接続されているスタンバイ状態は、HYPER-V 役割が有効になっている場合は使用できません。

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

現象

HYPER-V の役割は常に On/Always 接続されている (AOAC) 電源モデル (InstantON とも呼ばれます) を使用する Windows 8 または Windows 8.1 ベースのコンピューター上で有効な場合、接続されているスタンバイ電源の状態は使用できません。

原因

HYPER-V では、接続されているスタンバイ電源の状態をサポートしていないために、この現象が発生します。AOAC の電源モデルを使用しても Hyper‑V に必要な 64 ビット アーキテクチャと仮想化機能をサポートしているノート パソコンはされた HYPER-V の最新バージョンが開発されたときに利用できません。したがって、HYPER-V の役割を有効にすると、スタンバイ状態の接続は使用できません。代わりに、ラップトップのカバーを閉じたときやスリープ状態にマップされている電源ボタンを押すなどのユーザー操作によりシステムはスリープ状態に移行するとき、またはシステムのアイドル タイマーの有効期限が切れているために、ACPI S4 の休止状態の電源状態が使用されます。この現象には、次の結果があります。

  • 起こされたら、システムが休止状態から再開する必要があります。つまりシステムがファームウェアの電源投入時の画面を表示し、休止状態ファイルをディスクから読み取る必要があります。このプロセスは、接続されているスタンバイ状態から復帰にかかるよりも大幅に長くかかります。

  • ライブ タイルは、システムが休止状態のときに更新できません。

  • ログオン画面にプッシュ通知は、システムが休止状態のときに表示されません。

  • 多少短いバッテリ寿命は、あまり積極的な省電力状態の使用の可能性があります。接続スタンバイ電源モデルは、マシンが使用されていない場合、最小限の電力使用量になります。 使用状況によっては、高い消費電力では、コンピューター全体の使用量のスタンバイ状態の接続が不足している可能性があります。

解決策

問題を解決するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1

この問題を解決するには、ハイパーバイザーを無効にすることができます。ハイパーバイザは無効になっているし、HYPER-V の役割に関係なく有効にできます。これには、すべての HYPER-V コンポーネントはアンインストールされません。これを行うには、以下の手順を実行します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×