国固有の更新プログラムが Microsoft Dynamics AX 2012 の R2 の日本では減損会計をサポートするために利用可能です

テンプレート: AX の修正プログラムのテンプレート

関連情報

BUG #: 58389 (AXSE)

この資料は、日本 (jp) 地域の Microsoft Dynamics AX に適用されます。

概要

この資料では、Microsoft Dynamics AX 2012 の R2 の日本では減損会計をサポートする国に固有の更新プログラムについて説明します。

固定資産は、その値は、不適切な管理、新しい競合は、技術革新などの要因によって発生する可能性がありますの障害 (辞退) を受けやすい可能性があります。利益と損失のアカウントには、減損損失が記載されています。障害のある方の値は、固定資産の回収可能金額の単位の収入を生成するの値を比較することによって測定されます。回収可能金額は、固定資産または固定資産の運用から得られる収入を販売することによって入手できる最高の値です。

詳細情報

日本では、固定資産の減損は、2 ステップの方法が使用されている、日本の GAAP アプリケーション ガイダンスの番号 6 に従って行われます。減損損失の認識のテストは、手順 1 と手順 2 では、減損損失の測定値。割引が適用されませんが将来のキャッシュ フローは、対象となる標準として使用される、携帯用の額 (正味簿価額、NBV) と比較されます。この将来のキャッシュ フローは、資産の正味簿価額をカバーするには十分ではない場合、は、仕訳帳の金額を認識するように障害のある方の測定が必要です。量、回復可能な量の測定のステップ 2 で (の使用中の値、または資産の市場価値は、どちらがより高い) 償却額を計算するのには固定資産の正味簿価額から差し引かれます。障害のある方は後、は、将来の減価償却計算の固定資産の新規の正味簿価額が回収可能金額になります。

  • 障害インジケーターを管理します。

  • 障害履歴およびトランザクションの可視性

  • 2 つのステップ メソッドを使用して障害のある方

  • 障害後の減価償却費の計算

更新プログラムの情報

この国固有の更新プログラムは Microsoft Dynamics AX 2012 の R2 の累積的な更新 7 (CU7) に含まれます。この国固有の更新プログラムを適用するには、Microsoft Dynamics AX 2012 の R2 の CU7 をインストールします。Microsoft Dynamics AX 2012 の R2 の CU7 の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックして:

Microsoft Dynamics AX 2012 R2 の累積的な更新 7 2885603

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×