Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

注意事項

この更新プログラムは使用できなくなりました。 この記事で説明されている問題を解決するには、次の Microsoft ドキュメントの記事から最新の Microsoft Exchange Server の更新プログラムをインストールします。

Exchange Server のビルド番号とリリース日

Microsoft では、Exchange Server の累積更新プログラム (CU) について、N-1 バージョンのダウンロードファイルのみをダウンロードできます。ここで、"N" は最新の CU です。 最新の CU を使って、Exchange Server を実行しているサーバーを回復することができます。 これには、以前の CU がインストールされているサーバーも含まれます。

概要

更新プログラムロールアップ 11 Microsoft Exchange Server 2010 Service Pack 3 (SP3) は2015年9月15日にリリースされました。 この更新プログラムのロールアップでは、さまざまな問題を修正します。 この更新プログラムをインストールする前に、 Exchange Server 2010 SP3 の暫定的な更新プログラムをすべて削除する必要があります。 この更新プログラムをインストールする方法についての重要な情報も参照してください。

更新プログラムのロールアップで修正される問題

この更新プログラムは、次の Microsoft サポート技術情報の記事で説明されている問題を修正します。

詳細情報

Windows Server 2012 の DBCS バージョンにこの更新プログラムをインストールする方法

Unicode 以外のプログラムの言語設定が既定の言語に設定されている場合、Windows Server 2012 の2バイト文字セット (DBCS) バージョンで Exchange Server 2010 SP3 の更新プログラムロールアップ11をインストールまたはアンインストールすることはできません。 この問題を回避するには、最初にこの設定を変更する必要があります。 これを行うには、次の手順を実行します。

  1. コントロールパネルで、[時計]、[地域]、[言語 >地域] の >管理者に選択します。

  2. [Unicode 対応でないプログラムの言語] 領域で [システム ロケールの変更] を選択します。

  3. [現在のシステムロケール] リストで、[英語 (米国) > OK]を選びます。

更新プログラムロールアップ11のインストールまたはアンインストールが正常に完了したら、必要に応じてこの言語設定を元に戻します。

関連情報

マイクロソフトでソフトウェア更新プログラムの説明に使用する用語を参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×