改善

この改善により、Microsoft BizTalk Server の動的送信ポートは、Office 365 Outlook アダプタタイプをサポートします。

詳細情報

送信されたメッセージ Office 365 Outlook のいずれかに設定されたトランスポートの種類の動的送信ポートから アダプターにはUsertokenidentifierコンテキストプロパティが必要です。 次の手順では、 Usertokenidentifierを取得しています。

  1. Office 365 のそれぞれに対して静的送信ポートを作成する 動的送信ポート (Mail,) で使用する Outlook トランスポートの種類 [予定表] の [連絡先] を選びます。

  2. バインドをエクスポートします。

  3. バインドファイルで、 Usertokenidentifierを探します。 手順2で作成した静的送信ポートのプロパティ。

  4. 送信する BizTalk メッセージで、の値を使用します。 手順 3 : Office<TransportName> を設定します。UserTokenIdentifier <TransportName> がメール/予定表/連絡先であるコンテキストプロパティ メッセージのトランスポートの種類によって異なります。

例:

動的送信ポート経由で送信される BizTalk メッセージは、から作成できます。 次に示すように、式図形を含む受信メッセージ "ReceivedMessage"。

メールトランスポートの場合:

XMLMessage = 新しいシステムの XmlDocument ();

XMLMessage (一の電子メールのトークン Id) = UserTokenIdentifier> の <値

送信ポート (BaseTypes) XLANGs = "Office365 Outlook メール";

予定表のトランスポートの場合:

XMLMessage = 新しい Web.xml ();

XMLMessage (OfficeCalendar Tokenidentifier) = UserTokenIdentifier> の <値

送信ポート (BaseTypes) XLANGs = "Office365 Outlook カレンダー";

連絡先トランスポートの場合:

XMLMessage = 新しい Web.xml ();

XMLMessage (OfficeContact Tokenidentifier) = UserTokenIdentifier> の <値

送信ポート (BaseTypes) XLANGs = "Office365 Outlook Contact";

解決方法

この改善は、次のような BizTalk Server の累積的な更新プログラムに含まれています。

参照情報

BizTalk Server の service pack と累積更新プログラムの一覧については、Microsoft サポート技術情報の次の記事を参照してください。

2555976 BizTalk Server の Service pack と累積更新プログラムの一覧

BizTalk Server の修正プログラムの詳細については、Microsoft サポート技術情報の次の記事を参照してください。

2003097 BizTalk ホットフィックスと累積更新プログラムのサポートに関する情報

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×