内の変更が同期フレームワーク2.1 ベースのアプリケーションのデータベースに適用される前に、変更適用イベントが誤って発生する

700869

2530271

修正: DML の操作とデータの同期が同期フレームワーク2.1 で同時に実行されると非収束が発生する

ビルド2.1.2503.00 の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

2531321 同期フレームワーク2.1 ビルド2.1.2503.00 でリリースされた修正プログラムについて説明します。

ビルド 2.1.1648.0 (同期フレームワークのリリースバージョン 2.1)

これは、同期フレームワーク2.1 のリリースバージョンです。 このビルドは2010年8月18日にリリースされました。 このビルドは、同期フレームワークの親ビルド 2.1.To Sync Framework 2.1 の SDK パッケージをダウンロードするには、次の Microsoft ダウンロードセンターの web サイトを参照してください。

Microsoft Sync Framework 2.1 ソフトウェア開発キット (SDK) のダウンロード情報 再頒布可能パッケージをダウンロードするには、次の Microsoft ダウンロードセンターの web サイトを参照してください。

Microsoft Sync Framework 2.1 再頒布可能パッケージのダウンロード情報

参照情報

Microsoft Sync Framework の詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。

MSDN の Microsoft 同期フレームワークホームページ

MSDN の Microsoft 同期フレームワークブログ同期フレームワーク2.1 に関するフィードバックを送信するには、次の Microsoft Connect web サイトを参照してください。

SQL Server のフィードバックを送信する

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×