更新プログラムのロールアップ Azure のファイルの同期エージェントの – 2019年 6 月

はじめに

修正される問題について説明します 2019 の 6 月の日付は、Azure のファイル同期エージェントの更新プログラムのロールアップです。かつ この資料には、更新プログラムのインストール手順が含まれています。

機能強化と修正される問題

  • サーバーのエンドポイントを作成すると、サーバーへのファイルのダウンロードにはバック グラウンドの呼び出しと、高い CPU 使用率に発生します。

  • 同期し、オペレーションの階層化、クラウドはトークンの有効期限が原因のエラー ECS_E_SERVER_CREDENTIAL_NEEDED で失敗します。

  • ファイルを呼び戻しているファイルをダウンロードする URL には、予約文字が含まれている場合は失敗します。

Azure ファイルの同期エージェントの更新プログラムのロールアップは累積されます。これ すべての機能強化と修正プログラムに含まれていた更新プログラムが含まれています、 以前の累積的な更新します。

この更新プログラムのロールアップの詳細については

  • この更新プログラムは、Windows Server 2012 R2、Windows サーバー 2016 と Azure ファイル同期エージェントのバージョン 4.0.1.0 または以降がインストールされている Windows Server 2019 のインストールに使用できます。

  • この更新プログラムのロールアップのエージェントのバージョンは、6.2.0.0 です。

  • 更新プログラムのロールアップのインストール時にファイルが使用されている場合は、再起動が必要になる可能性があります。

取得し、Azure のファイルの同期エージェントの更新プログラムのロールアップをインストールする方法

Azure ファイルの同期エージェントの更新プログラムのロールアップを利用します。 マイクロソフトから 更新し、手動でダウンロードします。

注意事項

  • Azure ファイル同期エージェントがサーバーに現在インストールされていない場合は、Microsoft ダウンロード センターのエージェントのインストール パッケージを使用します。マイクロソフトの更新プログラムと Microsoft 更新プログラム カタログのエージェントのインストール パッケージは、エージェントのアップグレードのみを対象としています。

  • 既存のエージェントのインストールを更新するには、(エージェントのインストール ディレクトリにある) AfsUpdater.exe を実行またはダウンロードして、Microsoft Update または Microsoft Update カタログから更新プログラムをインストールします。

Microsoft Update

取得し、Microsoft から更新プログラム パッケージをインストールするには 更新、Azure ファイル同期エージェントがサーバー上でこれらの手順に従います インストールされています。

サーバー 2016年と サーバー 2019

  1. 開始] をクリックし、[設定] をクリックします。

  2. [設定] で、更新プログラムとセキュリティをクリックします。

  3. Windows Update ウィンドウで、 Microsoft Update から更新プログラムをオンラインで確認] をクリックします。

  4. 更新プログラムのロールアップ パッケージが表示されていることを確認し、[今すぐインストール] をクリックします。

Server 2012 R2

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

  2. [コントロール パネル] には、 Windows の更新プログラムをダブルクリックします。

  3. ウィンドウで、Windows の更新プログラム、更新プログラムの確認をクリックします。

  4. 重要な更新プログラムが利用可能なをクリックします。

  5. 更新プログラムのロールアップ パッケージが選択され、し、[インストール] をクリックを確認します。

Microsoft Update カタログ

手動でダウンロードするのには次の web サイトに移動します Microsoft Update カタログからのプログラムのロールアップ パッケージを更新:Azure ファイルの同期エージェントの更新プログラムのロールアップします。 2019年 6 月 (KB4489738)

手動で 更新プログラム パッケージのインストールについては、管理者特権のコマンドから次のコマンドを実行 プロンプト:

  • msiexec.exe/p packagename.msp REINSTALLMODE = OMUS 再インストール = StorageSyncAgent、StorageSyncAgentAzureFileSync、StorageSyncAgentGuardFilter、StorageSyncAgentUpdater /qb/l * vx storagesyncagentupdate.log

など、 次を実行、サーバー 2016年の Azure ファイル同期エージェントの更新プログラムをインストールします。 コマンド:

  • msiexec.exe/p StorageSyncAgent_WS2016_KB 4489738 .msp REINSTALLMODE OMUS を再インストールを = = StorageSyncAgent、StorageSyncAgentAzureFileSync、StorageSyncAgentGuardFilter、StorageSyncAgentUpdater/qb/l * vx storagesyncagentupdate.log

Microsoft ダウンロード センター

手動でダウンロードするのにはMicrosoft ダウンロード センターを参照して、 新しいエージェントのインストールのエージェントのインストール パッケージです。

サイレントに実行する方法 新しいエージェントのインストールのインストール

サイレントに実行するには インストールの既定の設定を使用する新しいエージェントのインストールの実行します。 管理者特権のコマンド プロンプトで次のコマンド:

  • msiexec /i packagename.msi/qb/l * v AFSv6Installer.log

インストールする場合などに、 Windows サーバーの 2016 の azure のファイルの同期エージェントは、次のコマンドを実行します。

  • msiexec /i StorageSyncAgent_WS2016.msi/qb/l * v AFSv6Installer.log

注意事項

  • /Qb-と指定します。 再起動のプロンプト、エージェントの更新プログラム、およびサーバーの表示に切り替える 登録画面です。画面が表示されないようにし、自動的に再起動します サーバー (必要な場合) は、/qn スイッチを使用します。

  • 実行するのには、 カスタム設定は、サイレント ・ インストールは、 KB4459986に記載されている手順を示しています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×