概要

この資料では、強化機能とコンポーネントの更新プログラムのロールアップ 12 に含まれる修正プログラムについて説明します。

  • Microsoft Azure サイト復旧プロバイダー (バージョン 5.1.1600)

  • Azure サイト回復統合セットアップ ガイド (Azure に VMware) (バージョン: 9.1.4139.1)


この更新プログラムをインストールする前に検証する必要がある前提条件機能強化の詳細について説明します。

概要

Azure サイト復旧プロバイダー用の更新プログラムのロールアップ 12 は、Microsoft Azure サイト復旧サービス プロバイダーがインストールされたすべてのシステムに適用されます。これらを以下に示します。

  • Microsoft Azure の System Center Virtual Machine Manager (3.3.x.x) のサイト回復プロバイダー

  • HYPER-V (4.6.x.x) の Microsoft Azure サイト復旧プロバイダー

  • Microsoft Azure サイト復旧プロバイダー (5.1.x.x)


Microsoft Azure サイト復旧サービス統合のセットアップのバージョン 9.0.4016.1 またはそれ以降のバージョンがインストールされているすべてのシステムに Microsoft Azure サイト回復統合セットアップ (Azure に VMware) が適用されるは、プログラムのロールアップの 12 を更新します。

機能強化およびこの更新プログラムに含まれている修正プログラム

Azure のサイト回復のプロバイダー

修正される問題

  • Azure サイト復旧プロバイダーのシステム センター Virtual Machine Manager の仮想マシンの移行を処理するには、パフォーマンスと信頼性の修正プログラムが含まれます。


Azure のサイトでのリカバリの統合セットアップ

機能強化

  • OpenSSL は 1.0.1p から 1.0.2g にアップグレードされます。


修正される問題

  • セットアップでは、MySQL のセットアップ ファイルをダウンロードできません。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。

    MD5SUM AC73541DEC5210161D35F23E16AAE41E 用にダウンロードされた MySQL のセットアップ ファイルの不完全です

  • 構成サーバーのデータベースのアップグレードが失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。

    「停止サービスをされました」
    [サービス正常に停止されました。"
    「正常にデータベースのバックアップ ファイルを作成」します。
    できません svsdb_upgrade.php を実行します。
    「Svsdb1 データベースを削除する svsdb1 のデータベース バックアップを復元します。


Azure のサイトの回復 (サービス側の修正)

  • VMware 仮想マシン (Vm) の保護を有効にすると失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。

    内部エラーが発生しました。(エラー コード: 499)
    考えられる原因: 内部エラーのため操作に失敗しました。
    推奨される操作: 直前の操作を再試行します。問題が解決しない場合は、サポートに問い合わせてください。

  • フェイル オーバーのテストが失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。

    Azure リソース マネージャー操作に失敗しました。(エラー コード: 28040)
    考えられる原因: Azure のエラー メッセージ: 'リソース グループ'resource_group_name' の削除に失敗しましたので、いくつかのリソースを削除できませんでした。追跡 Id は、'tracking_ID'。詳細については監査ログを確認してください。 ' です。
    アクションをお勧めします。 エラーを解決してください、操作をやり直してください。

    操作は中止されました。(エラー コード: 548)
    考えられる原因: 再試行の制限を超えたために、操作は中止されました。
    推奨される操作: は、しばらくしてから、操作を再試行してください。

  • マスターのターゲット ・ サーバのインストールが失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。

    CAQuietExec: C:\Windows\SysWOW64 >/B 802 を終了します。
    CAQuietExec: エラー 0x80070322: コマンド ・ ラインにエラーが返されます。
    CAQuietExec: エラー 0x80070322: CAQuietExec が失敗しました。
    CustomAction Install_VSSProvider に返される実際のエラー コードは 1603 (このできない場合があります 100% 正確な翻訳がサンド ボックス内に発生した場合は注意してください)
    MSI (s) (AC:3 C) [00:26:17:553]: メモ: 1: 2265 2: 3:-2147287035

  • 仮想マシンのフェイル バックは失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。

    フェイル バック用の仮想マシンを準備することができませんでした。(エラー コード: 25052)
    プロバイダー エラー: (E14A3E37-C729-418C-815A-E0FD64D701C8) を仮想マシンの仮想ハード_ディスクを作成できませんでした。例外メッセージ - (アサーション エラー!)
    HYPER-V への接続に失敗しました。 Microsoft Azure のサイト回復のサービスまたはホストに十分な空き領域がありません。
    ホスト問題を解決し、再度実行してください。(プロバイダーのエラー コード: 31354)
    原因が考えられます。 詳細については、プロバイダー エラーをチェックします。
    に関する推奨事項: は、問題を解決するには、操作を再試行してください。

  • フェールバックまたは保護を無効にすると後は、VM の IP アドレスの割り当ては解除されません。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。

    '' 'VM_name' の仮想マシンでネットワーク アダプターのレプリカの IP アドレスを更新できませんでした。(エラー コード: 28019)
    考えられる原因: 仮想 '' のサブネット ネットワーク 'drnw' ' drnw-01' の IP アドレスでは利用できません。
    推奨される操作: ネットワーク アダプターに異なる IP アドレスの割り当てを実行してください。

    '' 'VM_name' の仮想マシンでネットワーク アダプターのレプリカの IP アドレスを更新できませんでした。(エラー コード: 28019)
    考えられる原因: 仮想 '' のサブネット ネットワーク 'drnw' ' drnw-02' の IP アドレスでは利用できません。
    推奨される操作: ネットワーク アダプターに異なる IP アドレスの割り当てを実行してください」。

  • フェイル オーバーのテストが失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。

    仮想マシンが複製されていません。(エラー コード: 25017)
    考えられる原因: 仮想マシン 'VM_name' は、重大な状態では、または再同期する必要があります。
    推奨される操作: 再同期、仮想マシンの状態を修正し、操作を再試行してください。

    Azure リソース マネージャー操作に失敗しました。(エラー コード: 28040)
    考えられる原因: Azure のエラー メッセージ: '操作'operation_name'は失敗しました:' サーバーに内部エラーが発生しました。要求を再試行してください。 'です。' です。
    アクションをお勧めします。 エラーを解決してください、操作をやり直してください。

    操作は中止されました。(エラー コード: 548)
    考えられる原因: 再試行の制限を超えたために、操作は中止されました。
    推奨される操作: しばらくしてから、操作を再試行しています」。

  • 仮想マシンのフェイル バックは失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。

    バック グラウンドのディスクの差し込み印刷を完了できませんでした: [バーチャル ハード ディスクのチェーンが壊れています。親仮想ハード_ディスクと差分ディスクの識別子が一致しません。(0xC03A000E)

  • バーチャル マシンでは、VM のバックアップを実行するたびを再同期が必要な状態に入ります。

  • VACP.exe がサーバー上のすべてのメモリを使用しているため、システムが遅くなります。


Azure サイト回復の設置型のコンポーネントの更新シナリオ

シナリオ

手順

2 つの設置型 VMM のサイト

- または -

設置型 VMM の 2 つのサイト間で SAN アレイのレプリケーションを使用します。

  1. Microsoft Azure サイト回復のプロバイダーの更新プログラムのロールアップ 12 をダウンロードしてください。

  2. まずリカバリ ・ サイトを管理している設置型 VMM サーバー上の更新プログラムのロールアップの 12 をインストールします。

  3. リカバリ ・ サイトが更新されると、プライマリ サイトを管理している VMM サーバー上の更新プログラムのロールアップの 12 をインストールします。


VMM のサイトを設置し、Azure の間

  1. Microsoft Azure サイト回復のプロバイダーの更新プログラムのロールアップ 12 をダウンロードしてください。

  2. 設置型 VMM サーバー上の更新プログラムのロールアップ 12 をインストールします。


HYPER-V のサイトを設置し、Azure の間

  1. Microsoft Azure サイト回復のプロバイダーの更新プログラムのロールアップ 12 をダウンロードしてください。

  2. Azure のサイトの回復に登録されている場合、HYPER-V サーバーの各ノードには、プロバイダーをインストールします。

Azure への設置型 VMware/物理サイト間

  1. Microsoft Azure サイト回復の統合セットアップの更新プログラムのロールアップ 12 をダウンロードしてください。

  2. 設置管理サーバー上の最初にこの更新プログラムをインストール、これは、ロールを含む、サーバー構成およびプロセス サーバー上にインストールされているサーバーです。

  3. スケール アウト プロセス サーバーの場合は、次に更新します。

  4. 次は、保護されている項目またはレプリケートされたアイテムのページに、Azure ポータルに移動します。

  5. このページのすべての VM を選択すると、下部に [エージェントの更新] ボタンが表示されます。

  6. 保護されたすべての仮想マシンのモビリティ サービス エージェントを更新するには、各 VM では、このボタンをクリックします。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×