接続 ExchangeServer 関数には、先の Exchange サーバーで Exchange Server 2010 は変わりません。

現象

Microsoft Exchange Server 2010 環境で Exchange 管理シェル (EMS) は、まだ最初の Exchange サーバーに接続します。 接続 ExchangeServer関数を使用して、EMS の先の Exchange サーバーを変更した後、この問題が発生します。注: EMS がまだ最初の Exchange サーバーに接続するかどうかを判断するのにはネットワーク トラフィックをトレースすることができます。

原因

接続 ExchangeServer関数は先の Exchange サーバーへの新しい EMS セッションを作成した場合でも、新しい EMS セッションで実行するコマンドを確認することはできませんので、この問題が発生します。 したがって、いくつかのコマンドは、EMS の最初のセッションで引き続き実行します。

解決方法

この問題を解決するには、次の更新プログラムのロールアップをインストールします。

Exchange Server 2010 Service Pack 1 の更新プログラムのロールアップ 4 について注: この更新プログラムは、 AllowClobber ・スイッチを接続 ExchangeServer関数について説明します。EMS 接続先の新しい Exchange サーバーに正常にこのスイッチを使用します。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

回避策

問題を回避するには、たびに、完全なコマンド ラインを実行して、EMS を開きます。 次には、完全なコマンドラインの例を示します。コマンド プロンプトを開きし、次のコマンドを入力します。

C:\Windows\System32\WindowsPowerShell\v1.0\powershell.exe noexit ・ コマンド」です。 'C:\Program Files\Microsoft\Exchange Server\V14\bin\RemoteExchange.ps1' です。接続 ExchangeServer < ターゲット サーバー >]

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×